韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の主力艦載機「殲15」、訓練中に墜落

中国の主力艦載機「殲15」、訓練中に墜落

中国初の航空母艦「遼寧」の主力艦載機として開発され、テストが進んでいる「殲15」戦闘機(写真)が訓練中に墜落し、パイロットが死亡したという。事故のニュースは、発生からおよそ3カ月を経て国営メディアによって公にされた。中国当局が空母艦載機の事故を公にするのは異例。

今年4月27日、陸上の基地で空母への着艦訓練を行っていた殲15戦闘機1機が、降下中にデジタル飛行操縦制御システムが故障して事故を起こし、パイロットの張超少校(少佐に相当)=29=が死亡した。中国中央人民放送(CNR)が27日に伝えた。同放送によると、事故の際、張少校は非常脱出を試みたが、地面に落下して重傷を負い、治療中に亡くなった。

しかし中国人民解放軍海軍は、事故が起きた基地がどこなのか、事故を起こした戦闘機はどのような状態だったのかなどについては明らかにしなかった。

殲15は、中国が空母保有戦略と歩調を合わせて艦載用に開発した戦闘機で、折り畳み式の翼や強化されたランディングギアなどを有している。中国は今年3月、殲15が空母「遼寧」から離着艦する場面を公開している。


スポンサードリンク


香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙は、今回の墜落事故で殲15開発計画に支障が生じ、中国の空母運用戦略も打撃を被ったと伝えた。マカオ国際軍事学会のアンソニー・ウォン(黄東)会長は、同紙のインタビューで「今回の事故は、殲15が空母艦載機の基準に達していないということを示している。1980年代当時、ソ連のスホーイ27戦闘機がそうであったように、飛行制御装置の故障や品質の問題で墜落したこともあり得る」と語った。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/29/2016072900740.html

【管理人 補足記事&コメント】
J-15は、中国人民解放軍海軍の策定した中国の空母建造計画のために、瀋陽飛機工業集団および601研究所により開発された艦上戦闘機である。

ロシアの軍事専門家たちは、世界的な兵器市場におけるどのような重要なコンペティションであってもJ-15を軽視しており、2010年6月初めにロシア国防省のイゴール・コロチェンコ大佐は、「中国の模造品であるJ-15はロシア製のSu-33艦上戦闘機と同等の性能を達成することができないだろう。また私は、中国が相当数のSu-33を購入するためにロシアとの交渉へ戻る可能性を排除しないと説明。中国はロシアからのSu-33の購入を求め、非常に多数の機会において活発化していたが、諸々の交渉は、2006年にSu-27SKを基として中国の開発した戦闘機J-11Bが、知的財産権協定に違反していることが発覚した後に挫折し、提案は2009年3月の段階でも成立の見込みは無いとした。

その後、J-15はSu-33の試作機であるT-10K-3をベースに、J-11B計画からのアビオニクス(AESAレーダー、電波吸収体、ミサイル警報装置、IRST)や航空技術を投入した。チャイナ・サインポストでは、J-15が「おそらくF-22を除き、事実上、各国軍隊で運用されている全ての現用戦闘機と空気力学的な性能は対等か凌駕する」としているが…。

チーフデザイナーを務めた孫聡は爆弾の搭載量、戦闘行動半径、機動性がF/A-18と一致する可能性があるが、同様の声明の中で彼はより電子機器との戦闘システムの改良、国産エンジンの成熟が必要と述べている。中国人民解放軍国防大学の胡思遠は、「J-15の目下の弱点は、ロシア製のAL-31エンジンが、アメリカ製のF-35(のF135ターボファンエンジン)よりも出力に劣ることにある」と述べている。

武装についてはJ-11Bと同様の兵装を搭載できるとされるが、Su-33同様スキージャンプ発進方式を採用しているため空母での運用時はペイロードは大幅に制限されるという。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月29日 10:42 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp