韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  止まらぬ地球温暖化…14カ月連続で最高気温を更新

止まらぬ地球温暖化…14カ月連続で最高気温を更新

地球の気温が14カ月連続で最高記録を更新した。

米海洋大気局(NOAA)は昨月6月の地球の平均気温が16.4度を記録し、1880年の観測開始以来、137年ぶりに最も高かったと伝えた。20世紀の6月の平均気温15.5度より0.9度の高いことになる。陸と海の気温はすべて最高記録を更新した。大陸別では、北米が最高記録を更新し、他の大陸は過去上位5位内に入る記録を出した。地域別では、米国南西部、メキシコ南部、ブラジル北東部、アフリカ北東部・南西部、中東、オーストラリア北部、インドネシアなどで最高記録が更新された。

これにより海洋大気局は、史上最高値を記録した地球の気温が今年再び記録を塗り替える可能性が高まったと明らかにした。昨年5月から続いている地球気温の記録更新の進度は、かつてないエルニーニョや地球温暖化が重なったため起きている現象である。米航空宇宙局は上半期の平均気温も史上最高値を更新しており、平均気温との偏差は1.05度と明らかにした。昨年より0.2度高いことが分かった。

平均気温との偏差が最も高い上位15カ月のうち14カ月が2015年2月以降の月だ。平均気温より低い気温を記録した最後の月は1984年12月だった。それ以来、地球の気温は実に約32年(378カ月)に渡り平均気温を上回り続けているということだ。ただし6月の気温は以前より平均気温との偏差が多少小さくなった。これは太平洋赤道付近でエルニーニョ現象が終わり、ラニーニャ現象が生じ始めたことによるものと分析される。


スポンサードリンク


また、米航空宇宙局は北極の氷河も1979年の記録観測以来最少量を表していると明らかにした。今年6月の北極地域の氷河量は1970年代末から1980年代初めに比較し、40パーセント減少した。南極地域の氷河も平均レベルを下回り、2011年以来5年ぶりに最も少なかった。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24695.html

【管理人コメント】
地球も重力と内部温度膨張とが釣り合って球体を維持している。その一方で内部温度が上昇すれば、安定を保つために、熱を外部に放出する。これが火山である。一方、いまだ地球の中心は謎とされている。

私は銀河のアマチュア天文家としてバランス哲学と唱えたが、すべてバランスで成り立っているという持論である。従って地球上で異常に暑い場所があれば異常に寒い場所もある。同じ場所で見れば、降水量が日本などは大きく不足しているが、これは逆に言えばどこかで洪水のような雨が降っている事になるし、日本の位置で見れば、夏以降に台風などで大雨に見舞われるだろう。

アマチュアで有れ専門家で有れ、地球がこうしたバランスが保てている間は、地球は持ちこたえられるが、もし内部の熱量だけが上昇し続ければ、地表の熱で冷やされる事無く、温度上昇し、大噴火の嵐と化すわけで、地球は後100年持たないという学者もいるほどだ。近年夏冬型となり秋と春を感じなくなりつつあるわけで、温暖化を止めないと大変な事になる。

今太陽はと言うと冷えている状態の期間である。まだ当分続くだろう。この間に地球のバランスをもっと緩和する必要がある。自然を無くし建物を作り続けてきたツケでもある。天文学者の惑星専門家にとっては思いは複雑ではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月21日 10:33 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(1)
人間は地球に巣くうバクテリア?
昔、こんなタイトルの記事が有り、妙に納得した気がします。

経済力をキープのために人工増加、という相反する課題もあります。

世の中、色々と難しいことばかりです。
人類は賢い筈ですから、賢明な対処を期待したいものです。
[ 2016/07/21 11:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp