韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  困ったときに頼れる人がいない韓国人

困ったときに頼れる人がいない韓国人

「あなたには困ったときに頼れる家族や友人がいますか」
韓国ではこの質問に「いる」と答えた人が10人中7人で、経済協力開発機構(OECD)加盟国で最も低かった。国会立法調査処が2015年の社会統合指標を分析した結果、韓国は同指標11項目のうち「社会的関係」を示す項目が特に低かった。社会的関係を示す項目は、世論調査機関のギャラップが各国で15歳以上の男女1000人に冒頭の質問をした結果に基づいている。

韓国人の72.4%は「困ったときに頼れる家族、友人、同僚がいる」と答えたが、「いない」との回答も27.6%に上った。「いる」との回答は09年から14年の間に7ポイントも低下し、調査対象36カ国(OECD加盟34カ国とブラジル・ロシア)のうち最低だ. 「いる」との回答が最も高かったのは、スイス(95.8%)、デンマーク(95.0%)、ドイツ(93.6%)、オーストラリア(92.0%)などで、米国(90.0%)、日本(88.5%)なども全体平均(88%)を上回った。 

OECDは「周囲の人々の支援を受けられなければ、生活の質が大きく低下する半面、社会的なネットワークが強固な国では働き口も容易に見つかり、健康状態も良かった」と指摘した。 ソウル大社会学科の張徳鎮(チャン・ドクチン)教授は「韓国人が情に厚いというのは昔話だ。マウル(集落)など伝統的な共同体が瓦解し、社会問題を共に解決するのではなく、各自が世の中を生きていくという雰囲気が広がっているためだ」と分析した。


スポンサードリンク


一方、OECDの社会統合指標を見ると、韓国は10点万点で平均5.0点だった。これも全体平均(6.0点)を下回る水準だ。 社会統合指標は社会的関係、教育、雇用、個人の安全など11項目の点数を平均した数値で、韓国は教育(8.0点)、雇用(7.7点)、個人の安全(7.6%)などの点数が比較的高かったが、仕事と生活のバランス(5.0点)、人生の満足(3.3点)、社会的関係(0.2点)という項目で点数が低かった。

調査対象36カ国のうち社会統合指標が最も高かったのは、ノルウェー(8.0点)、デンマーク(7.9点)、スイス(7.8点)、スウェーデン(7.7点)の順で、韓国よりも低い国は、チリ(4.5点)、トルコ(3.8点)、メキシコ(3.4点)などだった。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/25/2016072500614.html

【管理人 補足記事&コメント】
内閣府の調査では、
「困ったときに頼れる人がいない」者は、全体では3.3%である。一方、男性単身世帯では24.4%
「困ったときに頼れる人がいるか」について聞いたところ、全体では96.7%が「いる」と回答し、「いない」と回答した者は3.3%であった。一方、属性別にみると、男性の一人暮らしでは24.4%、女性の一人暮らしでは9.3%が「困ったときに頼れる人がいない」と回答、また、未婚者では20.2%、離別者では11.3%、暮らし向きが苦しい人では10.7%であった。

「友人との付き合い方」について聞いたところ、「友人との付き合いが少ない」と回答した人は全体で13.5%であった。一方、属性別にみると、男性の一人暮らしでは19.3%、女性の一人暮らしでは18.5%、健康状態がよくない人では27.1%、未婚者では28.7%、暮らし向きが苦しい人では28.8%であった。

「近所との付き合い方」について聞いたところ、「ほとんど付き合いがない」と回答した人は全体の5.9%であった。一方、属性別にみると、男性の一人暮らしでは21.6%、未婚者では21.2%、健康状態がよくない人では13.9%であった。

属性別に分析すると男性の一人暮らしでは、「日頃の会話が少ない者」が5人に2人以上、「困ったときに頼れる人がいない者」が約4人に1人、「近隣との付き合いがほとんどない者」が5人に1人以上と社会から孤立している者が多い。女性の一人暮らしでは男性の一人暮らしほどではないが、他の世帯と比較すると孤立している者が多く、特に「日頃の会話が少ない者」は約3人に1人となっている。

婚姻状態別では、未婚者は孤立している者が多い。未婚者では「日頃の会話が少ない者」・「友人の付き合いがない者」は約3割、「困ったときに頼れる人がいない者」・「近隣との付き合いがほとんどない者」は約2割であった。また、離別者も孤立している者が多く、死別者と比較すると、「日頃の会話が少ない者」の比率は約1.7倍、「困ったときに頼れる人がいない者」の比率は約3倍、「近隣との付き合いがない者」の比率は約1.6倍であった。

日本社会も高齢化や一人暮らしにおいて孤立化しつつある。
韓国記事で10人中7人も困ったときに頼れる人がいるわけで、多額の借金を抱える人が、多額の借金を抱える人に相談する事になるが、それでも頼れる人が70%以上と言う数値は、単にそう思っているだけで現実的ではないと思うが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月25日 11:17 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp