韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の成功にはまったく興味がない!興味・関心があるのは失策だ

日本の成功にはまったく興味がない!興味・関心があるのは失策だ

経済成長に陰りが見えてきた中国。日本と同じ轍を踏むまいと、中国は日本の過去を強く意識しているという。中国メディアの龍訊財経網はこのほど、「日本経済の衰退は中国にとって大きな助け」と題する記事を掲載した。

記事によると、中国の金融監督機構は、20年にわたる衰退とデフレを経験した日本を強く意識し、「反面教師にしている」という。中国側のある関係者は、「日本の成功にはまったく興味がない。もっとも関心があるのは日本の失策だ」とし、日中の経済には多くの類似点があるため、日本政府が過去に行った細かな政策にまで関心を寄せているという。

中国が現在行っている金融改革も、日本が過去に行ってきたことだと指摘。こうした改革は経済発展に寄与するものの、失敗すれば深刻な結果になるものだ。例えば、中国の政策決定者たちは1985年のプラザ合意を「実質的に円高と資本の自由化を批准したようなもの」で、これが日本の失われた20年の原因だと考えているのだという。

記事は、日本銀行の関係者が「中国はたとえ減速したとしても、金融不均衡を加速しかねない政策措置は採用しないだろう。そしてこれは賢明なことだ」と語ったことを紹介。日本はバブル時に最大のパートナーである米国に影響を与えかねない金融引き締め政策を実行できなかったが、パートナーのためではなく国内の経済安定こそが国の政策決定者にとって最も重要な責任だと主張した。


スポンサードリンク


中国経済の成長鈍化と不動産バブルが指摘されるなか、世界第2位の経済大国として中国は何が何でもバブル崩壊を避けたいと考えているはずで、日本の経験は何よりもありがたい研究材料のようだ。
http://news.searchina.net/id/1614686?page=1

【管理人コメント】
日本政府の成功よりは失敗のほうが記事になりやすい。
失策の逆を実施すれば成功となる…??

中国はだから勘違いする。失われた20年ばかりが独り歩きし、その裏で企業が作り上げた様々なシステムが根付いたことは知られていない。コストダウンシステムが内部留保金の上昇につながり、為替に対して強い企業となり、事業部制組織はよりよい組織に教育され、付加価値となる特許の土台を形成し、品質保証部分で問題は残しつつも、企業が事業部ごとの小企業の集まりとなり、企業利益拡大に大きな成長を遂げたわけである。

政府と企業を見ないと失策の裏の成功策は見えてこない。日本経済は衰退しと報じる一方で日本は、既存産業と新たな産業へ取り組み、今日に至る。当然他国に奪われた分野もあるが、製品は奪われても、中身は日本企業で有ったりするわけで、むしろ新たな産業への取り組みへの成長戦略と考えれば、中国も喜んではいられないだろう~。

訪日中国人により、日本は予想以上に進んでいるとか…、品質重視とか…、匠の技とか…、今頃報じても我々は随分古い話に聞こえる。それだけ遅れているという事だ。日本企業に教育され、今の中国の土台があるならば、そう簡単に日本技術云々などと語ってはいられないだろう。日本ははるか前を進んでいるのが実情だ。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月21日 18:44 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp