韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  中国、韓国のTHAAD配備に「北朝鮮包容」で対抗か

中国、韓国のTHAAD配備に「北朝鮮包容」で対抗か

24日午後2時頃(現地時間)、ラオス・ビエンチャンのワタイ国際空港に、北京を出発して昆明を経由した中国南方航空旅客機が着陸した。旅客機のドアが開かれると、中国の王毅外交部長が黒いスーツにノーネクタイで最初に降りて来た。待機していた韓日など各国取材陣数十人が取り囲み質問を浴びせた。「リ・ヨンホ北朝鮮外相と飛行機で同乗されましたか」、「一緒に乗って来ました。(ここに来るまで)お互いに安否を尋ねあいました」。王毅部長は笑顔で短く答え、記者団の質問に答えず貴賓ターミナルに向かった。王毅部長と1分あまり時差を置き、グレーのスーツを着た大きな体つきのリ・ヨンホ北朝鮮外相が飛行機から降りてきた。

北朝鮮が参加する唯一の域内の多国間安保会議体であるアセアン地域安保フォーラム(ARF)に出席するために来た。第7回労働党大会(5月6~9日)直後に外相に任命され、多国間外交デビューの舞台となる。王毅部長より多い取材陣がリ外相一行を取り囲んだ。矢継ぎ早に質問が飛んだ。「中国との二国間会談の計画はありますか」、「ユン・ビョンセ韓国外交部長官に会う計画はありますか」、「(会議終了後の)28日までラオスに滞在されますが、どのような日程を予定されているのですか」、「感想でも一言お願いします」。

リ外相は何も語ろうとしなかった。外相就任前に6カ国協議首席代表として働いていた当時、達者な英語能力と柔軟な態度で「北朝鮮外交官らしくない」と評判だったリ外相は、沈黙するなか軽い笑顔で通した。リ外相の“沈黙”は、北朝鮮当局の公式見解を“宣伝”しなかったというだけで「否定的なメッセージ」とは見れない。リ外相は空港を出てラオス大統領宮殿に立ち寄った後、宿舎のドンチャンパレス・ホテルに向かった。ドンチャンパレスは中国代表団の宿泊先でもある。


スポンサードリンク


駐北朝鮮中国大使のリ外相の出国見送り(23日)→リ外相と王毅部長のラオス行き旅客機同乗→朝中代表団の同じホテル滞在につながった朝中代表団の異例な“同伴の動き”は注目に値する。朝中両国は昨年のアセアン地域安保フォーラムでは、冷え切った両国関係を反映するように、二国間外相会談をしていない。朝中両国は今年に入っても、北朝鮮の4回目の核実験などに対応した国連安全保障理事会の対北朝鮮決議2270号の採択など、国際社会の対北朝鮮制裁に中国が参加して対立してきた。

このような状況のなかでの北朝鮮と中国の異例な同伴の動きは、中国の「北朝鮮包容」と解釈される余地が十分にある。韓米政府の在韓米軍の「高高度防衛ミサイル」(THAAD)配備決定発表に中国政府が激しく反発してきたことを考えれば、中国政府の「無言の外交メッセージ」とも読み取れる。しかも、南シナ海問題、北朝鮮の核・ミサイル問題、THAAD配備問題などで北東アジア情勢が揺れ動くなかで、6カ国協議当事国の外相がすべて参加するアセアン地域安保フォーラム(26日)をはじめとするアセアン関連の外相会議は「外交戦争」の場であり、韓米両国政府のTHAAD配備決定発表後、対北朝鮮共助が緩むのか判断する試金石と呼ばれてきた。 ユン・ビョンセ外交部長官は24日夜遅く、王毅部長と韓中外相会談を行ない、25日には韓米および韓日外相会談が予定されている。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24733.html

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮のリ・ヨンホ外相は、ARF=ASEAN地域フォーラムに出席するため、24日、会場のラオスに到着し、リ外相は、会議の場で、核・ミサイル開発を正当化するとみられるほか、北朝鮮が関係改善を模索する中国など、各国との接触があるか注目される。

NHKは、北朝鮮のリ・ヨンホ外相は、ラオスの首都ビエンチャンで26日開かれるアジア・太平洋地域の安全保障問題などを話し会うARF=ASEAN地域フォーラムに出席することになっていて、24日、中国経由の便でラオスの空港に到着したと報じた。リ外相は、中国の王毅外相と同じ便に乗っていて、王外相に続いてタラップを降りると、大勢の外国メディアに取り囲まれましたが、問いかけには答えず、出迎えの車で空港を後にしたと伝えている。

北朝鮮はこのところ韓国とアメリカによる最新の迎撃ミサイルシステム「THAAD」の韓国国内への配備決定などに反発を強めていて、リ外相は、会議の場で、「核・ミサイル開発は、アメリカの核の脅威に対抗するためだ」などと正当化して、開発を推し進める姿勢を強調するとみられるとした。

ARFとは、東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議をいう。東南アジア諸国連合は、東南アジア10か国の経済・社会・政治・安全保障・文化に関する地域協力機構。本部所在地はインドネシアのジャカルタ。域内の総人口は6億2000万人(2014年)を超えており、5億人(2014年)の人口を抱える欧州連合 (EU) よりも多く人口増加率も高い。2013年の加盟国の合計のGDPは2兆4,104億米ドルであり、日本のGDPの約半分の規模である。ASEANを一つの国家として見た場合、世界7位の規模を持つことになる。

日本がアセアンとの価値観外交を進めるに当たっては、港や道路などハードのインフラの整備だけでなく、投資環境整備にもつながる法整備支援や、人材育成といったソフトのインフラ整備への協力を、日本の役割として位置付けることが重要と指摘されている。同時に今回の会議では安全保障において、北朝鮮そして中国と韓国の間で日本の立ち位置は難しいが、北朝鮮外相が出席すること自体は前向きな姿勢をアピールした形である。結果どうなるかは韓国のTHAAD防衛における話をしっかりと伝えられるかにあるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月25日 09:45 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp