韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国経済は過剰債務でどうなるのか。。。

中国経済は過剰債務でどうなるのか。。。

中国の過剰債務がいずれ世界経済を揺るがすのではとの不安が高まっている。債務の膨張による繁栄が限界に達し、株式市場などを崩壊させる“ミンスキー・モーメント(瞬間)”が到来したとの見方である。過剰債務が圧縮される過程では投資が減って景気が悪くなる。景気が悪化すれば輸入も減って中国向け輸出に依存していた国々の経済にも波及する。また、債務が返済できない企業が増えて金融不安に陥る恐れもある。巨大化した中国経済がこうした事態に到れば世界に影響が及ぶ。

この過剰債務問題を考える上ではまず現状把握が欠かせない。国際決済銀行(BIS)の統計で確認すると、非金融セクターの債務残高は昨年9月末に26.1兆ドル、内訳は[図表1]のようになっている。その推移を見ると、リーマンショック後に大きく増加しており、2008年12月末との対比では、一般政府向けが1.4倍の対GDP比43.5%、家計向けが2.1倍の同38.8%、非金融企業向けが1.7倍の同166.3%へ増加しており、非金融セクター計では1.7倍の同248.6%に達している[図表2]。

債務残高をG20諸国の中で比較して見ると、非金融セクター計では大きい方から6番目で米国とほぼ同じレベルにあり目立って多い訳ではない。しかし、非金融企業向けに焦点を絞ると第2位のフランスを大きく引き離して断トツの第1位である。また、一般政府向け債務残高は第12位で平均値(65.2%)を20ポイント超下回っており、家計向けも第10位で平均値(47.0%)を10ポイント弱下回っており、中国の債務は非金融企業向けに集中している。


スポンサードリンク


2016-07-20-k001.jpg

中国の債務残高の現状をバブル崩壊後(1994年末)の日本と比較すると、当時の日本の非金融企業向け債務残高は対GDP比で149.2%と現在の中国とほぼ同じレベルにあった。一方、家計向けは同71.6%で現在の中国より多く、一般政府向けも同93.6%(1997年末)で、国際通貨基金の統計を参考に1994年末を推計すれば、現在の中国の2倍前後だったものと見られる。

日本ではその後、非金融企業向けの債務残高が減少に転じると同時に、一般政府向けが増加して肩代わりする形となった[図表5]。従って、中国でも今後は当時の日本と同様の肩代わりが起こる可能性があるだろう。そして、非金融企業向け債務残高は当時の日本よりやや多いものの、一般政府向けや家計向けはむしろ少ないので、肩代わりする余地は大きいと思われる。また、経済の発展段階も当時の日本とは異なる。当時の日本は既に先進国だったためキャッチアップ型で経済発展する余地は小さかったが、現在の中国にはその余地がまだある。これらの類似点と相違点を踏まえた上で、中国の過剰債務が今後どのように調整されていくのか注目したい。
http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=53066?site=nli

【管理人コメント】
中国政府の財務残高の推移では2016年で、およそ550兆円。債務残高はうなぎのぼりになっている。
そのうち350兆円の地方債務返済が今年である。しかし現実はこんな数値ではないだろう。桁が違うのではないか…。
様々なところで数値が飛び交っているが、信用性に欠ける。いずれにしても550兆円+アルファである事には違いない。

今の中国内は大混乱であるから、中国政府はビリビリしている。アジア・インフラ銀行どころではない。アジア開発銀行から融資を受けている状態で、今後さらに融資を受ける可能性もある。

中国は経済で日本に手を上げる可能性もあるわけで…、
そろそろ習近平が安倍総理に会う日も近いのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月20日 19:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(3)
期待値低下、それだけです
>中国の過剰債務が今後どのように調整されていくのか注目したい。

なんともシマリのない論説で、読むだけムダでした。
日本と政治体制が異なる中国だから、共産党政権が
なんとでもできる。
人民の借金がチャラにならないなら、その分消費が減るから
市中経済は減速でしょうが、何割かはというレベルで
外国にとってはそれだけ期待値が下がるということです。
[ 2016/07/20 19:21 ] [ 編集 ]
おそらく
小池さんは都知事候補討論会で移民問題聞かれて一人だけ「中東ばかり目が行きがちだが、我々は今後、東アジアでの移民の流入に備えなかればならない」と発言した。これは、現中国大使の横井大使と小池は長いつきあいなので中国の現状を理解しているのであろう。鳥越なんかに都政まかしたら、中国、韓国移民だらけの東京、あるいは、日本になる。それだけは阻止しなければ。。。
[ 2016/07/20 19:24 ] [ 編集 ]
小池氏は、短期間とはいえ防衛相も務めました。防衛環境と言うのか、国際社会が甘くはないと、他の鳥越・増田よりはわきまえていると期待したいところです。

鳥越は問題外だと思いますが、組織票が有りそうなのと、有名人や男前が好きなミーハーオババなんかには投票しそうに思えます、政策なんか1㍉も語ってないのに、語っても現状を弁えていないトンチンカンな主張で、主な目的は保守貶めの為の広報活動なんだが、そんなのはミーハーオババには関係ない。森進一に釣られちゃうから始末がわるですね。

増田、彼は都議会自民党や自民党都連の「お神輿」でしょうから、都議会という伏魔殿の浄化には何の役にも立ちません。小池氏が選挙演説で語った、アチコチの顔を立てる事や利権を分配する事、そんな事しか出来ないんじゃないか、元建設官僚ですから箱物を造るのは好きかも?

まあ、私には投票権がないのですが、気になりますね。

最低限でも鳥越だけは不味いと思いますが、小池氏と増田で票が割れたりもします。でも、鳥越だけは拙いと思いますよ。

その主張は勿論危険だし、実務能力、体力、どれを取っても赤点ですが、ミーハーオババは好きそうです。
[ 2016/07/20 22:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp