韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  時速100キロで追突、走る凶器と化した45人乗り観光バス

時速100キロで追突、走る凶器と化した45人乗り観光バス

45人乗り観光バスに高速で後ろからぶつけられた白い乗用車ははじき飛ばされ、紙くずのようにしわくちゃになった。この乗用車を運転していたキムさん(25)は重傷を負い、同乗していた20代女性4人は即死した。観光バスは、この乗用車のさらに前を走っていた外車など3台にさらに追突した後、トンネルの壁にぶつかってやっと止まった。

17日午後5時、嶺東高速道路上り線の蓬平トンネル入口付近で発生した多重追突事故の悲惨な現場をとらえたドライブレコーダーの映像が18日午前、自動車関連のインターネット・コミュニティー・サイト「ポベ・ドリーム」で公開された。

この映像を掲載した撮影者は、事故直前に第1車線から第2車線に変えて事故を免れたが、この車の後方カメラに写っていた事故シーンは悲惨だった。速度を落とすことなく時速100キロメートルで走っていた15トンの観光バスは「路上の凶器」だった。白い乗用車は紙くずのようにしわくちゃになり、ほかの車も前後がひどくつぶれ、大破していた。この映像をアップした情報提供者は「私の車の後部座席には息子と娘が眠っていたが、今考えてもゾッとする」と書き込んだ。死亡した女性4人は友人同士で、中国の大学に留学していて夏休みに一時帰国した友達と一緒に東海(日本名:日本海)岸に遊びに行った帰りだった。

事故映像がアップされたインターネット・コミュニティーには「単なる事故ではなく殺人も同然だ」「バス運転手の乱暴な運転は度が過ぎている」というコメントが数百件寄せられた。女性会社員のチョンさん(32)は「普段からバス運転手の運転が乱暴でヒヤッとしたことが何度もある。映像を見ては手が震えてしまい、当分の間、高速道路で車を運転するのは難しいだろう」と語った。


スポンサードリンク


今回の事故を捜査している江原道・平昌警察署は「映像を見る限り、事故を起こしたバスは時速100キロメートルで走り、追突直前まで減速していないようだ」と言った。観光バス運転手(57)は警察の取り調べで「第2車線へ行こうとしていたら突然、車が現れてハンドルを第1車線側に切った。前にいた車には気付かなかった」と供述した。しかし、事故映像を分析した警察は、バス運転手はずっと第1車線を運転したものと見ている。警察は、バス運転手が居眠り運転をしていたか、あるいは前方をきちんと見ていなかった疑いがあると見て、バス運転手に対して逮捕状を請求する方針だ。

2016-07-19-k001.jpg

警察庁によると、全国の高速道路で大型バス(36人乗り以上)が起こした交通事故件数は、2012年の96件(死傷者587人)から、14年には149件(死傷者780人)へと64%以上増えているとのことだ。今年1月にも全羅南道谷城郡の湖南高速道路で後ろを走っていたバスがスピードを上げて前方のバスに追突する事故が発生、バス運転手1人が死亡し、9人が重傷を負った。サムスン交通安全文化研究所のチャン・テギョン博士は「バスは乗用車よりも車高が高くて重量があるので、交通事故発生時には凶器と化す可能性がある。大型車が近くを走っている時は車間距離をさらに長く確保し、より慎重に運転しなければならない」と語った。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/19/2016071900901.html

【管理人コメント】
日本でも報じられ、動画が放映されたが、何とも恐ろしい。
韓国におけるバスやタクシーの暴走運転は、今始まった事ではない。

日常茶飯事であるから恐ろしい。それにしても今事報じられる韓国メディアの遅い記事には驚いた。反日記事は早いが日常の記事は、忘れたころに報じられる様ではメディアの使命は何処にあるのだろうか…。。。
日本では当日に報じられたが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月19日 11:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp