韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  「ポケモンGO」 消費押し上げ効果に期待 プレー不能な隣国から来日も?

「ポケモンGO」 消費押し上げ効果に期待 プレー不能な隣国から来日も?

任天堂のスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が世界中で社会現象になっている。7月6日に米国、オーストラリア、ニュージーランドで先行配信され、爆発的な人気になった。

筆者も22日に日本での配信開始直後にダウンロードし、早速やってみた。なかなか面白い。家の外に出て近くの公園に行くと、ポケモンGOをやっている人が多く、顔を合わせて思わず笑ってしまった。

プレーヤーは実際に現実世界を歩き回って探索してポケモンを捕獲・育成などをする。「ポケストップ」というマップ上のあらゆる場所(名所旧跡・有名なモニュメント等)に配置され、さまざまなアイテムを補給できる拠点もある。なにより、ゲームは室内でやるものという固定概念を覆したところがいい。実際にかなり外で歩くので、肥満対策にもいい。さらには引きこもり対策や鬱対策にもなるといわれている。

ポケモンGO自体は、衛星利用測位システム(GPS)やグーグルマップの位置情報を利用し、ポケモンを探し獲得するものだ。


スポンサードリンク


「イングレス」というスマートフォン向けの拡張現実技術を利用した位置情報ゲームに、ポケモンという誰でも知っているコンテンツを合わせて作ったゲームだ。いってみれば、既存技術・コンテンツの組み合わせで、新たな付加価値を作ったわけで、この手法は、中小企業などでも一から開発せずにできるかもしれない。

もっとも、ポケモンGOは、イングレスで蓄積した資産があったからできたわけであるので、過去の技術蓄積がものをいった好例であろう。ポケモンGOのフェイスブックの公式ホームページでは、プレー可能な国に関する質問に「中国、韓国、台湾、キューバ、イラン、ミャンマー、スーダン以外の全世界でプレーできる」と書かれており、軍事上の理由などでプレーのできない中国や韓国は気の毒だ。

韓国では一部でプレーできるところもあるようだが、ポケモンGOをわざわざプレーするために日本に来たという若者も報じられていた。 ポケモンGOによって、これだけの人が移動するので、それを目当てにしたビジネス展開も盛んになっている。すでに店舗顧客や観光客の誘致にも使われている。 ポケモンGOは、アンドロイド版とiOS版がある。それぞれのダウンロード数は詳しく分かっていないが、2000万以上であると思われる。

これらのユーザーが、仮に今後月間で1000円、年間で1万2000円の支出をするとなると、2400億円以上の消費支出を押し上げることになる。 一方、ポケモンGOに夢中になって思わぬ事故もある。自転車や自動車を運転しながらのプレーはもちろん厳禁だが、歩きスマホもやってはいけない。他人に迷惑をかけないようにして、楽しみたいものだ。 
(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160729/dms1607290830012-n1.htm

【管理人コメント】
高橋洋一がポケモン??
実は私もダウンロードしており、家の中で試してみた。
私の部屋はモンスターだらけだったが…苦笑

何とも家から遊びには出れないが、PCで仕事しながら5匹モンスターを捕まえた…苦笑。
もっとも老人にはやり方が今だに良くわからない。

これが大人気と言うのも理解しがたいが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月29日 11:34 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp