韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  来年の最低賃金は7.3%増の時給6470ウォン

来年の最低賃金は7.3%増の時給6470ウォン

2017年の最低賃金の時給は、今年(6030ウォン)より7.3%(440ウォン)高い6470ウォンで決定された。

最低賃金委員会は16日未明、政府世宗(セジョン)庁舎で第14回全員会議を開き、採決を通じてこのように議決した。来年の最低賃金は来月5日、雇用労働部長官名義で時給と給与が共に公示され、来年1月1日から実施される。週40時間勤務基準の月給(週休手当を含む)では135万230ウォンで、今年より9万1960ウォンが引き上げられる。

同日の採決は、全員会議の委員27人中、公益委員9人と使用者委員7人の計16人が出席して、賛成=14票、反対=1票、棄権=1票で可決された。7.3%引き上げに反対した労働者委員9人と小商工人代表2人は、採決処理に抗議して採決の前に退場した。これを受け、最低賃金は2014年(5210ウォン=7.2%)、2015年(5580ウォン=7.1%)、今年(6030ウォン=8.1%)に次いで、引き上げ率が4年連続で7%を超えるようになった。政府は今回の引き上げの恩恵を受ける労働者を336万人余りと試算した。

労働界と経営界は共に反発している。二大労総は、「大統領が任命する公益委員らがいる限り、正常審議が行われるはずがない。最低賃金委の死亡を宣言する」と明らかにした。韓国経営者総協会も、「ただでさえ、厳しい零細・中小企業の負担を加重させるだけだ」と批判した。


スポンサードリンク


最低賃金が政治的交渉のように行われたために現れた副作用といえる。このような問題のため、最低賃金委で労使代表らを排除して、専門家らだけで構成後、生計費や物価上昇率、所得配分の改善値などを総合的に考慮して決定するのが合理的だという声が出ている。
東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/538404/1

【管理人コメント】
6470ウォンは605円であるから、日本の平均が800円に届かないのが実情である。
日本の生活水準の半分の国と考えれば、冷たいようだが十分だろう。

安倍政権下では時給1000円を目標としているが、私が企業在籍中何十年と外注や協力工場を指導してきたが、パートタイムの女性の賃金は800円前後で推移している。パートタイムの中にリーダーを設置して、リーダーとなると数十円から100円程度高くなる。嘱託が時給1000円である。

日本のこういう制度を問題視する専門家は多いのだが、現実は女性のパートライムの本来の在り方を考慮すれば、この金額が妥当である。面接でもっと上の金額にするかと言うのを何度も面接したことがある。彼女たちの口からは、自分の仕事以外で、他の責任を背負いたくはない。と言うのが答えだった。

嘱託は私が47歳で大手企業を退職し、幹部であるからそれなりの年収を得ていたわけですが、一変して部品企業に入社した時は嘱託として入社し、時給1000円である。その間、成型企業や冷間プレスを渡り歩いたが、鬱病を背負っていることが分からず病気のために治療となった。それのときで工場長や部長というのが、社長が私に下した条件だった。何で時給1000円の企業に入社したのか…。。。実は理由は単純で治療する病院のすぐ近くで、自分の家からも近い事が理由である…大汗

それでも1年間真面目に業務をこなし、システムを確立する態度対応を、社長が見れば、すぐ社長代理でもあり工場長でもあり、品質保証のトップであり、年収も当時の60%レベルにはなるわけで、中小企業はまず入社する事だと確信した。給料は努力した分だけ伸びるのが中小企業である。大手企業ではそうはいかない。等級試験やら何やらと面倒な事が多すぎる分、入社時の金額が高いわけで、大手企業と中小企業は上手い賃金体系となっている。

アルバイトや非正規社員などの賃金はこんなものだろう~。
まして雇う側と雇われる側とで面接が一応はあるわけで、価格交渉が出来るのではないか…。

最も50%が非正規社員なのが韓国である。
年収は上がるどころか、維持するだけでも大変な国なのであるから、
最低賃金を上昇させれば中小企業は倒産する。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月19日 10:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp