韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  小池氏“都連のドン”血まつり「利権の構造を暴く」 憤死した都議の未亡人も応援

小池氏“都連のドン”血まつり「利権の構造を暴く」 憤死した都議の未亡人も応援

東京都知事選(31日投開票)で、政党の支援なしで戦う小池百合子元防衛相(64)が、「都政の闇」や「都議会の利権」に切り込む姿勢を明らかにした。不透明な意思決定で、約13兆円の予算、約17万人の職員が左右される現状を、大改革するというのだ。小池氏の街頭演説には、都議会に君臨するドンに対し、「抗議の死」を選んだという元都議の未亡人まで応援に駆け付け、「都政刷新」の遺志を託した。 

「私は利権の構造、ブラックボックス化しているところを暴いていきたい。都政を透明化したい」「自民党都連に『ドン』がいて、その方に関する週刊誌報道がある。東京五輪の利権で、この方が動いていたのではないかと。誰が、どこで、何を決めているのか。クリアにしていきたい」

小池氏は28日午後、葛飾区のJR亀有駅前で、こう言い切った。 同日発売の週刊文春は「都議会のドン 内田茂『黒歴史』」という衝撃記事を掲載した。自民党都連の内田幹事長が役員を務める会社が、東京五輪関連の施設工事を逆転受注するなど、利権構図に迫ったものだ。

2020年東京五輪の総経費(施設整備を含む)は当初、7300億円程度とされていたが、その後、どんどん膨らみ、現在では「2兆円」とも「3兆円」とも指摘されている。都民は当然、利権の存在を疑っている。


スポンサードリンク


小池氏は今月初めの出馬会見で、(1)都議会の冒頭解散(2)利権追及(3)舛添要一前都知事公私混同問題の第3者委員会設置-という、3つの公約を掲げた。しがらみのない都民目線で「利権」や「闇」を追及する姿勢を示したものだ。報道各社の情勢調査で一歩リードしていることを受けて、改めて、その決意について宣言したのだ。

心強い援軍も現れた。 都議会刷新を目指しながら、内田氏と激突して、2011年7月1日に自殺した自民党都議の樺山卓司(かばやま・たかし)氏(当時)の妻、京子さん(66)だ。28日午後、小池氏が葛飾区のJR金町駅前で行った街頭演説に駆け付け、マイクを握った。 京子さんは「主人は、思い通りに都政を動かす内田氏に『民主主義ではない』と言って盾突きました。この都知事選のバックには内田氏がいます。主人は『旧(ふる)い体質の自民党を破壊してほしい』と遺書に記しました。小池さんには、新しい風を吹き込む都知事になってほしい」と訴えた。

樺山氏の憤死については、猪瀬直樹元知事が都知事選の告示直前、ツイッター上で、のし袋に殴り書きされた「遺書」を公開した。インターネット上のインタビューでも、内田氏に絡む「都議会の闇」について語り、話題になった。

夕刊フジは、猪瀬氏の告発を受けて、内田氏を14日に直撃している。内田氏は「コメントしたくない。バカみたいな話」といい、事務所も「事実無根だ」と語っている。小池氏は前出の出馬会見で、「単に東京五輪絡みだけではない。財源が豊富な東京都では、さまざまな利権が発生する。それを1つ1つチェックしていくのも、『都民の信頼をもう一度取り戻す』という意味では重要だ」と語っている。 東京都の予算規模は13兆6560億円(2016年度)で、インドネシアの国家予算に匹敵する。職員数も、教職員を合わせれば16万7914人(15年)で、神奈川県鎌倉市(約17万人)や、大阪府和泉市(約18万人)の全人口に近い。

小池氏の「都政刷新」をサポートするとみられるのが、元東京地検特捜部副部長だった自民党の若狭勝衆院議員だ。除名覚悟で、小池氏を連日応援している。 若狭氏は28日の街頭演説で「私は特捜部の副部長として、利権を追及する仕事を日々やっていた。プロの目からみると、わけの分からないうちに予算が増えるときには、そこに利権が介在する」と語った。 そのうえで、小池氏が防衛相時代、事務次官更迭に踏み切ったことを紹介し、「その次官は数カ月後、収賄罪で逮捕された。小池氏は(利権を)見抜く力、実行力、決断力がある」と語った。

都民はどう判断するのか。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160730/plt1607301530003-n1.htm

【管理人コメント】
政治資金の問題は都議会にもあるわけで、都議会のドンなどと言ってのさばっている連中は本来大改革するに限るが、韓国ではないが一斉に辞職するという厄介な事をする政治家も多いわけで、この問題は実は奥が深い。小池氏単独でどうにかできる事ではない。都議会の在り方を安倍政権下で問題視すれば別だが…。

オリンピックを前にして、尚且つ経済低迷とともに日本の首都を混乱させたくはないというのが本音だろう。
何れは改革する必要があるとはいえ、今実施するだけの勇気があるのかどうかも問われる選挙となりそうだが…。。。

都民の力で都議会の不透明な問題にメスを入れられるのかは、もうすぐ結果が出るのだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月30日 19:03 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(4)
すべて聞きました
三候補+桜井の街宣を聞きました。
演説:桜井>>>小池>増田>>鳥越
都政:小池>増田>桜井>>>鳥越
聴衆:桜井=小池>鳥越>増田
元気:桜井=小池>増田>鳥越
という感じでした。
[ 2016/07/30 21:34 ] [ 編集 ]
何だか
安倍さんも、小池氏容認みたいなかんじですな。とうとう応援演説にも直接は現れなかった。

やっぱ、一部の既得権を持つ有力議員が必死こいて小池氏阻止を画策し、自民党議員はしがらみもあって付き合ってはいたが、今の情勢だと小池氏が当選してもおかしくない。いや当選しそうだ。

それでも、鳥越よりゃあだいぶまし、それより自民党のイメージが落ちる方が困る。

今度は、既得権議員が真っ青になる番でしょうか?

喜朗くん、伸晃くん、茂くん、及びその取り巻きども、党内にも反発は在るんでしょうか?

慎太郎の「厚化粧の嘘つき」発言、もしかしたら、ここまで展開を読んだ高等戦略だったような気がして来ました。

慎太郎は茂に恨みがある筈だし、息子の中では伸晃が、あんまり好きじゃなかったりして。

応援する体で足を引っ張る、だいぶ存在感が薄れた慎太郎ですが、狸サッポウ位はまだ使えるのか?

いずれにしても、慎太郎のあの発言から、流れがより明瞭になった気がします。

まだ分かりませんけどね。

鳥越は3位どころか、せめて6位以外位に沈んで欲しいです。

桜井氏や谷山氏の方が、まっとうな主張と思えたし、NHKをぶっ潰せの候補もよかった、鳥越ともう一人の、すんごい容姿でとんでもない主張をしてたオバハン(名前を失念)が同点くらいでしょうか。
[ 2016/07/30 23:27 ] [ 編集 ]
明日は今後の桜井氏を占う日。。。
今回の都知事選は話題も豊富で、NHKの内情やら都政の闇まで浮き彫りになり、異常なまでに盛り上がりをみせております。

その中でも桜井氏の街頭演説に集まる聴衆の数が半端でない。。。昨日の池袋東口の演説では、警視庁の調べでは過去最高の500名以上とのこと、人が歩くスペースもままなりませんでした。
 
そして、今日の新宿南口では1000人以上の聴衆で沸きました。。。

ある情報では昨日(29日)までの15日間に期日前投票を済ませた有権者が131万7584人だそうです。これは前回の都知事選の時に比べると1.5倍というデータもあります。
そして、当然m各マスゴミも出口調査を行っていますので、それによると小池百合子がダントツという噂もあります。また、おそらく明日は、投票終了と同時に「当選確実」が出るのでは。。。という噂さえあります。

そこで私なりに考察してみました。。。

・期日前投票で前回より1.5倍。。。これは小池氏と桜井氏の人気に因る処、大。
・前回の投票率が45%位?。。。すると単純に計算すると68%の投票率?。。。それはあんまりとしても最終投票率が60%位は十分に期待できそう!!
・すると投票数は約630~650万票。。。その内、前回より増えた分170万票(15%分)はほぼ浮動票である。
・そして、その浮動票が誰に流れるのか?。。。私は桜井氏、小池氏・・・の順になると予想したい。
・そしてもう一つ、前回の田母神氏の60万票。。。これが誰に流れるのか?これも、桜井氏を一番に予想したい。
・インコー鳥越は100万票はいかないだろうと予想する声もある。

いずれ、そのように考えると(期日前投票情勢も考慮して)小池氏当選は動かないかも知れないが、桜井氏が3位に食い込むことも夢ではないような気がします。。。

これは非常に大事なことです。小池氏が新都知事になったとしても桜井氏の票(都民の民意)を無視できないからです。だから得票数が多いに越したことはないのです。

それより、何よりも「小池」「増田」「インコ」の3人だけ偏向報道したマスゴミの責任が、国民の前に大いにクローズアップされることになります。

そして、今回の桜井氏の知名度アップが今後の活動において大いに後押しになり、今度はマスゴミも無視できません。。。無視すれば国民の顰蹙を買うことになるからです。。。

さて、明日はどうなるか?。。。

[ 2016/07/30 23:46 ] [ 編集 ]
達者だな
小池さんは選挙戦術が達者ですね。
多くの人が「??」と思っていた「黒幕・内田」を
選挙戦終盤でスバリと切り捨て。
これ、出すなら終盤ですよ。序盤じゃない。
しかも、同日発売の文春の内田記事と同期させて、
言わないだろうが、「詳しく知りたい人は文春を」と。
[ 2016/07/30 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp