韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ポケモンGO、すでに飽きた?

ポケモンGO、すでに飽きた?

米国で拡張現実(AR)モバイルゲーム「ポケモンGO」ブームがピークを過ぎて下降しているという分析が出てきた。ポケモンキャラクターの版権を保有する任天堂の株価も下落に転じた。

24日(現地時間)の米アンケート調査会社サーベイモンキーによると、ポケモンGOの一日平均利用者数(DAU)は14日、約2500万人で最多となった後、減少に転じたことが分かった。20日には約2200万人台に減った。

ポケモンGOのダウンロード件数もピーク時に比べて6分の1程度に減少した。ダウンロード件数は発売当日(7日)と12日にそれぞれ600万件に迫って最多となった後、急激に減少し、20日基準は約100万件に減少した。

発売初期に多数の利用者が集中して発生した接続障害が利用者減少の原因の一つに挙げられる。当時、米国や欧州で数百人の利用者がゲームに接続できないと不満を表した。


スポンサードリンク


利用者の数が短期間に急増したため、定位置に落ち着いていくという分析もある。サーベイモンキーの関係者は「ポケモンGOは使用者数が信じられないほど短期間に増えた」とし「一方、英キングのモバイルゲーム『キャンディークラッシュ』のような世界的なヒット作はダウンロード件数がゆっくりと増加し、数カ月後にピークを迎えた」と話した。

ポケモンGOの利用者数が減少する中、任天堂の株価も下落に転じた。25日の東京証券取引所によると、任天堂の株価は前日比17.71%下落の2万3220円で引けた。この日、任天堂が「ポケモンGOの興行が自社の実績に及ぼす影響は制限的」と発表したのが影響を及ぼしたという評価だ。任天堂はポケモンGOの開発会社であり配給会社の米ナイアンティックラボの一部の株式とポケモンキャラクターの販売・管理を担当してきたポケンモンカンパニーの株式を32%保有している。モルガン・スタンレーMUFG証券は「任天堂の発表は合理的な水準の市場期待値を維持するためのメッセージとみられる」と分析した。
韓国経済新聞
http://japanese.joins.com/article/670/218670.html?servcode=300§code=300

【管理人コメント】
ゲーム1つで社会現象となるというのも珍しいが…。
そういえばPCを自作していたころと言うのは、とあるPCゲームを美しい画面で、フレーム数を確保し、スムーズに動作させたいがために、PC自作しNVIDIA社のgeforceシリーズを購入したPCマニアも多いだろう。しかし、スマホゲームやりたさでスマホを購入するという事は無い。

今のスマホは、素晴らしいグラフィック性能を持つわけで、この性能もそれほど生かされていない様だ…。
最近の傾向は、またシンプルなゲームに戻りつつある…??



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月26日 13:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp