韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本、円高で輸出減少、物価は「ストップ」

日本、円高で輸出減少、物価は「ストップ」

日本銀行(日銀)の黒田東彦総裁が28、29日の金融政策決定会合を控えて深く悩んでいる。日銀がこの日の会合で追加の量的緩和を断行するという期待感から日本円はこの1カ月間で6円以上も落ちたが、市場の期待に及ばない緩和案が発表されれば反騰するという見方が支配的であるからだ。

ブルームバーグ通信が金融政策決定会合を控えて実施したアンケート調査で、41人のエコノミストのうち32人が今回の会議で日銀が追加の量的緩和をすると予想した。10人のうち8人で、2013年4月に日銀が量的緩和に入った後、最も高い「追加緩和」回答率だ。追加緩和案(重複回答)としては72%が上場指数ファンド(ETF)買い入れ限度拡大を予想し、現行-0.1%のマイナス金利の追加引き下げ、年間80兆円規模の国債買い入れ限度拡大などの順だった。しかしこうした案は円高基調を抑えるは力不足という評価が多い。莫大な国債などを抱える日銀はこれ以上の無理な量的緩和案を出すのも難しい状況だ。

日本経済は今年上半期、円高で急ブレーキがかかった。昨年末1ドル=120円台だった日本円は、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)決定直後の先月24日、100円に近づいた。日本財務省はこの日、今年上半期の輸出が34兆5183億円と、前年同期比8.7%減少したと発表した。2009年下半期(-23%)以来6年6カ月ぶりの最大減少幅だ。5月の消費者物価指数(CPI)は前年同期比0.4%下落し、3カ月連続で後退した。日銀が目標とする「2017会計年度(2017年4月-2018年3月)2%物価目標」達成がますます難しくなっている。


スポンサードリンク


日銀が追加の量的緩和に踏み切るという期待がいつよりも高まっている理由だ。20兆-30兆円の大規模な景気浮揚策を準備中の日本財務省内でも、政府と政策の歩調を合わせるレベルで日銀が「今回は何かをするしかないのでは」という雰囲気が強いと伝えられた。

日本円はブレグジットと世界経済の不確実性による安全資産選好現象で持続的に上昇圧力を受けている。黒田日銀総裁は主要20カ国・地域(G20)中央銀行総裁会議で記者らに対し、「必要なら追加の金融緩和措置を講じる」とし、可能性を開いておいた。 しかし日銀が追加の緩和を断行しても円安が続くという保証がない点が負担だ。みずほ銀行の唐鎌大輔チーフマーケットエコノミストは「追加の緩和をしてもしなくても会議後に円高になるのは変わらないだろう」という見方を示した。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/667/218667.html?servcode=300§code=300

【管理人コメント】
中央日報は、日本経済よりは自国の経済を心配したほうが良い。日本経済を日本語で報じても…。日本の有能な人材が分析して報じている多くの記事のほうが韓国メディアはよりはるかにましである。

日本の為替は周期から言えば来年あたりから円高になるが、現状は様々な問題により、結果として今年からという事になる。従って金融緩和で円安に出来る状態ではない。しかし今までが長い円高で企業は内部留保金を貯めてきたわけで、韓国企業とは大違いである。重要なのは為替に強い企業にする事である。成長戦略の加速が重要だが、加速は言葉だけでそう簡単ではない。最低3年はかかる。今年はその3年目となる。成長戦略のシステムが身に付けば、利益はまた確保できるだろう。

最も現時点でも内部留保金は上昇するわけで、韓国メディアは自国企業を心配する事である。日本の為替は貿易を考えれば、輸出重視の円安が良いとも言い難いわけで、程よい数値で推移するのが望ましいと考えれば、105円程度の推移が望ましいのではないのか…。 日本は内需国であるから、韓国の様な貿易に頼る国と比べてもらっては困る…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月26日 13:31 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp