韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  わざわざ、なぜ? 日本人がガラス瓶を「洗って捨てる理由」

わざわざ、なぜ? 日本人がガラス瓶を「洗って捨てる理由」

日本ではごく当たり前に行われ、日本人からすれば特に驚かないことでも、中国人の目には不思議に映ることがたくさんある。その1つが「リサイクル」だ。中国でもリサイクルの考え方は存在するものの、日本のように徹底して行われているとは言い難いため、日本社会でいかに厳格にリサイクルが行われているかを知ると、驚きを隠せないようだ。

中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人はなぜガラス瓶を「洗って捨てるのか」と疑問を投げかけつつ、その答えは「リサイクルされるからだ」と伝える記事を掲載した。記事は、日本における「ガラス瓶」のリサイクル事情を紹介し、日本では回収されたガラス瓶は殺菌洗浄して再利用する方法と、砕いて溶かし、新たな瓶を作る方法の2種類の方法でリサイクルされていると紹介。つまり、日本ではガラス瓶は廃棄物として埋め立てられるのではなく、あくまでも再利用が可能な資源として扱われているため、「リサイクルのために人びとは捨てるときにわざわざ洗っているのだ」と伝えた。

さらに日本では酒類の販売店や自治体、子ども会などがガラス瓶の回収を行っており、「日本の子どもは資源の再利用に関する教育を幼い時から受けている」と説明。中国では時折、日本のゴミ回収やリサイクル意識の高さが話題になるが、日本では家庭や地域だけでなく、社会が一体となって環境問題に取り組んでいることを称えた。


スポンサードリンク


中国でも各店舗でビール瓶などの回収を行っているが、店舗で扱っていない銘柄の瓶は受け取ってくれないことが一般的だ。また、ビール瓶以外の回収はほとんど行われていない。現在の中国は環境を守ることよりも、経済発展が優先されており、リサイクル意識はまだ非常に低いのが現状だ。事実、同記事に寄せられたコメントには「中国では街に設置されたゴミ箱はリサイクル可と不可に分別できるようになっているが、収集車はゴミを分別せずに回収していく」というものがあった。
http://news.searchina.net/id/1615392?page=1

【管理人コメント】
企業でISO14000を担当すると、自社製品の廃棄からリサイクルに至るまでの工程を視察し監査するわけですが…。部品企業在籍時に、富士フィルムの今はデジカメですが、当時はまだフィルムがあり、そのケースの印刷を行っていたわけですが、不法投棄として、福島あたりの土壌から見つかり、謝罪と確認を兼ねて、対応したことがありました。不法投資は契約したリサイクル企業と運搬企業の間で、アンマッチングな企業が参入して行われたわけで、、案外と面倒なのです。

問題発生時には追跡できるシステムを持っていないとなりません。まぁ~中国もいずれは避けて通れない道ではあるわけですが、化学物質のガイドラインさえ不明瞭であるから、ISOなど取得しても外部のコンサルティングに任せ、自社教育は無いでしょうから、一向に進歩は無いでしょう。先進国である韓国などの財閥企業でも、ISOの概念が無い。外部や日本のヘッドハンティングした人材に任せて教育が無いわけで、何とも困った国同士である…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月30日 12:02 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)
リサイクル利用云々以前に、汚いから洗うってだけだけどなぁ
不衛生にしておくと臭いし、虫やカビ、ネズミとか、病気の発生に繋がるじゃん
洗ってないと、捨てる時に手に持つのも嫌です
洗わずに缶をそのまま捨てる自販機前とか、夜間のゴキブリ発生が凄いよね
[ 2016/07/30 14:02 ] [ 編集 ]
リサイクル云々より、そのまま出すと不衛生だから。
トータル環境負荷の考えからも大規模処理場(高負荷)>>>>>家庭(軽負荷)。
[ 2016/07/30 16:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp