韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の産業用ロボット市場は世界最大、だが市場は外資メーカーのもの

中国の産業用ロボット市場は世界最大、だが市場は外資メーカーのもの

中国の産業用ロボット市場は世界最大の規模だが、その市場は外資メーカーによって押さえられ、中国メーカーはほとんどシェアを獲得できていないのが現実だ。中国メディアの千家網はこのほど、2015年における中国産業用ロボット市場での中国メーカーのシェアはわずか8%だったと説明、中国メーカーが抱えている問題点について論じた。

記事は、15年の中国の産業用ロボット市場におけるシェアは、日本のファナックが18%、ドイツのクーカが14%、スウェーデンのABBが13.5%、安川電機が12%、中国を除くその他のメーカーが合わせて34.5%であり、中国メーカーのシェアは合計でも8%に過ぎないと紹介した。

続けて、中国メーカーは「外資メーカーの技術および部品コストに対して圧倒的に劣っている」のが現状だと指摘。さらに「助成金を含む多項目の政策的支持が短期間で1000社近くの企業を大量に出現させたが、競争力の低い企業や悪性の競争、助成金の詐取など、好ましくない現象も生じている」と指摘した。


スポンサードリンク


産業用ロボットの最も重要な構成部品の1つは「減速機」だ。減速機とは、モーターの回転速度を最適な速さに減速させるとともに、回転力を高めるための装置のことだ。必要な回転速度を得るために必要であり、ロボットや工場搬送ライン、船舶のスクリューや飛行機のプロペラなど幅広い用途がある。

記事は産業用ロボットのコストに占める減速機の割合は35%とかなり高いにもかかわらず、中国は減速機の75%を輸入に頼っていると説明している。従って中国政府がまず目標としなければならないのは、減速機やサーボモーター、コントローラーなどのコストが高く、しかも輸入率の高い部品を内製できる企業を重点的に育成するための政策を実施することだろう。
http://news.searchina.net/id/1614828?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
東芝機械は2016年度内をめどに中国で産業用ロボットの生産を始める。ロボットの海外生産は同社にとって初めてとなる。射出成形機などを手がける上海工場(上海市)の一部をロボット生産用に作りかえるという。労働力不足などにより中国でロボット需要が急拡大する中、現地生産化で競争力を底上げし、電気・電子分野などの開拓を加速させる。また、為替変動リスクを低減することも目的。スタート時は月間100台程度を生産する計画だ。

射出成形機、ダイカストマシンなどの製造子会社「東芝機械上海」でロボットの生産を始める、15年にナブテスコに事業譲渡した油圧機器の製造スペース約500平方メートルが空いているため、この場所をロボットの生産に活用する。既存の設備を有効利用し、投資を数千万円程度に抑える。生産能力は最大で月間200台程度。国内工場と合わせると能力は現状の倍近くになる見通しだ。

中国では人手不足や人件費高騰によりロボット需要が急拡大している。その半面ロボットメーカー間のシェア争いは激しく、東芝機械は競争力確保のため、ここ数年現地での生産を検討してきた。ロボットの販売が順調に伸び、生産用のスペースも確保できたため、現地生産化に踏み切るとした。 中国で生産するのは水平多関節(スカラ)ロボット「THLシリーズ」など。当面は基幹部品を日本から供給するノックダウン方式で生産する。

ロボット業界では近年、需要拡大が顕著な中国で生産する企業が増えている。一方でファナックや三菱電機など全量国内生産を続ける例もあり、メーカーによって戦略が分かれており、競合を避けている。特に中国での人件費高騰で、今後さらにロボットによる生産が加速するだろう。当初初期投資はかかるが、人間を雇うよりは結果として負担は少ない。自国民の仕事をどうするのかは今後の大きな課題となる…。

中国も付加価値をコストに見出せば、自国民は雇用を失い、自国雇用率は低下する。付加価値を他に見い出し、内需活性化の実施に成功すれば、自国雇用率は上昇し、自国内で金が循環するようになる。今の現状ではロボット産業が活性化し、自国企業から労働者が減少し、失業者が増大するだけとなるが…。

中国政府としての政策の問題だが…。
今後経済低迷になるほどに加速する可能性がある…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月23日 18:58 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp