韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  習近平主席の「親・誠・恵・容」路線を無視した王毅外相

習近平主席の「親・誠・恵・容」路線を無視した王毅外相

中国の習近平国家主席は2013年11月、最高指導部である政治局常務委員7人全員がそろった席で周辺国との外交における4つのキーワードを決定した。「親・誠・恵・容」という4文字だ。周辺国と親しく付き合い、誠意を持って対し、中国の発展による恩恵を分かち合い、包容さを持つという意味だ。言い換えれば、周辺国を抱き込むという戦略だ。

人民日報など官営メディアはその後、習主席の「親・誠・恵・容」路線を大々的に宣伝した。習主席が外遊するたびに「各国が中国の発展に『タダ乗り』することを歓迎する」とまで言及した。それは中国が本当に大国としての道を歩み始めたのではないかという期待感を生んだ。これまでのように力で周辺国を抑え込むのではなく、ソフトパワーで周辺国の尊敬を集めようとしているように映った。

しかし、ラオスで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)に合わせて開かれた韓中外相会談で王毅外相が見せた「パフォーマンス外交」は習主席の「親・誠・恵・容」路線が本物かどうか疑わせるものだった。王外相は尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官(外相)が終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の不可避性を説明すると、手を横に振ったり、あごに手を当てたりと外交的に失礼な態度を取った。尹外相が笑顔で「ニーハオ」と先に話しかけても、王外相は怒ったような表情で応じた。普段は呼びもしない韓国人記者に会談を冒頭取材させ、「THAAD配備が双方の信頼を傷つけた」と叫んだ。


スポンサードリンク


「王毅ショー」は中国と北朝鮮の会談でも繰り広げられた。尹長官との会談とは異なり、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相を会談場所の扉の前まで出て出迎えた。李外相の背中に手を回し、肩を組むような仕草も見せた。韓国を刺激するための計算された行動だった。それが習主席の言う「親・誠・恵・容」路線なのかと問いかけざるを得ない。永遠の敵も永遠の友人もないというのが外交とはいえ、守るべき礼儀もあるのが外交だ。

中国の指導者は孟子の「王道政治」という言葉を好んで用いる。仁と徳で周囲を感化させることを理想とした。習主席も14年11月に共産党の全体会議後、「法と徳による統治の結合を支持する」と発言した。これに対し、中国の指導者が最も嫌う単語は「覇道政治」だ。力で抑え込むことを最も劣る手法だと考える。中国が国内で米国を批判する際にもしばしば「覇道」という単語を使う。

王外相は能力を認められた外交官だ。来年の共産党大会では外交担当の国務委員(副首相級)への昇進を狙っている。今回の「王毅ショー」は南シナ海の領有権をめぐる国際仲裁での完敗など自身が直面する政治的危機から脱却するための振る舞いかもしれない。しかし、やり過ぎだ。ARFで王外相が見せた態度は決定的瞬間に「筋肉」をちらつかせた中国の昔の姿を思い出させる。

王道どころか覇道に近い態度だ。中国は「大国外交」を夢見る。大国外交が力だけではうまくいかないことを悟ったことがすなわち習主席の「親・誠・恵・容」路線だった。王外相の行為はそれを無視したものであり、中国に対する周辺国の疑いだけを助長した作戦ミスだ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/29/2016072901354.html

【管理人コメント】
習近平主席の「親・誠・恵・容」路線を無視した王毅外相というが、自分の首も皮一枚でしかないわけで、そんな悠長な事は語っていられないだろう。韓国のTHAAD配備は歴史を見れば、中国が許して韓国(朝鮮)が動くわけで、中国にとってはアメリカは邪魔な存在である。アジアのことに口出し無用と言う立場が本音だろう。

韓国に在韓米軍が無くなれば、あっという間に様相は変化するだろう。
朝鮮半島も国が分裂したりくっついたりを繰り返し、北と南に分かれたが、そもそも野心の塊であるから、仲良く統一などするわけもない。その国を操りたいのが中国である。とはいえ日本統治下から日本の存在は大きいわけで、中国とて日本は敵に回したくはないのが本音だろう。アジアは日中が友好的な外交をすれば、韓国はなすすべはないのだが…。。。
今の中国は権力二分で、いつまで持ちこたえるのか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月31日 10:14 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp