韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  株価急落のたびに「中間層から転落する中国の個人投資家」

株価急落のたびに「中間層から転落する中国の個人投資家」

日本と中国の株式市場には大きな違いがある。日本の場合は売買シェアに占める外国人投資家の割合は約60%に達すると見られ、株式市場の主役は外国の機関投資家だ。一方の中国は外国人による株式売買が一部制限されていることもあり、売買の主役は中国国内の企業や個人投資家だ。

中国には莫大な数の個人投資家がおり、2015年に株価が急騰した際には多くの中国人が株式投資にのめり込んだが、その後株価は暴落した。世界中の金融市場にも大きな影響を与えた中国株の急落だが、それによって中国の個人投資家の多くが損失を出したであろうことは想像に難くない。

中国メディアのBWCHINESEは28日、株式市場は本来、中間層の人びとが金融財産を安定して増やすための手段であるはずだとする一方、急騰や急落を繰り返す中国株式市場はまるで賭博場となっており、中国では株価が急落するたびに「中間層から転落する人びとがいる」と伝えている。

記事は、中国の個人投資家の数は約9000万人に達すると伝える一方、15年の中国株急落によって中国の個人投資家が被った損失は1人あたり約50万元(約789万円)に達するとのデータがあると紹介。つまり、個人投資家たちは中間層の1年分の収入に相当する金額を失ったことを意味すると指摘した。


スポンサードリンク


一方、中国では都市によって異なるものの、不動産価格が過去15年で5-10倍に上昇したとしつつも、中間層の所得の伸びは不動産価格の伸びに到底追いつかないのが現状と指摘。そのため中間層の人びとは株式市場や高利回りの資産運用商品に手を出していると伝え、リスク回避に関する知識のない中間層の人びとは株価急落のたびに損失を出していると伝えた。
http://news.searchina.net/id/1615386?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
昨年9月には中国の株式市場の暴落で、中国の大富豪や女優ら“セレブ”が巨額の損失を被ったと相次いで報じられていると産経ニュースが報じている。

不動産開発の大連万達集団(ワンダ・グループ)を率いる長者番付1位の王健林(ワン・ジェリン)会長(60)は、暴落が始まる直前の6月12日に比べ総資産の3割に当たる130億ドル(約1兆5700億円)を失ったという。電子商取引のアリババ・グループの創業者、ジャック・マー会長(50)は昨年8月24日の1日だけで5億5000万ドル(約660億円)が消えた。投資家としても知られる人気女優のヴィッキー・チャオさん(39)らも大損しており、バブルに踊った過熱投資のツケの大きさを浮き彫りにしている。

株式ブームが急激にしぼんで個人投資家の多くが痛手を負い中国経済への打撃となる恐れがある。中国証券登記結算(CSDC)のデータでは、株式投資を行っている中国国民は現在9000万人を超える。中国国営新華社通信によると、中国の共産党員数は昨年末時点で8780万人。投資家は共産党員数を上回っているほどに膨らんでいる。

国もでかいが投資家も莫大だ。一般人は現金貯金が多いのが中国であるから、富裕層になるにしたがって、その比率も代わるのだろうか…。平均年収でいえば圧倒的低い中国が、日本で大金を使って爆買するわけで、副業とはいえ、株価で儲ける人も多い反面、奈落の底に落ちる人も多いという事か…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月30日 11:04 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
特殊事情
日本の市場、深圳の市場は外国人投資家の参入が高い。一方、上海、ソウルは完全にドメスティック。外人は買えません。
ソウルは東証を意識し、東証との相関関係が以上に高い。あいつらは株価まで「にっくき日帝」で負けまいと買う。アホです。
上海は今は日本でいうパチンコと一緒。政府が奨励して人民に買わせている。破産者もでますね。でも人口多いから新規に買い始める人も居る。ですが、市場退出者>市場参加者 なので、購買層は減っているのは確かです。
まあ、市場市場って言いますが、出来高見ると、東証、ハンセン(深圳)が頭一つ抜けてNYSEが追うというのは実状です。なんてったってバブル時は圧倒的な差で東証が飛び抜け一位でしたからね。。。
[ 2016/07/30 11:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp