韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国人がいくら罵っても「日系車の販売台数は実際には大きな伸び」

中国人がいくら罵っても「日系車の販売台数は実際には大きな伸び」

中国のネット上で見かける日系車に対する批判的な言論と異なり、日系車や現実の世界では販売台数を伸ばしている。自動車情報プラットフォームのマークラインズによれば、マツダの2016年6月における中国での販売台数は前年同月比15.7%増、日産は同11.1%増、さらにホンダは同31.8%増となった。

中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人が日系車を罵っても、実際には販売台数が大きく伸びている」と指摘し、中国人の誰かは「言動が一致していない」と主張する記事を掲載した。記事は、日系各メーカーの6月における販売実績が非常に良かったことについて、小排気量の自動車に対する減税策や値下げといった販売台数を伸ばす要因があったにしても、「中国の消費者すべてに認められているわけではないにもかかわらず、販売台数を伸ばし続けていることは日系車の強靭さを示すもの」であると主張した。

さらに、日系車の販売が伸びている大きな理由は「中国人消費者がコストパフォーマンスを重視して車選びを行っているため」であるとし、コストパフォーマンスに優れた日系車が人気となっていると指摘。さらに日系車の勢いは今なお衰えず、中国自動車市場で大きなシェアを獲得していることは認めざるを得ない事実だと指摘した。


スポンサードリンク


また、ホンダが重希土類を一切使用しない「重希土類完全フリー磁石」を実用化したことや、マツダが車両制御技術「G-ベクタリングコントロール(GVC)」をアクセラに搭載したことは「日系メーカーが自動車産業の最先端を走っていることを示す事例」だと指摘。中国人消費者は世界でも最先端の存在に対して不買運動を行うのではなく、むしろ自国の自動車産業が発展するよう、自らがすべきことをするほうが得策であると論じている。
http://news.searchina.net/id/1615227?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
昨年、中国では2460万台もの新車が売れた。日本(504万台)の5倍弱、米国(1747万台)の1.4倍という、文句なしに世界最大の自動車市場だ。

そんな巨大市場で、昨年最も売れた日本車の名前をご存じだろうか。
答えは日本を代表するグローバルカーのトヨタ「カローラ」。
…でもなければ、ホンダ「アコード」でもない。

日本市場では地味で目立たないイメージのある日産の小型セダン「シルフィ」である。
シルフィは日産自動車と中国の東風汽車の合弁会社「東風日産乗用車」で現地生産されている。中国名は「軒逸」(シュエンイー)。昨年の販売台数は前年比11.3%増の33万4100台に達し、乗用車の販売台数ランキングで第4位に食い込んだ。

トップ10に入った日本車はシルフィのみ。セダンのカテゴリーに限れば、上海フォルクスワーゲンの「ラヴィーダ」に次ぐ堂々の第2位である。 と、ここまで読んで疑問を感じないだろうか。中国経済の成長が減速するなか、高額な耐久消費財である自動車の売れ行きは真っ先に影響を受けるはずだ、と。実際、昨年の自動車市場全体の成長率は4.7%と、前年(6.9%)よりも鈍化している。

とは言え、中国は自動車普及率がまだ低く、息の長いモータリゼーションの途上にある。経済減速の打撃が大きいのはトラックやバスなどの商用車であり、個人のマイカー購入熱はそれほど冷めていない。乗用車だけで見れば、昨年の成長率は7.3%と比較的高い水準を維持している。

そんななか、シルフィの販売の伸び率は乗用車の平均を4%も上回った。しかも、現行モデルの発売は2012年。モデルチェンジから4年目の地味なセダンが、市場平均を超える高い成長を見せ、ランキング上位に食い込むなんて、日本市場ではちょっと考えられないが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月28日 18:44 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp