韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本人の仕事に対する態度「誰にも監視されていないのに・・・」

日本人の仕事に対する態度「誰にも監視されていないのに・・・」

中国メディアの出国留学網は18日、ある中国人旅行客が1週間という日本滞在期間中に目の当たりにした「日本人の仕事に対する態度」についての所見を紹介している。

記事はまず、日本旅行中に多くの日本人男性が「たとえ真夏の炎天下でもワイシャツにネクタイ姿で働いていた」と紹介。また交通整理をする警察官が「60才近い年齢でも小走りしながら」仕事に専心する姿、書店の店員が「跪きながら」床を拭いていた姿、ホテルのスタッフが「客が脱ぎ散らかした靴をきれいに並べる姿」なども目撃したと紹介。仕事に忠実に対応する日本人の態度は、中国ではなかなか見られないものとの見方を示した。

続けて、日本人の1人1人は「誰にも監視されていない」のに仕事に専心していたとし、中国人は「日本人の背後にはまるで見えない手があって、その手が必死に仕事をするように日本人を駆り立てているようだ」と感じたと説明した。

中国で普段見慣れているであろう「中国人の仕事に対する態度」と、日本人の仕事の態度が「まったく違う」ことを見て取ったのであろう。もちろん、いい加減に仕事をして良いと考えている中国人は少ないだろうし、中国人もそれぞれ自分の職場で責任感を持ちつつ働いている。しかし仕事に対する日本人の打ち込み方は、やはり中国人とは違っているということだ。


スポンサードリンク


日本人の仕事ぶりは「まるで背後にある見えない手」によって強制されているように見えたという記事の主張だが、ルールである以上は暑くともネクタイを締め、客のためであれば他人の靴でもすすんで揃えるのが日本人の仕事だ。中国人からすれば、日本人は融通がきかないと見えることもあるようだが、それだけ仕事に対する考え方も違うということなのだろう。
http://news.searchina.net/id/1614822?page=1

【管理人コメント】
企業における5Sや仕事の効率化とは…等々を勉強したことが無い国はそう思うのだろう。
無理無駄をなくすには、整理整頓が基本であり、結果安全性も増す。仕事をするための環境は日頃の訓練によるわけで、仕事場の掃除を自分から進んで実施しないならば、実施するような教育をしていれば慣れるだろう。

中小企業在籍時には役員もトイレ掃除を実施した。社長が娘の代となり、女性の立場で見ると様相は変化する。掃除の人材を雇うのは無駄であるから、社員が掃除をするべきであるというわけである。すると社長がそういうなら、社長も掃除するのだろうと私などが言うと、墓穴を掘り結局、私を含めた役員も掃除に参加する事になる。それ以後ずっと掃除は役員と社員でトイレから部屋の掃除全てを実施する事になった。

大掃除の時などで一番困るのが蛍光灯の掃除である。一年に最低一回は蛍光灯の落下がある。蛍光灯の落下は内部の物質が材料に付着すれば使えなくなる。特に富士フイルムなどから仕事を得ると、蛍光灯事故発生を知らせて対応まで連絡する事になる。被ばくはブラックライトで検査し、作業服や靴は、交換する。床は水拭きを実施する。ブラックライトで検証し合格を私が出すまで帰宅すらできないわけで、結構掃除も大変なのである。

そういう事を中国人は理解していないだろうと思うが…。材料の掃除とか検査とか、すべての道具機械などなどは日常と定期点検記録があり管理する。結果良い商品が作れるわけで、掃除や点検一つとっても不可欠なのである。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月23日 10:56 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
これはね。。。
中国では医者も患者診ながらスマホいじります!!!わたしはしませんでしたが。警察官も、店員も、キャビンアテンダントも。
まあ、パイロットだけはスマホいじりは無いでしょうけど。
あと、香港、シンガポール、韓国に共通するのですが、コンビニ店員、スーパー店員のレベルの低さ!!!レジ機あるのに、おつり渡せない!バーコードを照射できない!(二度打ちなど)、挨拶ない!棚入れが雑!大きな飲料をいれている冷蔵庫の中にはいって涼む!まあ、二極化がはげしんでしょうね!香港、シンガポールは16歳で人生決まって、そこでXとなれば、一生大学行けません。一生這い上がることはできません。職業きまります(日本は高校卒業すれば大学行ける)。韓国は行き過ぎ。なんでも大学!スポーツも、造船も!ちなみに、日本では造船学科はありません。なぜでしょう?もう造船はスペシャルなものではなく、一学科ではなく、一教科になったからです。そこが韓国とは違い、日々進化する。日本はですね。
みなさん!韓国行ったら、レジの二度打ちに騙されないように!!!って行きませんか。行く訳がない!
[ 2016/07/23 11:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp