韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  THAAD問題で表れた大韓民国の素顔

THAAD問題で表れた大韓民国の素顔

終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備をめぐり、韓国国内で繰り広げられている状況を見るにつけ、韓国はこのままでは戦争ができない国なのではないかという思いを抱く。我々の生命と財産と国を守る防衛的兵器(それも国産ではない)に対し、「施設の必要性は認めるが、自らの居住地域には建てないでくれ」として極端な反対を主張するニンビー(NINBY)的思考、反大韓民国的な異質勢力の蠢動(しゅんどう)、まるで何も処理できずに右往左往する政府の支離滅裂さは、今もし戦争が起きれば、韓国がなすすべなく崩壊するのではないかという恐怖感を与える。

THAAD配備の問題にとどまらない。在韓米軍の平沢移転、済州島江汀集落への海軍基地建設、天安爆沈事件と延坪島砲撃の際に飛び交ったデマなど韓国は国防と安全保障が関連する事案がヤマを迎えるたびにまともに乗り越えられたためしがない。そのたびに国全体の大騒ぎを経験してきた。折しもスイスの国際経営開発研究所(IMD)が発表した「2016年国家競争力指数」は、韓国の社会的結束力が12年に比べ半分に低下したことを示している。韓国の対立構造が深まり、国力の浪費が慢性化している。

過去20年にわたる国防をめぐる反対や対立は、韓国が核兵器を保有する北朝鮮と今も休戦状態にある国であること、韓国が中国と日本の板挟みである地政学的な不利さをちゃんと理解しているのかを疑わせる。軍事的な観点のみならず、一つの国として、一国民として、国家的な一大事に深い関心を持ち、愛国と自尊の精神で暮らせているか自問したくなる。韓国は中国を恐れ、日本を恐れ、そして北朝鮮を恐れ何もできない「安保恐怖症」どころか、今や国民が怖くて何もできない段階に達したようだ。


スポンサードリンク


生活水準が向上したことによる病気ではあるが、韓国は公共の概念、公益の精神、共同体意識を徐々に忘れ去ろうとしているようだ。国であれ社会であれ組織内で自分に不利なことには耐えられない。自分の家族、我が家、自分の子ども、自分の利益に合致しなければ、全てが関心外だ。そこにそれをそそのかす異質勢力が便乗する。彼らはそれを政府の過ち、企業の利己主義、持てる者の横暴だと拡大解釈する。右派は「米国が守ってくれるだろう」、左派は「中国が韓国を保護してくれるだろう」、親北朝鮮派は「北朝鮮の方が良い世の中だ」などと言い、自力による国防や国益を自分とは無関係かのように考える。そんな安保無神経、国防不感症があまりに広まっている。

政府の管理能力もめちゃくちゃだ。THAAD問題を見ても、発表前に野党に打診して協力を求める配慮、大統領が直接配備地域に出向き、住民を安心させるフェイストゥーフェイスの意思疎通が先行していたならば、事態がここまで悪化しなかったはずだ。特に数日の差を置いて、嶺南(慶尚道)新空港、大邱空港・K2空軍基地統合移転、THAAD星州配備など慶尚道地域の問題をばらばらに処理する政府当局者の思考は愚かすぎる。

こんな韓国を、韓国の安全保障と直結した周辺国はどう考えているだろうか。一番喜んでいるのは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)勢力のはずだ。THAAD配備の問題だけでこれだけ反対世論が渦巻く分解状態を怖がる理由はないだろう。笑顔を浮かべているのは中国だ。中国の鼻息一つで国全体が台風にでも直撃されたかのように騒がしいわけで、韓国はいくらでももてあそべると考えているだろう。

笑いをこらえているのは日本だ。日本は「韓国は自由奔放な国であることを自慢するが、安全保障と国防が奔放どころかあれほど迷走しているとは思わなかった」と考えていることだろう。韓国が最も深刻に考えなければならないのが米国の反応だ。THAAD配備が韓国でニンビー現象に直面し、さらに異質の要素まで便乗してきて、韓国国内で拒否権事案に変質(?)している状況に慌てているかもしれない。そして、「こんな国を米国が中国との対立リスクを覚悟してまで守ってやる理由はあるだろうか」と考えているかもしれない。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/23/2016072300476.html

【管理人コメント】
笑いをこらえているのは日本だ。日本は「韓国は自由奔放な国であることを自慢するが、安全保障と国防が奔放どころかあれほど迷走しているとは思わなかった」と考えていることだろう。

朝鮮日報 金大中顧問の記事である。日本を知らないだけでなく、相当頭が悪いのだろう…。
韓国は戦後、卑劣極まりない国であるとともに、信用ならない嘘の塊であるから、日本政府の悩みの種である。

朝鮮日報の顧問などと言っても、自国はどれほど凄い国と思っているのだろうか…。
日本に無条件降伏後、日本の敗戦を見るや否や、反日政策で今日に至るわけで、日本技術とODAで国が再建できた事、政府が大企業による日本企業への挑戦で、国に似合わない貿易により、動かすドル量の多さから、ドルの偏りが出来て、自国通貨危機の発生の原因の一つに繋がり、世界の厄介国となっている事など知る余地もないだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月24日 09:59 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp