韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  中国ばかり恐れ米国の変化に気付かない韓国

中国ばかり恐れ米国の変化に気付かない韓国

ハワイの米太平洋軍司令部には、全世界をいくつかの管轄区域に分けた作戦地図があった。ところが太平洋軍司令部の名称が「インド・アジア・太平洋軍司令部」に、作戦区域が環太平洋だけでなくインド西部やインド洋にまでいつの間にか広がった。「ハリウッドから(インドの)ボリウッドまで、ホッキョクグマからペンギンまで」というスローガンもある。この地域で米軍のちからが及ばない場所は事実上中国と北朝鮮だけだ。

米国は最近、韓国、日本、オーストラリアと共に東南アジア諸国連合(ASEAN)、インドをアジアの安全保障における5大パートナーと位置づけている。昨年末と今年初め、太平洋軍司令部が主管する空軍演習には韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、タイ、フィリピンなどが参加した。今年春には米国、インドが合同で空軍演習を実施した。

司令部幹部は「各国との軍事安全保障ネットワークを構築することが目標だ」と述べた。そして、全ての変化は中国を標的としている。米国側の関係者もあえて「中国包囲網」を否定はしなかった。最近米大統領選のヒラリー・クリントン陣営の関係者と会った安全保障専門家は「北朝鮮の核に対する対応がさらに強まり、中国に対してもそう簡単にはいかないムードだ」と述べた。北朝鮮には軍事的対応策、中国には攻勢的封鎖戦略を検討していくことを意味している。


スポンサードリンク


韓国に対しても米国はアジア新安全保障ネットワークに加わるよう手招きしている。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)はその試験台となる。米国は韓国にあるアジア最大規模の平沢米軍基地を維持するため、THAADが必須だとみている。韓米が共同ミサイル防衛網に入る意味合いもある。THAADが中国のミサイルを監視するかどうかは二の次だ。

しかし、中国にとって、THAADは在韓米軍の固着化と韓米日による安全保障体制の強化を意味する。北朝鮮の核凍結、北朝鮮と米国による平和協定を同時に推進し、長期的に韓半島(朝鮮半島)から米軍を追い出したい中国がTHAADを容易に受け入れるはずはない。中国の一部からは「ミサイルでTHAADを狙い、韓国に経済、社会的圧力をかける」という警告も聞かれる。

問題は韓国の選択だ。野党・リベラル陣営は「THAADが中国の安全保障利益を損ね、韓国の安全保障、経済までをも危うくする」と反対している。それに加え、「中国は昇り竜、米国は老いたトラ」だという認識も影響している。しかし、中国恐怖症のせいで米国の変化を見逃してはならない。米国は過去70年間、韓国の安全保障の基盤だったし、現在も世界の超大国だ。欧州発の危機の中でも先端技術力で経済の主導権を保っており、軍事的優位も揺るがない。最近南シナ海をめぐる仲裁で中国に完勝し、規範の支配者としての力も見せ付けた。そんな米国との間に溝ができれば、どんな代償を払うことになるかは、米共和党の大統領候補となることが確実なトランプ氏を見れば分かる。中国との対立による経済的被害とは比較にならないほど複雑な危機が訪れる可能性がある。

韓国はこれまで米中双方とうまくやっていく中立主義と戦略的あいまいさで対立を避けてきた。しかし、THAAD問題はもはや避けることも後戻りすることも難しい。北朝鮮が核とミサイルの高度化を日々進める状況で、軍事的対応を先送りすることもできない。選択すべき状況には果敢に決断すべきだ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/20/2016072001047.html

【管理人 補足記事&コメント】
米国がベトナムへの武器輸出を完全に解禁し、両国関係は新たな段階に入った。オバマ米政権は中国の南シナ海進出に対抗するため対中包囲網を一段と強めようと狙う。ベトナムは米越関係の「完全正常化」を宣言した。ただ政治と経済の両面でつながりが深い中国との関係は悪化させたくないのが本音で、米中のバランスを取る外交に腐心している部分はある。

しかし、「武器輸出の解禁は何十年にも及ぶ対話の結果であり、両国の関係が変化した証しだ」とオバマ米大統領はチャン・ダイ・クアン国家主席との会談後の記者会見で強調している。クアン氏も「両国関係は完全に正常化した」と表明し、米越関係の転換を印象づけた。ベトナムが購入する装備品は、対潜水艦哨戒機「P3C」など南シナ海の監視能力向上につながる飛行機が想定される。ベトナム海軍は最近6隻の潜水艦をロシアから購入したが、十数倍の70隻以上保有しているとされる中国に空からの監視強化で対抗するわけだ。

米国は武器輸出の完全解禁を機にベトナムとの軍事協力を深め、南シナ海の要衝、カムラン湾に寄港する狙いがあるわけで、次第に中国包囲網は固まりつつあるなか、気を付けないとならないのは韓国だろう。朴槿恵のみならず韓国政府は中国に機密情報を流すわけで、とても信用できない。日米韓の軍事面においても日米で連携し、韓国との情報は日米ともに監視する事になる。それにしても韓国はどっちつかずの厄介国である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月20日 11:23 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp