韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本に広まる「在宅勤務革命」、メガバンク3行が本格導入

日本に広まる「在宅勤務革命」、メガバンク3行が本格導入

日本3大銀行の一つである三井住友銀行が今月末から全従業員の3分の2に当たる約1万8000人を対象に在宅勤務を拡大・導入することを日本経済新聞が25日、報道した。三菱東京UFJ銀行は今月から在宅勤務を実施しており、みずほ銀行も年内をめどに在宅勤務を実施する方針ということで、日本の大手銀行3行は年内にすべて在宅勤務体制に入ることになる。

三井住友銀行はこれまで本支店の約500人を対象に在宅勤務制を試験導入してきたが、在宅勤務の評価が良いことから、今回は営業、買収・合併、外国為替業務などを担当する総合職のほか一般職などにも対象を広げることにした。同行はセキュリティー対策を施した業務用端末を支給し、自宅でも業務ができるようにする。在宅勤務の導入で銀行は時間外労働を減らし、経費節減効果があるだろうと同紙では分析している。

日本では、在宅勤務方式が銀行だけでなく全産業界に広がる傾向にある。日本を代表する自動車メーカーのトヨタは、来月から入社5年目以上の社員を対象に、週に2時間だけ出社して働き、あとは自宅で仕事をする制度を導入する。毎週会社に出勤する2時間も、会社ではなく個人で決められるようにする方針だ。


スポンサードリンク


流通業のイオングループも今年初め、東北地方を中心に大型スーパーマーケット「イオンスーパーセンター」の店長や店舗管理職を対象に毎月最大5日前後、在宅勤務を可能にした。消費財メーカーのユニリーバ・ジャパンも今月から社員400人について「自由時間在宅勤務制度」を実施している。

日本の企業や銀行が続々と在宅勤務を導入しているのは、人口減少に伴う人材不足に対応するためだ。総務省によると、日本の現在の生産可能人口(15-64歳)は7659万人で、5年前に比べ約460万人減少している。在宅勤務は老父母を介護するため働き盛りの年齢で仕事を辞める「介護離職」や、女性の職場離れを減らす効果がある。日本女子大学の大沢真知子教授は「大手企業から始まった在宅勤務制を今後、どのように中小企業まで広げるかがカギだ」と話している。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/26/2016072600669.html

【管理人コメント】
小さい子供の面倒を見るとか…。。。
一見効率的なようだが、仕事に集中できないだろう。

子供が手を離れた年代でいえば、私などは孤独感に襲われますよね~。
通勤の無駄を省き、集中できる分、その反動も大きいという事です。

また仕事ができる部屋を持っていないと難しい…。在宅勤務と言っても、私の年代では1990年から様々な取り組みを試したわけで成功には至らなかった。私の経験では、在宅勤務と言うのはかなり難しい選択と考える…。もっとも週に2日とか…、自由度があれば、精神的には緩和するが、日本人に適しているとはいいがたい…。いつも飲んで夜遅いご主人を持つ家庭には、良い面と悪い面があるのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月26日 11:49 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
わかってないですね。
在宅勤務で一番進んでいるのは製薬会社の解析グループです。出社は週一とか月二とか。。。これはしょうがない。ただ、データ入力して、解析するだけだから。。。それと銀行は違うでしょう。。。邦銀もばかだな。みずほは最近上級SE募集。しかも契約社員で年俸600−800万程度。だれが応募するんだ?地獄ですよ。なんたって数千億の統合システムうまく行ってない。かなりやばいらしい。最悪、数千億だいなし。。。特に笑えるのは、外国人の応募不可。。。よっぽど外国人社員にひどい目にあったんでしょうね!
[ 2016/07/26 12:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp