韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国政府、慰安婦財団発足式と知らせず被害者を動員

韓国政府、慰安婦財団発足式と知らせず被害者を動員

政府が今週スタートする「日本軍慰安婦財団」発足式に「日本軍慰安婦」被害者ハルモニ(おばあさん)と個別接触して発足式を案内し、出席を促したことが確認された。この過程で「昼食接待」を口実に被害者を動員しているのではないかという疑惑が提起された。「和解と癒し財団」という名前のこの民間財団は、昨年12月に韓日両政府が締結した「日本軍慰安婦」問題合意により設立される財団で、28日に発足するという。

韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)によれば、20日から22日の間に10人余の被害者ハルモニが外交部から正確な行事の目的や趣旨を告知されずに「来週水曜日に食事を提供するので出席してほしい」という要請を受けたり、あるいは女性家族部から「28日にお金が出てくるので受け取りに発足式に出席してください」などと言われていたことが分かった。挺対協に対して電話を受けた事実を知らせてきた一部の被害者は「具合が悪く出席できない。ただ通帳に振り込んでくれれば済むことではないか?」と尋ねたりもしたが、女性家族部関係者は「本人に来ていただく必要がある。具合が良くないのならお迎えに行く」と話したと挺対協は主張した。

これに対して女性家族部は「発足式を案内し、参加を促す過程で内容が誤って伝わったようだ。出席しなければお金を与えないというような話は絶対にしていない」と明らかにした。また外交部は「財団設立前にハルモニたちに財団設立の趣旨などを説明差し上げる席を用意しようと考えたが、多くのハルモニが露出を敬遠するので、非公開で昼食会を行おうとしただけ」と話した。


スポンサードリンク


挺対協のリュ・ジヒョン幹事は「(ハルモニたちが)話を伝える過程で表現が一部変わったことはありうるが、同じような内容が複数のハルモニから聞こえてくる以上、単純な歪曲伝達とは見られない」と話した。挺対協のユン・ミヒャン代表は「(発足式に出てこなければお金を与えないという)そういう話は全くしていないと言うが、それではハルモニがなぜ『通帳に振り込めば済むことではないか』という話をされたのか」と疑問を提起した。

被害者支援団体は今回の事態が「政府の言葉が誤って伝わったかどうか」ではなく、被害当事者が望まない方式で和解を強要する政府の一方的なやり方が問題の本質だと指摘した。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24728.html

【管理人コメント】
朴槿恵はすでに死に体となり、慰安婦財団発足式とはいえ、いつもの韓国政府のやり方だが…。
先送りばかりで何も決まらないのではないか…。

韓国の慰安婦が生きている間は無理だろう…。弱腰政府で、大統領選ばかりに関心が向き始めた今、朴槿恵は任期全うに向けてしっかり仕事をする事は無いわけで、来年からは交代準備に入るだろう。告げ口外交に卑劣な韓国を露呈した朴槿恵は、実績は借金拡大のみでは、何とも困った大統領である。任期中に通貨危機或は北朝鮮から攻撃を受ける可能性が残っているが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月25日 10:55 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
朴大統領は結局何の成果もなく退陣するんでしょうね。あんなわがままなだけの普通のおばさんを大統領にした韓国民族。おかしな人種ですね。
[ 2016/07/25 17:04 ] [ 編集 ]
思うんですけど
確かに、朴槿恵に大統領の器量が有ったかと言えば疑問ですが。かと言って、大統領の器量のある人物が現れば、あの韓国が統べられるのか?

うーん、難しいと思いました。

朴槿恵がレームダックなんじゃなくて、国自体がレームダックなんじゃないかと。

ふと、芥川龍之介(?)だったでしょうか、小説「蜘蛛の糸」が脳裏を過ぎりました。

亡者が群がって、せっかく天上界から垂らされた蜘蛛の糸が切れてしまう。

結局、あの国は上から力でねじ伏せる以外に適当な方法がなく、ところが上に立つ者も結局は腐る。

そこで生まれた権力や既得権、財力がまた不満(恨)を助長する、その繰り返しの無限ループ。

スピリチュアルは信じない質(たち)なんですが、大昔、宜保愛子さんという自称霊能力者が、彼の国を評して言った「地獄」と言う表現だけは、妙に腑に落ちたりします。

権銭交換と言うのでしょうか、あの国では、アイデアが有ろうが、商才が有ろうが、努力家で有ろうが、そんな事で立身の途が拓く事は少なく、結局、どこかで権力と繋がった既得権者が全て奪ってしまいます。

では、一般庶民はどうか?
同じです。

表裏一体と言うか、立場が変われば既得権を行使するんです、被害者ビジネスもその一つの現象に思えます。被害者という既得権を行使してるんです。

もしも、この世に、スピリチュアルな世界が存在するとすれば、彼の国は地獄の一つで、罪深い者が輪廻転生する半島なのかも知れません。

さしづめ「餓鬼道」でしょうか?

彼等は、一人一人に「恨」がインストールされた状態で生まれ変わって来るかのようです。

まっ、スピリチュアルは言い過ぎですが、少なくとも、歴史や地政学的な位置や構造や文化が、そのようになってるように思います。そのせいで、仮に潜在力が有ったとしても、それを活かしきる事は難しい。

そんな風に観測します。
[ 2016/07/25 18:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp