韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国、DRAM工場に着工…「半導体韓国」に正照準

中国、DRAM工場に着工…「半導体韓国」に正照準

中国がDRAM半導体事業に進出するため工場の建設に入った。技術は台湾から借りてくることにした。中国がDRAM市場に進出するという噂は出ていたが、工場の建設に着工したのは今回が初めて。サムスン電子とSKハイニックスが寡占している世界DRAM市場に波紋を起こすと予想される。

業界によると、中国福建省傘下企業の福建普華半導体(JHICC)は福建省普江で16日、DRAM工場の着工式を開いた。初期投資金額は370億元(約6兆3000億ウォン)。2018年から32ナノDRAMをウェハーを基準に月6万枚生産する計画だ。福建普華はDRAMの製造技術を世界3位のファウンドリー(半導体受託生産)企業の台湾UMCから受けることにした。今回着工した工場には世界1位のファウンドリー企業、台湾TSMCも投資したという。中国と台湾の半導体「両岸合作」が実現したということだ。

32ナノDRAMはサムスン電子などが量産している20ナノDRAMと比較すると技術レベルが低い製品。生産量もサムスン電子の10分の1にもならない。ユジン投資証券のイ・ジョン半導体・ディスプレーチーム長は「中国は2005年にLCD(液晶表示装置)産業に進出し、韓国に追いつくのに10年かかった」とし「半導体はその期間がさらに短くなる可能性がある」と話した。
韓国経済新聞
http://japanese.joins.com/article/391/218391.html?servcode=300§code=320


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
世界に通用する半導体産業の育成に向け240億ドル(約2兆7000億円)を投じ、米企業と提携して幅広い電子機器に使用されるメモリーチップを生産する計画だ。 中国国有の半導体受託生産会社(ファウンドリー)XMCの広報担当者は、同社が28日に湖北省武漢で初の国有フラッシュメモリーチップ工場に着工することを明らかにした。

XMCは昨年、次世代チップ技術の共同開発に向け米フラッシュメモリー製造会社スパンションと提携した。スパンションはその後、米同業のサイプレス・セミコンダクターと総額50億ドルの株式交換を通じて合併した。 中国は現在、電子機器のデータの記憶に使用されるメモリーチップの生産であまり存在感を発揮できていない。中国の政策当局は末端製造国から先端産業国への移行を推進しており、概して半導体がその主なターゲットとなっている。

XMCの工場ではフラッシュメモリーと「DRAM」と呼ばれるコンピューターメモリーチップの双方を生産する。XMCの広報担当者によると、資金はおおむね国家半導体基金と湖北省政府が提供する。 カリフォルニア州サンノゼに本社を置くサイプレスは「SRAM」と呼ばれるメモリーチップで長年知られ、昨年の売上高は16億ドル。米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)と富士通の合弁事業として設立されたスパンションと合併することで、スマートフォンなどの製品に使用されるフラッシュメモリー技術の専門知識を得た。

XMCの広報担当者によると、240億ドルは3段階に分けて投資される。第一段階はNANDフラッシュメモリー工場、第2段階はDRAMチップ工場、第3段階はサプライヤー向け設備だ。XMCとスパンションが昨年発表した提携に関する共同声明によると、最初の製品は2017年に出荷開始予定。

昨年来、中国が世界の半導体企業を“爆買い”している。これは、中国が世界の約30%の半導体を消費しているにもかかわらず、自給率がたった12.8%しかないため、習近平国家主席が設立した「中国IC産業ファンド」(15兆円規模)を資金源として、中国企業が国家政策の一環として世界半導体企業を買い漁っている。

一方でWDは、東芝と共同でNANDフラッシュメモリを開発・生産している米サンディスクを買収した。そのため、紫光集団がWDの筆頭株主になれば、東芝とサンディスクが共同開発したNANDの技術を入手できるはずだった。しかし、WDへの出資が見送られたため、NANDの技術は手に入らなくなった背景があるのだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月19日 12:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
坂本さん
エルピーダの坂本さんが大規模に日本、台湾、中国、三国で合弁のDRAM会社を立ち上げてます。実は、DRAMの規格は事実上韓国が決める。だから、技術革命がおこりにくい。坂本さんはそこに異論を唱えて、マイクロンと坂本サイノキングテクノロジーで韓国勢に対抗して新たな技術革命で新たな規格を作ろうと謀反をおこした。さて、坂本さん大丈夫か。。。もうFPGAの時代。DRAMいらん。SRAMですよ。SRAM。坂本サン今度はぽしゃらないでほしい。。。がんばれさかもとゆきお!
[ 2016/07/19 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp