韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国人観光客がクルーズ船で大量上陸・・・福岡の街がパンクの危機に

中国人観光客がクルーズ船で大量上陸・・・福岡の街がパンクの危機に

九州の北の玄関口とされる福岡は、日本列島の中でも中国大陸に近い場所に位置する。日本政府が昨年1月に開始した「船舶観光上陸許可制度」によって、福岡を訪れる中国人観光客が急増している。観光収入の増加は喜ばしい話であるが、一度にやってくる観光客が多すぎて、福岡の街が「パンク状態」になりつつあるという。

中国メディア・中国新聞網は26日、「中国人観光客の集中『上陸』で、福岡に大きな負荷」とする記事を掲載した。記事は、「船舶観光上陸許可制度」によってクルーズ船の停泊時間に限りノービザ入国できるようになり、大量の中国人観光客が福岡に上陸して8時間の観光をするようになったと説明。「そう大きくはない都市に、少なからぬ負荷をもたらしている」と伝えた。

福岡市経済観光文化局の話として、今年1−6月に博多港に停泊した外国クルーズ船138便のうち131便が中国からのものであると紹介。船1隻に3000−5000人の観光客が乗っていることから、大挙して押し寄せる中国人観光客によって、市内の路線バスなどの交通や、観光バス用駐車場など受け入れ設備が逼迫する状態となり、市の観光当局にとって頭痛の種となっているとした。

記事は、同市経済観光文化局が、昨年約57万人だったクルーズ客の数を、今年は80万人に到達すると予測していると説明。クルーズ客の来訪を歓迎する一方で「飛行機に乗ってゆっくり泊まりがけで遊びに来て欲しい」と同局の関係者が語っていることを併せて伝えた。


スポンサードリンク


熊本や大分の地震によって鈍った、九州地方を訪れる中国人観光客の客足が戻りつつあるという点で、福岡に上陸する中国人観光客が増えているのは喜ばしいことだ。しかし、僅かな滞在時間では多くの観光地を周遊することは不可能である。「玄関口」として、「ぜひ今度はゆっくり来よう。九州の他の場所も行ってみよう」と思わせる「おもてなし」に期待したいところだ。 そのためにはまず、「パンク」の回避策の検討が重要である。
http://news.searchina.net/id/1615273?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
レコードチャイナは、2016年7月27日、熊本地震の影響により九州地方の観光業は一時低迷したが、福岡県は中国人観光の増加で活気を取り戻している。中国新聞網が伝えたと報じた。

日本が簡易な手続きで上陸を認める船舶観光上陸許可制度を2015年から導入していることもあり、福岡にはクルーズで訪れる中国人が増えている。報道によると、今年1~6月までの期間に博多港に停泊した外国籍のクルーズ船は138隻で、うち中国は131隻を占めた。こうしたクルーズ船は一度に3000~5000人の観光客を乗せ博多港に訪れ、大勢の観光客が博多港に上陸する光景は日常茶飯事となっているとの事。

一方で、中国人観光客はバスを利用するのが一般的なため、福岡市の交通機関や観光客受け入れ施設に大きな負担となっている。今後もクルーズ船での観光客は増える見通しだが、団体客に対応したレストランやショッピング施設の不足や駐車スペース確保という問題に観光部門は頭を抱えているという。

そろそろ爆買も減少すると言いつつも、まだまだ健在なようだが…。
今年はまだ持ちそうかも…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月29日 11:51 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
この中から何人かいなくなっても分からないでしょうね 中国人の不法滞在者が増えそう
[ 2016/07/29 23:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp