韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  外国人教授が次々と去るソウル大学

外国人教授が次々と去るソウル大学

韓国出身でデンマークの里親に引き取られ、後にソウル大学教授に採用され大きな話題となったパク・ソレンソン教授(37)が、わずか4年後に香港中文大学に移っていたことが25日までに分かった。生後8カ月でデンマークに行ったソレンソン氏はロンドン大学で英文学の博士学位を取得し、ケンブリッジ大学で研究教授として勤務。2011年にソウル大学自由専攻学部教授として採用された。ソウル大学の関係者は「ソレンソン氏は母国に奉仕したい考えで韓国に来たが、海外の大学に比べて給与や研究環境などが立ち後れていることに失望し、より良い条件が提示された香港の大学に移った」と説明した。

ソウル大学は国際的な競争力向上を目的にこれまで多くの外国人教員を採用してきたが、彼らの多くが数年でソウル大学を去り、定着しないことが問題となっている。ソウル大学が与党セヌリ党の李鍾培(イ・ジョンベ)議員に提出した「ソウル大学の運営成果に関する評価報告書(2016年度版)」によると、2015年の時点でソウル大学の全教員のうち外国人専任教員が占める割合は5.5%で、13年の5.5%、14年の5.4%と比べて3年連続で横ばい状態にあることが分かった。

これは10-20%の東京大学、香港大学、シンガポール大学などアジアの主要大学はもちろん、延世大学(7.6%)、高麗大学(7.0%)、成均館大学(6.6%)など同じ韓国の主要私立大学と比べても低い。李鍾培議員は「ソウル大学は毎年、新規採用教員のうち10%を外国人としているが、外国人教員の割合が高くならない理由は、採用した人数と同じ数の教員が退職するからだ」と指摘する。


スポンサードリンク


外国人教員がソウル大学を去る大きな理由の一つは、他大学に比べてソウル大学の給与水準が低いことにある。ソウル大学建築学科に4年間勤務し、昨年香港中文大学に移ったピーター・ペレット教授(44)によると、香港中文大学ではソウル大学の3倍の給与が保証されているという。ソウル大学工学部のある教授は「韓国人であれば『ソウル大学教授』を社会的に非常に名誉ある地位と考えるため、給与が安くても受け入れるケースが多い。

しかしソウル大学の教授職をさほど大きな名誉と考えない外国人の場合、海外の大学から高い給与が提示されれば、それを断る理由などないだろう」と指摘する。しかもソウル大学教授の給与は韓国国内の私立大学よりも低い。ソウル大学評議委員会によると、昨年のソウル大学教授の平均年俸は1億500万ウォン(約970万円)で、これは延世大学(1億6200万ウォン=約1500万円)の65%、成均館大学(1億3400万ウォン=約1240万円)の80%だ。

世界的に見てソウル大学のランキングが低いことも、外国人教員がソウル大学を去るもう1つの大きな理由だ。かつてソウル大学芸術学部に勤務していた英国アルスター大学のラルフ・サンディ教授(53)は、アルスター大学のほぼ半分レベルの給与を甘受してソウル大学にやって来た。その理由は給与よりも韓国美術について知りたい思いが強かったからだが、それでもサンディ氏はわずか4年で元のアルスター大学に戻った。サンディ氏は韓国を去る際「韓国もソウル大学も本当に気に入ったが、韓国の学界は非常に遅れているため、このままでは自分も淘汰(とうた)されるという不安を感じ耐えられなくなった」と語っていたという。
朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/26/2016072601010.html

【管理人 補足記事&コメント】
1946年10月15日、当時のアメリカ軍政庁の指示・指導のもと、9つの専門学校(京城医学専門学校、京城法学専門学校、京城歯科医学専門学校、京城工業専門学校、京城鉱山専門学校、水原農林専門学校、京城経済専門学校、京城師範学校、京城女子師範学校)を統合して一つの国立大学を開設しようとする「国立ソウル大学校案」(国大案)によって開設された。

中央日報は2014年10月に、東京大学が世界500大大学ランキングで24位に入ったと報じた。 米国の週刊誌「U.S. News&World Report」は、アメリカ、欧州、アジア、オセアニアなど4大陸49カ国500校を対象にした世界大学ランキング(Best Global Universities)を28日(現地時間)、発表した。 東京大学は総点71.3点で世界で24位、アジア圏では1位に入った。アジア圏は東京大学に次いで北京大学(39位65.7点)、香港大学(42位64.7点)、シンガポール国立大学(55位62.6点)、京都大学(60位61.6点)、精華大学(67位60.3点)、ソウル大学(72位59.4点)の順だった。

総合1位は100点満点のハーバード大学が占めた。次いでマサチューセッツ工科大学(MIT、88.9点)、カリフォルニア大学バークレー校(UCバークレー、88.0点)、スタンフォード大学(85.1点)等、米国の大学が上位圏をさらったし、非米国の大学では英国のオックスフォード大学(83.6点)が最も高い5位に入った。

最近の韓国では人権問題等々…、環境も悪いわけで、給料だけの問題だけではないだろう…。
まして国際的評価も低いのでは…。もっとも日本の東大も必至だが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月26日 11:35 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp