韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の個人観光客は日本を選ぶ・・・ビザ緩和などが奏功

中国の個人観光客は日本を選ぶ・・・ビザ緩和などが奏功

消費能力の高い中国人旅行客は世界中で歓迎される存在だ。日本では「爆買い」がなくなりつつあるが、それでも日本のインバウンド市場にとって、中国は今後も成長が続くであろう重要なマーケットだ。

中国メディアの参考消息はこのほど、韓国メディアの報道を引用し、2016年第1四半期において個人ビザで観光する中国人客は韓国ではなく、日本を選んだと報じている。

記事は、米ブルームバーグや中国出境遊研究所(COTRI)のデータとして、16年第1四半期に個人観光ビザで日本を訪れた中国人客の数はのべ91万3000人に達し、韓国の73万5000人を大きく上回ったと紹介。個人観光ビザで訪れる観光客の数は15年第1四半期の時点では韓国のほうが多かったことを紹介し、日韓の数値が1年で逆転したうえで、大きな差がついたことを伝えた。

続けて、団体観光ビザで訪れた旅行客の数は韓国が今なお日本をリードしているとしつつも、団体旅行客に比べて個人客のほうが滞在中の消費額が多いことを指摘し、「中国の低価格の団体旅行が低迷するなか、日本に個人客の数で逆転されたことは、韓国の旅行業界にとって憂慮すべきこと」だと伝えている。


スポンサードリンク


中流層の拡大に伴い、中国の旅行マーケットは今後も拡大すると見られる。中国人の消費能力は今なお高く、日本も韓国も査証発給要件の緩和などを通じて中国人旅行客の誘致を積極化しており、日本を訪れる中国の個人観光客が伸びているのは各種政策が功を奏したものと言えよう。日本政府は2020年までに訪日外国人観光客数を年4000万人とすることを目標としており、観光立国の実現に向けては、さらに中国人旅行客を取り込むことが重要となっている。
http://news.searchina.net/id/1615404?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
観光客の訪日は、新しいビジネスチャンスを国内の各産業にもたらし、企業業績とGDPを底上げし、引いては諸外国の日本に対する理解を深め、国際関係にまで良い影響を与えることが予想されるが、一方でそのインパクト故の問題も起こってくる。

例えば、宿泊施設の面では、東京だけ見ても、2012年時点で14万室あり、現状でも稼働率は85%を超えている。全宿泊数に於ける外国人観光客の占める割合は現在、約3割であるが、これが倍増すると遠からず5割程度を外国人観光客が占めることになる。一方で客室数の増加に関しては、少なくも宿泊事業者が今後数年間で客室数を増加させる大きな投資は計画されておらず、このままでは、とても増加する外国人観光客を吸収しきれない。

また、中国人観光客向けの大人数での宿泊用の設備やサービスとビジネスパーソンやシニア夫婦などの国内旅行者向けの少人数向けの設備やサービスのどちらを優先するか、という問題もある。こうした問題を整理しないまま外国人観光客向けのサービスの対応を進めると国内の既存需要とのコンフリクトが起こることが予想される。また、無料WiFiなどのインフラ整備などを放置したままでは、政府の政策による観光客の増加とそれを受け入れるサービスインフラにギャップが生まれ、大きな混乱を引き起こすリスクがあるとも言える。

需要と供給の差は、サービスの質と価格などに影響を与え、移動や宿泊に関わるコストが増大し、関連する物価全般にも影響を与えることになることが考えられる。また、そもそも移動や宿泊の予約が取れない、ということもあり得る。

ただし中国人観光客が順調に増加し続けるのかと言う問題がある。日中首脳会談が実現し、互いの安全と経済協力において、何らかの協定或は文書で取り交わしされないと難しい。中国を市場と位置つければ、日本経済活性化のカギは中国経済にあるわけで、アジア外交と貿易において、日中貿易がしっかり確立すれば、ある程度、アジアが世界経済を先導できる可能性がある。中国が日中協力のもと、行動するという意味を理解しない限り、厄介な火種は続く事になるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月31日 11:27 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp