韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、世界スマートフォン市場で1位を維持--「Galaxy S7」が好調

サムスン、世界スマートフォン市場で1位を維持--「Galaxy S7」が好調

最近の報道では、サムスンの「Galaxy S7」が販売台数でAppleの「iPhone 6s」を上回っていると伝えられており、IDCが米国時間7月28日に発表した2016年第2四半期の世界携帯電話市場に関する報告書「Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker」では、Galaxy S7の好調な販売に支えられて、サムスンがスマートフォン市場の首位を維持したことが明らかになった。

第2四半期はやや停滞気味で、出荷台数は前年同期比わずか0.3%増にとどまった。ただし前期比では3.1%増加しており、近く複数の新型スマートフォンが発売されることから、2016年は改善傾向が続くはずだ。

サムスンは世界スマートフォン出荷台数で首位を維持し、第2四半期の出荷台数は7700万台だった。第2四半期末の時点で、サムスンの市場シェアは22.4%だった。

「iPhone」の販売台数は減少したが、Appleはそれでも第2四半期に4040万台のiPhoneを出荷した。9月に新型モデルが発表される可能性が高いことを考えると、これは素晴らしい数字だ。低価格帯の「iPhone SE」は多少の成果を見せたが、平均販売価格(ASP)は下落した。


スポンサードリンク


Huawei Technologies(ファーウェイ)が3位を維持し、市場シェアは9.4%で、Appleの市場シェア11.8%に追いつきつつある。前年同期比でAppleがシェアを2ポイント落としたのに対し、Huaweiは0.8ポイント伸ばした。Huaweiは「P9」と「Mate 8」で大きな成功を収めているが、依然として米国では普及率が低いままだ。

OPPOとVivo Communication Technologyがトップ5にランクインし、市場シェアはOPPOが6.6%、Vivoが4.8%となった。これらの中国メーカーは主に、世界最大の携帯電話市場である中国でスマートフォンを販売している。
http://japan.cnet.com/news/business/35086636/

【管理人 補足記事&コメント】
サムスンでは、次機種を無償交換と言うサービスで今回のS7を販売したわけで、これが売れなかったらおしまいだろう。そのあおりは次機種に出る事になる。スマホ技術横並びとなったタイミングで、そう簡単に売れるわけがない。次機種を無償と言う事は、次の機種での利益は無くしてでも今回にかけたという事だ。サムスンは次の機種で無償にした反動を受ける事になるが…。

さて、「Pokemon GO」に話題を移すと、やたらバッテリ消費が大きいゲームでもある。
「Android」と「iOS」の両方で、Pokemon GOによるモバイルデバイスのバッテリ消費を抑える8つの方法を紹介しよう。

1. Pokemon GOのバッテリセーバーオプションを使う。設定アイコンをタップしてこの機能をオンにしておくと、スマートフォンを下向きにした時にディスプレイが暗くなり、バッテリセーバーが作動する。歩きながら、ポケモンが近くに現れてデバイスが振動するのを待っているときには、この機能によってバッテリをもう少し長持ちさせられるだろう。

2. AndroidデバイスでもiOSデバイスでも、省電力オプションをオンにできる。これを使うと、必須ではないアプリで消費される電力が抑えられ、Pokemon GOで電力を大量消費するGPSとマップに、多少の電力を回すことができる。

3. AndroidとiOSには、バッテリの持ち時間をさらに延ばせるアプリがある。iOSでは「Battery Doctor」、Androidでは「JuiceDefender」がお薦めだ。どちらも、デバイス上でバッテリ消費量の多いコンポーネントを管理し、電力を絞り出してくれる。

4. 充電機能付きのケースを買うか、モバイルバッテリを持ち歩く。スマートフォン本体のバッテリのほかにバッテリがあれば、ずっと長くプレイでき、途中でひと休みするときには高速で充電できる。それほど高価なものでなくても、効果は十分だ。

5. ボリュームをオフにする。簡単ですぐにできる方法だ。プレイ中に、スマートフォンを稼働させておくために必要な電力量を抑えられる。

6. 不要なバックグラウンドアプリをすべて無効にして、終了する。デバイスマネージャをインストールしていないと、バックグラウンドで実行していても実際には使っていないアプリがどれほどの電力を消費しているのか気付かないものだ。

7. Wi-FiとBluetoothをオフにする。プレイに必要なのはGPSとデータだけなので、それ以外のモバイル機能はすべてオフにしよう。端末はBluetoothポータルやWi-Fiホットスポットを常に検索して電力を消費するため、その分を節約できる。あるいは、1カ所にじっとしているのなら、1つのWi-Fiホットスポットに接続して、それ以外はオフにするといい。

8. AR機能を無効にする。この機能ではカメラを使う必要があり、そのせいで必要な電力が増えるからだ。AR機能のオン/オフは、ポケモンを捕まえようとするときに操作できる。切り替えスイッチが画面の右側に表示されるので、そこでオフにするだけだ。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月30日 09:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp