韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子の主力4部門が一様に活躍…営業利益8兆ウォン超

サムスン電子の主力4部門が一様に活躍…営業利益8兆ウォン超

サムスン電子はことし4-6月期の確定実績を28日、発表した。これによると、売り上げ50兆9400億ウォン(約4兆7400億円)、営業利益8兆1400億ウォンを記録した。売り上げは昨年同期比4.9%、営業利益は18%増えた。8兆ウォンを越える利益を出したのは9期(2年3カ月)ぶり。

多く売るより多くの利益を残した。同社の1-3月期の売り上げは49兆7800億ウォンだった。4-6月期の売り上げ増加幅は1兆1600億ウォンに過ぎない。営業利益は1-3月期(6兆6800億ウォン)より1兆4600億ウォン増えた。同じ期間、営業利益率が13.4%から16%に大きく伸びたといえる。スマートフォン事業が含まれて利益率が高いIT-モバイル部門の実績が向上したのが全体の利益率を高めるのに寄与した。

3月に発売した同社の戦略スマートフォン「ギャラクシーS7」が6月末までに2600万台売れた。だが、部門全体の売り上げは前期(27兆6000億ウォン)のほうが今期(26兆5600億ウォン)に比べて多かった。営業利益は今期(4兆3200億ウォン)が前期(3兆8900億ウォン)を大きく上回ったこととは対照的だ。

会社側は市場状況やコスト削減努力、製品競争力の3拍子がそろっていたと分析した。


スポンサードリンク


▲上半期にギャラクシーS7と競うほどの製品がなく、マーケティング費用を大きく節約できたうえ▲中低価格スマートフォンの種類を減らすなど生産費用削減に努力し▲ギャラクシーS7のデュアルエッジスクリーンなどの収率(不良品のない量産比率)が高まり原価を抑えることができた--ということだ。

カギは下半期のスマートフォン事業だ。8月に同社は別のプレミアムモデルである「ギャラクシーノート7」を出して9月に発売されるアップルの「iPhone7」と競う。 ノ・グンチャンHMC投資証券研究員は「下半期にはプレミアムフォン市場の競争が激しくなる可能性が高く、マーケティング費用が多くなる」としながら「IM部門が4-6月期よりも高い利益を出すのは難しいだろう」と展望した。

消費者家電部門は4-6月期(1兆300億ウォン)だけで昨年全体(1兆2500億ウォン)とほぼ同じ水準の営業利益を出して存在感をアピールした。「シェフコレクション」冷蔵庫と無風エアコンのようなプレミアム製品の販売が増えて利益が多く残った。だが、ブレグジット(Brexit、英国の欧州連合脱退)などで欧州市場の消費心理が萎縮し、下半期が家電市場のオフシーズンであることを勘案すると、7-9月期の実績はやや低くなられるだろうというのが業界の展望だ。

サムスン電子側は4-6月期に堅調な実績を出した半導体やディスプレイなど部品事業が下半期により大きな役割を果たすものと期待している。 特に半導体部門では3次元(3D)NAND型フラッシュメモリー(保存用メモリー半導体)を、ディスプレイ部門では中小型OLED(有機発光ダイオード)を主力製品に選んで下半期に投資を集中する計画だ。 3D NANDは上半期にも安定した収益で実績に貢献した。DRAM価格が大きく変動する悪条件の中でも、半導体部門が4-6月期2兆6400億ウォンという利益を上げるのに3D NANDが一役買った。
http://japanese.joins.com/article/847/218847.html?servcode=300§code=300

【管理人コメント】
サムスンはS6で微細化の限界点でなおかつグラフィック性能を上げたCPUで難を逃れた。今回のS7では次機種を無償交換するサービス手法で難を逃れた。あと残るスマホの技術としては画面の有機ELしかない。がしかし次機種は無償交換であるから、次の手は利益につながらないだろう。もっとも有機ELが良いという結果に結び付かなければ、スマホは限界である。

むしろ一般携帯に逆戻りするのではないか…。。。
日本では、モノのインターネットとはいっても、Wi-Fi環境化のネット費用と携帯の費用を合わせれば、まだまだ高額である。もっと高速で夜など負荷が上昇しても回線スピードに余裕がほしいものであるし、値段を下げたサービスにしてほしいものであるが…。。。

時代は次第に通信部分へと移行してゆくのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月30日 09:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
おいおい!
下関保健所は29日、下関市長府扇町の卸売業「和田又」が韓国から輸入した白菜キムチの一部から食中毒を引き起こす腸管出血性大腸菌O103が検出されたとして、食品衛生法に基づき同社に商品の回収を命じた。現時点で健康被害の届け出はないという。

市生活衛生課などによると、回収対象品は賞味期限が9月17日の白菜キムチ468キロ。同社は商品の回収を進めているが、宇部、山陽小野田、下関、山口の4市のスーパー計14店舗で「韓国キムチ」(400グラム入り)74個が販売済みとなっていることから、口にしないよう注意を呼び掛けている。
韓国さん!あんたら、そんなこと言う前にちゃとやれ!日本の九州あたりで今以下のことがおこっている!
へんなもん日本に送ってくるな!!!ぼけ!あほ!くず!くそ!まぬけ!馬鹿!

福岡検疫所門司検疫所支所下関分室が29日に輸入商品をモニタリング検査した際、O103が検出された。O103は動物の腸管内などに生息する細菌で感染力が強く、血便や腹痛、発熱などを引き起こす。潜伏時間は平均6~72時間で、重症化すると死に至る場合もあるという。

商品は韓国の工場で製造され、船便で冷蔵輸入されている。同社の担当者は「原因などは今後調査していく。再発防止などの対策が取れるまでキムチ関連商品の販売は自粛したい」と話した。問い合わせは同社低温部へ。
[ 2016/07/30 13:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp