韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  中国の顔色うかがう「属国」にはなりたくない

中国の顔色うかがう「属国」にはなりたくない

1979年12月12日。韓国では全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領による「12・12事態」(粛軍クーデター)で知られる日付だが、この日は世界史的にも記念日だ。米ソ冷戦終結のきっかけとなった日だからだ。

この日、ベルギーのブリュッセルで米国、英国、フランス、西ドイツの外相、国防相らが会合を開いた。出席者は10カ月にわたり協議が難航した対ソ連戦略に関する合意文に署名した。署名を行う間、彼らは核戦争の幽霊が目の前を往来するような気分を味わったはずだ。

79年に入り、ソ連は中距離核ミサイル「SS20」をポーランド、チェコに配備し始めた。西欧全域が射程圏に入った。戦術核のバランスがソ連側に傾いたことを物語っていた。致命的な安全保障上の危機に直面した西側陣営が第2次大戦当時の悪夢を思い出し、対応に苦慮したのは当然だった。

西側はソ連の核ミサイルに対抗し、「パーシング2」など米国の核ミサイルを西ドイツに配備するなど強硬な戦略で合意した。それに並行し、ソ連側と核ミサイルを同時に撤収しようという交渉も進めた。これが現代史の分水嶺となった「デュアルトラック政策」だ。万一交渉が決裂すれば、核ミサイルの配備数は増えたり、核戦争が起きたりするリスクがあった。


スポンサードリンク


米国の核ミサイルを自国領土に配備しなければならない西ドイツの悩みは深かった。左派社会民主党を率いるシュミット首相はソ連から圧力を受けていた。シュミット首相は「実力の対決ではないデタント(和解)を通じた平和の実現」を信奉していた。ソ連のブレジネフ書記長と個人的に親しく、東ドイツとの対話もうまくいっていた。

シュミット首相は米ソの力の対立で「バランス役」を担うことを願った。2回もモスクワを訪問し、ブレジネフと会った。その間、米国による核ミサイルの西ドイツ配備は全く進まなかった。西側陣営からは「合意があるのに従わない西ドイツを信用できない」とする声も上がった。米情報当局はシュミット首相が裏切ったと判断した。西側陣営から不信を買ったシュミット首相は社民党内の支持も失った。シュミット首相は議会でデュアルトラック政策から手を引くことを示唆するような発言まで行った。

 シュミット首相があいまいな態度を示した背景には西ドイツ国内のムードもあった。「非核平和運動」の旗の下に数十万人のデモ隊が集まった。彼あらはソ連の核ミサイルの脅威に対抗する西側陣営のデュアルトラック戦略を「戦争挑発者の政策」と断じ、連日非難した。米国とそのパートナーの国々を戦争の挑発者と見なした。しかし、デモ隊は全ての事態を招いたソ連の核ミサイル配備には言及しなかった。

 シュミット政権はデュアルトラック政策をめぐる社会的混乱と同時に高い失業率、経済低迷などでコーナーに追い込まれ、最終的には議会の不信任決議で退陣した。それまで政局運営では高評価を受けていたシュミット氏がなぜ落馬したのか。それは国際情勢の変化に乗り遅れたからだ。当時はデタントのムードが薄れ、米ソの対決が高まっていたが、シュミット氏は米ソ双方とのバランス外交への未練を捨てられなかった。両大国の間で自分が主導的な役割を果たせると信じていた。自分の限界を知らなかったと言える。後にシュミット氏は「米ソの通訳という仕事に忠実だった」と評された。急流が押し寄せた決定的瞬間にどちらの陣営に立つべきかを表明できなかったからだ。

南シナ海で米中の覇権争いにより新たな冷戦の構図が形成されている。終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる対立はその一部分かもしれない。普段は外交的、経済的な損得を判断すべきだが、決定的な瞬間にどちらの価値観、陣営に属するかは国の運命を決定づける。最近の中国は「強い者には従え」的な態度を示しているが、果たして大国の器かどうか疑問だ。韓米同盟がなければ、韓国がこれまで中国に対し持ちこたえられただろうか。韓国は「属国」のように扱われ、中国の顔色をうかがいながら過ごすことを望まない。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/29/2016072901355.html

【管理人コメント】
韓国人独特の中国観を考慮すれば、彼らの心の奥底には「中国は韓国の上に君臨する国であり、逆らってはいけない」国と言う観念がある。これが韓国を「従中一直線」にと突き動かしている。歴史を見れば建国した高句麗も中国との境界線にある国とは戦ったが、そこまでである。

境界線で争ったのが高句麗である、現在の北朝鮮と重なる。古朝鮮は中国により狭められたが、高句麗により取り戻したとはいえ、中国と常に寄り添っては戦うが、境界線での戦いでしかない。当時は漢が境界線を守り、その国と戦ったわけである。その後三国時代を経て今なおさして変わりのない立ち位置にいるのが韓国である。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月31日 09:47 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
勝手にやんな
今、核ミサイルで韓国を脅しているのは北朝鮮。
記事で「北朝鮮」はひとことも出ない。韓国が
一番意識するのは中国なのだ。

習近平に「韓国主導で半島統一」と言ってもらって
韓国が浮かれたのはつい去年のこと。
顔色をうかがう強国は中国よりは米国の方がいい、
というのが現時点の韓国の考えだ。ということ。
「勝手にやんな」としかいいようがない。
[ 2016/07/31 10:26 ] [ 編集 ]
下らない記事
あきれたね、自国の状況を言わないでながながとドイツの過去の話をしている。当時のドイツと今の韓国を比較する事態滑稽だし、例え少しばかり過去のドイツの状況と似ていようとも、それが今の韓国にとり参考になりはしない。歴史を見れば、中立や二股外交した国がうまく立ち回れたこともあれば、困難に直面したこともある。時代の流れや状況を読み取れば国家は守れたし、間違えれば危機に瀕した。

今の韓国の安全保障をどのように考えるかを語ればよいだけの話だ。どうして簡潔に本筋を言わないのだろう。こんな回りくどいことを書いて、よく読者から批判や苦情が殺到しないか、それが不思議だ。
[ 2016/07/31 12:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp