韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本はどうしてこんなにたくさん石油を備蓄するのか

日本はどうしてこんなにたくさん石油を備蓄するのか

世界の情勢が不安定な状況に加え、地震をはじめとする自然災害の頻発も相まって、日本国内におけるエネルギー備蓄は重要さを増している。中国メディア・龍訊財経は20日、日本の石油備蓄の目的について解説する記事を掲載した。

記事は、日本が大量に石油を備蓄する目的について「一つの側面として、日本が石油や鉱物資源に極度に乏しい国であり、国外からの石油輸入に大きく依存していることがある」と説明。また、1940年代には石油ガスの備蓄が需要にはるかに追いつかなかったことが「失敗を招いた最終的な要素の1つ」ともなったとし、日本が同じ轍を踏まないようにしているとの見解を示した。

また、日本は中国の石油輸出価格をコントロールするために大量の石油を備蓄しているのだという見方があると紹介するも、「これは完全に見込みのない話である」と評した。そして、日本が石油を備蓄するのは「基本的な国策であり、供給や物価の安定、突発的事件への対応、国民経済の安全保障といったうえでの有効な手段なのである」と論じた。

記事はさらに、日本が石油備蓄をする一方で天然ガス、石炭、原子力をバランス良く利用していること、さらに太陽光、風力、バイオ、ゴミ、地熱といった新エネルギーの応用も進めていることを紹介。翻って、中国は価値の創出に対するエネルギーの利用効率がまだまだ低く、日本をはじめとする先進国との差が大きいとし「この点において、わが国は絶えず学び、改善していかなければならない」としている。


スポンサードリンク


日本は石油の備蓄にしろ、各種資源の再利用にしろ、新エネルギー研究にしろ「無駄遣いしてしまえばすぐに底をついて困る」という、資源に乏しい国ならではの危機意識に支えられてきたものと言えるだろう。資源を豊富に持っている中国がこの危機意識を身に着けることは難しいかもしれないが、環境を守るための危機意識を持つことは可能なはずだ。
http://news.searchina.net/id/1614833?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
日本の石油備蓄事業は、国の直轄事業として実施している国家備蓄と、民間石油会社等が法律により義務付けられて実施している民間備蓄の2本立てで進められている。国家備蓄は、全国10カ所の国家石油備蓄基地と民間石油会社等から借上げたタンクに約4,782万klの原油および石油製品が貯蔵されており、民間備蓄は、備蓄義務のある民間石油会社等により、約3,288万klの原油および石油製品が備蓄されている。

国家備蓄、民間備蓄を合わせた約8,070万klの石油が、私達国民の共通財産であり、その量を備蓄日数に換算すると約197日分(2015(平成27)年3月末現在)となり、万一石油の輸入が途絶えた場合でも現在とほぼ同様の生活を維持できる。国家石油ガス備蓄基地については、既存設備の有効利用や運営業務の委託等によるコスト削減の観点から、民間LPガス輸入基地の隣接地に建設することが決定され、現在全国5か所で操業中だ。

石油・石油ガスの備蓄事業は、さまざまな人たちによって支えられている。たとえば、国家石油備蓄基地では、基地オペレーターが24時間体制で安全に基地を管理するとともに、万が一の事故・災害を想定した訓練も常時行っている。また、国や独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構では大量の石油・石油ガスをいかに効率的、経済的に備蓄するかを日々検討している。そして備蓄にかかる費用は 国民一人一人の税金なくしては賄えず、私達国民も備蓄事業を支えている。

危機管理に備えてという事だ。
もっとも中国が日本と同じことをしたら莫大な量であるから世界が困るだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月24日 11:37 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
半年分の備蓄量ですね

有事を考えれば1年分は欲しいところですが
まあ良くやっていると言えるでしょう
[ 2016/07/24 15:21 ] [ 編集 ]
学べといっていますが、いつものように口だけ。中国人に備蓄など、逆立ちしてもできません。備蓄設備の維持管理放置、横流しの横行、嘘の備蓄量報告、爆発事故発生、やれと命令されても、まともに執行できる能力はありませんよ。
[ 2016/07/24 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp