韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  経済危機は毎回異なる顔で迫ってくる

経済危機は毎回異なる顔で迫ってくる

1997年のアジア通貨危機の「素顔」はドル建ての緊急資金がない国を狙った金貸しのようなものだった。

同年12月、韓国の外貨準備高がわずか39億ドルしかなくなった。国際通貨基金(IMF)の金融支援を受けた後、慌てて外貨を積み上げた。外貨を確保するのはタダではない。政府が国債などを発行し、市中に放出した資金を回収した上で、ドルに換えなければならない。数千億ドル、韓国ウォンで数百兆ウォンを集めるため、国民は財布のひもを締めた。

それから10年少しの月日が流れた2008年8月、韓国の外貨準備高は1997年末の50倍を超える2432億ドルに達していた。経済官僚は外貨は十分で、もう危機は起きないと言い張った。しかし、同年9月に世界的な金融危機が起き、3カ月もたたずに2000億ドルの線が危うくなった。結局米国に支援を求めた。国家間の「当座貸越」に相当する通貨スワップ資金をようやく危機を乗り切った。

08年の危機の素顔は違った。今回は韓国の短期対外債務が多過ぎるという点が外国人の攻撃材料になった。08年9月の韓国の対外債務4251億ドルのうち半分近い1894億ドルが期限1年未満だった。当時は国際金融市場でも資金が不足していたため、償還期限を迎えれば、償還資金を借り入れることもできなくなると指摘された。


スポンサードリンク


韓国はひとまず米国の支援で危機を乗り切った。その後、金融当局は「海外から長期資金を借り入れろ」と銀行に指示した。借入期間が長いほど金利は高い。銀行が泣きっ面にハチで高金利の長期債を発行しようと苦労した。その結果、現在は短期対外債務が対外債務全体に占める割合は4分の1にすぎない。04年以降の10年余りで短期対外債務の割合は最も低い状況だ。外貨準備高は08年の危機当時よりも1200億ドル増え、3700億ドルに達した。

外貨準備高で防護壁を築き、短期対外債務を減らせば、危機の「予防注射」を受けたことになるのだろうか。そうとは限らないようだ。米国の「トランプ現象」と英国の欧州連合(EU)離脱を見ると、全く思いもしないところで新たな危機が生じかねないと感じる。先進国ですら開放と貿易を通じた成長を疑う心理が広がっている。その上、1930年大の世界恐慌のように自国の利益だけを考える極端な保護貿易主義がまん延する可能性もある。そんな危機が訪れれば、貿易への依存度が90%近い韓国はどれだけ大きな被害を受けるのか。想像するだけでも恐ろしい。

これまで経済官僚が危機に対応するといってやってきたことを考えると不安になる。官僚は試験勉強でもするかのように「誤答ノート」をつくり、一度間違った問題を解き直す方式で危機に備えてきた。これでは変化に富んだ危機に正しい答えは見つからない。危機は毎回異なる素顔で迫ってくる。危機に際し最も避けるべき態度は、模範答案のような対応を打ち出し、「やるべきことはやった」と手を上げることだ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/23/2016072300475.html

【管理人 補足記事&コメント】
アジアの通貨下落は、アメリカ合衆国のヘッジファンドを主とした機関投資家による通貨の空売りによって惹起され、東アジア、東南アジアの各国経済に大きな悪影響を及ぼした。狭義にはアジア各国通貨の暴落のみを指すが、広義にはこれによって起こった金融危機(アジア金融危機)を含む経済危機を指す。

日本、台湾、フィリピンを除く、アジアの殆どの国家は、米ドルと自国通貨の為替レートを固定する「ドルペッグ制」を採用していた。それまではドル安の状態で、比較的通貨の相場は安定していた。また欧米諸国は、固定相場制の中で金利を高めに誘導して、利ざやを求める外国資本の流入を促し、資本を蓄積する一方で、アジアは輸出需要で経済成長するという成長システムを採用していた。

1995年以降、アメリカ合衆国の長期景気回復による経常収支赤字下の経済政策として「強いドル政策」が採用され、アメリカ合衆国ドルが高めに推移するようになった。これに連動する形で、アジア各国の通貨が上昇(増価)し、その結果アジア諸国の輸出は伸び悩む展開となった。これらの国々に資本を投じていた投資家らは、経済成長の持続可能性に疑問を抱く様になった。

そこに目をつけたのが、欧米のヘッジファンドである。ヘッジファンドは、アジアの経済状況と為替レートの評価にズレが生じ、結果として自国通貨が過大評価され始めていると考えた。そこで過大評価された通貨に空売りを仕掛け、安くなったところで買い戻せば利益が出る。1992年にイギリスで起こしたポンド危機と同じ構図である。

現実は経済不況を担うアメリカをはじめとした国々には周期性があると考える。経済不安や世界不況と言う問題は韓国通貨危機にも通じる事で、今年或は来年は条件がそろう年でもある。アジア通貨危機はまた発生するだろう。特に韓国或は中国と危険であるし、他の新興国にも同じ事がいえる。アメリカの利上げがあれば顕著に結果が出るのでは…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月24日 09:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp