韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  VW聴聞会で異なる主張 「書類上のミス」「認証制度揺るがす重大事案」

VW聴聞会で異なる主張 「書類上のミス」「認証制度揺るがす重大事案」

排出ガス不正疑惑で環境部の聴聞会の対象となったアウディ・フォルクスワーゲンコリアが、「書類上のミス」だとして重ねて釈明したが、政府は自動車認証制度そのものを揺るがしかねない事案と見て、予定通り行政処分を下す方針だ。

25日、仁川(インチョン)西区の国立環境科学院で非公開で行われたフォルクスワーゲン社の認証ねつ造をめぐる聴聞会には、アウディ・フォルクスワーゲンコリアのヨハネス・タンマー代表とチョン・ジェギュン副社長らが出席した。聴聞会終了後、彼らは記者団に「関連事項について十分説明し、善処を求めた。残っている手続きについては環境部と国立環境科学院と協力し、早急に解決策を見出すようにする」と明らかにした。 環境部は先週12日、排出ガスと騒音のねつ造などの容疑で、アウディ・フォルクスワーゲンの79モデルについて、認証取り下げの方針を通知した。同日の聴聞会は、弁護を担当する大手法務法人の関係者など約10人が同席した中、1時間10分間にわたり行われた。

フォルクスワーゲン側は、問題になった車の認証関連書類を作成する過程でミスがあったと主張し、排出ガス量の違法なねつ造はなかったとして、善処を求めた。しかし、政府は認証の取り消しなど行政処分を予定通り強行するものと予想される。国立環境科学院のキム・ジョンス交通環境研究所長は「フォルクスワーゲン社はこれまでの釈明を繰り返したが、確認された違法行為は認証制度そのものを揺るがしかねない重大な問題だと判断される」と指摘した。


スポンサードリンク


フォルクスワーゲンは、政府が認証の取り消しと販売禁止などの行政処分を予告した79モデルに対する売買契約や新車登録を同日から中止した。環境部は聴聞会の結果をもとに、来月初めまでに行政処分を確定する計画だ。同社は政府決定が確定されれば、行政処分の取り消しを求める訴訟を起こすことも検討していることが分った。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24737.html

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、「ディーゼルゲート(排ガス不正)」で米国の消費者に147億ドル(約17兆4000億ウォン)規模の賠償金を支払うことにしたフォルクスワーゲンの韓国法人が関連の立場を表したと報じている。 要旨は「韓国は米国と違って法的に問題にならず、賠償はできない」ということだ。アウディ・フォルクスワーゲン・コリアは29日に出した釈明資料を通じて、「韓国・欧州では法的に任意設定(排出ガスソフトウェア操作)に該当しない。米国でのみ法的に任意設定を問題にすることができる」と一線を画した。「米国で出した賠償案はフォルクスワーゲンの法的責任を認めたものではない」とも付け加えた。

韓国・欧州をはじめとする他の国は米国と状況が違うため、米国のように賠償する計画はないという点を明確にした。フォルクスワーゲン側は「米国は排ガス許容基準が韓国・欧州に比べてはるかに厳格であり、車両の構造も異なる。米国以外の他の地域の法律・規定に適用したり影響を及ぼす事件ではない」と強調した。 韓国の状況については「(問題になった)EA189エンジンを搭載したディーゼル車は2007年12月-2011年12月に環境部の認証を受けた。国内法上の任意設定規定は2012年1月から施行され、問題にならない」と主張した。米国では関連規定があるが、韓国では規定ができる前に導入されたため問題にならないということだ。

「道義的責任」は強調した。フォルクスワーゲン側は「今回のイシューを深刻に受け止めている。韓国の顧客の信頼が墜落したのは遺憾であり、道義的な責任を感じる」とし「政府部処と問題を早期に解決し、消費者の被害を最小化できるよう最善の努力をする」と明らかにしたわけで、それで終わりだろう…。現代自も排出基準で大きく上回っているわけで、逆に問題視されないことを祈るが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月26日 10:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp