韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国製完成車の中国輸出額94%急減…自動車交易初の赤字

韓国製完成車の中国輸出額94%急減…自動車交易初の赤字

韓国製完成車の対中国輸出が中国製完成車の韓国内輸入に初めて逆転された。韓国の自動車業界が関税の壁を避けるために中国現地生産の比重を高めているのに加えて低価格を前面に出した中国完成車が速い速度で韓国市場を蚕食しているためだ。

21日、産業研究院によると今年1~5月の完成車の対中国貿易収支が170万ドルの赤字を記録した。1~5月の実績としては初めての赤字反転だ。中国との貿易収支黒字は1~5月基準で2014年6億5070万ドルから2015年3億9800万ドルで大幅に落ちたが今年赤字に反転した。

月別では今年1月に230万ドルの初めての赤字を記録し、2~3月に黒字に戻って4月に再び440万ドルの赤字が出たため1~5月の合計もマイナスとなった。対中輸出額が1~5月基準で2014年の6億7040万ドルから今年2680万ドルに25分の1に縮小したのが主な原因だった。2015年(4億2400万ドル)に比べると94%減った。

国内自動車業者のうち中国現地工場生産比重が最も大きいのは現代車だ。現在第1~3工場が稼動中であり第4、5工場を滄州と重慶にそれぞれ建設している。韓国で生産されて中国に輸出される完成車は全体輸出量の10%未満だ。国内輸出物量を減らす代わりに現地生産量はより一層増やす計画だ。車の価格の22.5%に達する関税のためだ。


スポンサードリンク


現代車関係者は「メルセデスベンツ・BMWのような会社が中国現地生産体制を整えたのは関税問題と直結する」とし、「ジェネシスのようなラグジュアリーセダン以外は完成車輸出で利益を出すのが容易でない」と説明した。加えて中国内需市場で中国業者との競争もますます激化している。韓国貿易協会によると韓国内完成車の中国現地生産は2014年178万台がピークで、その後昨年は169万台で5%減った。産業研究院キム・ギョンユ研究委員は「中国現地での自動車ブランドパワーはドイツ、日本、韓国、現地業者の順だが現地業者の善戦により韓国業者が最も大きな打撃を受けている」と話した。

現代車も2015年の現地生産減少は中国業者のスポーツユーティリティー車両(SUV)低価格攻勢によるものと分析した。上半期の中国SUV販売量は前年同期比44.4%増の391万5000台を記録したが、このうち上海・長安・東風など現地ブランド自動車業者が52.3%の高成長を記録して市場占有率43%を確保した。 対中国輸出が大幅に減少している反面、韓国内に輸入される中国の完成車は2007~2015年に年間平均10.3%増加した。中国企業等は技術やブランド競争力が重要な乗用車より価格に敏感なミニバンや小型貨物車市場を攻略している。

中国北京自動車グループの車両を輸入販売する中韓自動車は最近小型トラックと貨物車を韓国に発売した。販売価格はミニトラックが1085万ウォン(約100万円)、ミニバンが1140万ウォンだ。現代車の1トントラック、ポーター2の最低価格(1430万ウォン)の75%水準に過ぎない。大林(テリム)大学自動車学科のキム・ピルス教授は「1トントラックは韓国で現代車だけが生産して寡占形態を維持してきたため技術と価格競争力が遅れをとった」とし、「中小型完成車中心に中国との貿易赤字幅がより一層大きくなるだろう」と見通した。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/534/218534.html?servcode=300§code=320&cloc=jp|article|ichioshi

【管理人 補足記事&コメント】
2015年4月時点で、現代自動車の海外工場10カ所(中国四川省商用車工場を除く)の第1四半期業績を分析した結果、10カ所のうち9カ所が、前四半期比はもちろん、前年同期比の売上高と比べても、すべて減少に転じていると中国メディアが報じている。 唯一増加したチェコ工場の売上高もわずか40億ウォン(約4億4000万円)だったという。

この中でも、中国工場の業績不振が最も深刻で、北京の生産量30万台規模の工場3カ所の回復を試みている現代自動車は、第1四半期に4兆8240億ウォン(約5300億円)の売り上げを達成したが、5兆7110億ウォン(約6300億円)を記録した前四半期より1兆ウォン(約1100億円)近く減少しており、 5兆2500億ウォン(約5800億円)を上げた前年同期よりも4000億ウォン(約440億円)減少している。

中国国内の現代自動車工場は地元の北京汽車との合弁であるため、本来は韓国国内の実績としては計算されない。これを勘案すると、2015年第1四半期の現代自動車のグローバル実績はさらに低くなるとした。

現代自動車にとって中国は最大の市場だ。2002年に北京現代汽車を設立。08年に第2工場を、12年には第3工場を稼働させた。それに伴い、販売台数も大きく伸びた。 販売の拡大を背景に、生産能力をさらに拡張。15年中に商用車工場(四川省)を稼働するほか、4月に乗用車の第4工場(河北省)、6月に第5工場(重慶市)の建設に着工。乗用車の2工場が稼働すれば、生産能力は現在の年間121万台から181万台に増加する。

その矢先の事と言うが、2015年時点で兆候があるわけで、無理に進めた結果である。来年そして再来年と自分で自分の首を絞める事になるが…。海外工場稼働を建設した時点で稼働停止ならば、笑ってはいられないのではないか…。最も最後の手としては中国企業へ工場を売るという手があるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月22日 18:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp