韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  星州THAAD、2025年までに米MDへ統合

星州THAAD、2025年までに米MDへ統合

政府の公式な否定にもかかわらず、慶尚北道の星州(ソンジュ)に配備される予定の高高度防衛ミサイル(THAAD<サード>)は、中国とロシアを狙った米国のミサイル防衛(MD)システムの一部として機能せざるを得ないものと見られている。

正義党のキム・ジョンデ議員は19日、国会で開かれた「THAAD配備に対する緊急懸案質問」で、2015年に米議会傘下の会計監査局(GAO)が発行したミサイル防衛に関する報告書と、2017年の米政府予算案資料などを根拠に、「星州に配備される在韓米軍のTHAADは1.0バージョンであり、2025年まで(米国の)すべてのミサイル防衛資産と連動される2.0バージョンにアップグレードが完了する予定」としたうえで、「こうなると朝鮮半島における在韓米軍のTHAADは(米国が運用するMDシステムの)端末機に過ぎないことになる」と述べた。

キム議員が公開した資料によると、米軍はハードウェア中心の現行THAAD(1.0)をパトリオットやイージスなど、全世界のMDシステムと連動するソフトウェア中心の2.0バージョンにアップグレードする作業を進めている。アップグレードが終われば、世界各地に配備されたTHAADは一つのシステムに統合され、単一MDシステムで運用されるが、結局、星州に配備される在韓米軍サードも統合されたMDの一部として機能するようになるということだ。


スポンサードリンク


これに対しハン・ミング国防部長官は、朝鮮半島のTHAADが米国のMDとは無関係の、北朝鮮を抑止するための戦力という従来の立場を繰り返した。ハン長官は「THAADは米国が運営する多数のミサイル防衛システムの一つ」としたうえで、「(星州に配備されるTHAADを)グローバルなレベルの米国MDというのは言い過ぎだ」と答えた。ハン長官は、また「一般的には政府間に了解覚書(MOU)を結んで、ミサイルの生産・配備・運用・教育訓練全般を完全に(共有)することをMDへの参加というが、そのような計画はない」と強調した。

キム議員はその後、ハンギョレの電話インタビューに「米報告書によると、星州に配備される在韓米軍のTHAADは、米国の中央統制センターに連結され、米本土を防衛するTHAADと一つのシステムに統合されることになっている。だから、中国とロシアが星州へのTHAAD配備に強く反対するのだ」と指摘した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24684.html

【管理人コメント】
こうなると朝鮮半島における在韓米軍のTHAADは(米国が運用するMDシステムの)端末機に過ぎないことになるというが、THAAD防衛である。当たり前だろう。日米韓の包囲網が完成するわけで、主力レーダーは日本である。北朝鮮のみならず、日米韓の防衛につながるわけで、韓国だけの問題ではない。日本が慰安婦問題で10億円を出すわけがないだろう~。

日本を告げ口外交しただけでなく中国に寄り添った段階で本来は敵である。がしかし、北朝鮮の脅威から韓国を切り離せない状態となったのも事実。今の韓国は単独で北朝鮮から身を守る国にはなれない。在韓米軍が撤退後、韓国はどの国にぶら下がるのだろうか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月20日 10:22 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp