韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  都知事選最終情勢 小池氏ややリードも増田氏が組織票で猛追

都知事選最終情勢 小池氏ややリードも増田氏が組織票で猛追

大乱戦となった東京都知事選は31日、投開票される。選挙戦最終日の30日、各候補は都内各地で最後の訴えを続けた。最終の情勢調査では、政党の支援なしで戦う小池百合子元防衛相(64)がややリードし、自民、公明が推薦する増田寛也元総務相(64)と、野党4党が推すジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が猛追する展開だが、選挙だけに予断を許さない。「殺害予告」から「締め付け文書」「淫行疑惑報道」「暴言」まで乱れ飛んだ、文字通りの死闘を制するのは誰なのか。

「都知事は政党が決めるものではない。組織の都合で決めるものではない。都民の1票1票で決まる。勝たせてください。暴言、暴力には負けません!」

今回の都知事選でいち早く出馬表明した小池氏は29日午後、自らが大臣を務めた防衛省に近い、JR市ケ谷駅前でこう訴えた。「都政の闇」「都議会の利権」に切り込むと公言したためか、「暴言、暴力」は決して誇張ではない。

小池氏は選挙戦序盤、インターネット上に「散弾銃で小池百合子をもう殺す」と書き込まれ、事務所には「刃物を持った男が街頭演説場周辺をうろついている」など、複数の不審者情報が届けられたという。石原慎太郎元知事からは「大年増の厚化粧」と罵倒され、鳥越氏からも「あの人は厚化粧の人だけではない」などと突き放された。


スポンサードリンク


今回の選挙戦のポイントは、序盤から終盤まで小池氏が常に先手を打ってきた点だ。まず、6日の正式出馬会見で「都議会の冒頭解散」をブチ上げた。さらに、参院選の投開票日である10日には、単身で自民党本部の都連事務局を訪れ、推薦依頼を一方的に取り下げ、自民党との「決別」を鮮明にした。

自民党都連は、小池氏を「わがまま」(都連会長の石原伸晃経済再生担当相)などと激しく非難し、11日には「(親族を含めて)非推薦候補を応援すれば除名対象」という、まるで北朝鮮のような通達まで出した。15日には、党所属の全国会議員に名簿提出、選挙はがきの発送を義務付けるなど、徹底的な締め付けを図った。

この効果は絶大で、当初は鳥越氏に次いで3番手だった増田氏が選挙戦の中盤から一気に2番手に浮上した。 小池陣営関係者は、政権与党の組織戦について、「非常に脅威だ。情勢調査で『小池氏リード』といわれているが、リードしている感覚は一切ない。投票日の天気予報は『曇りのち雨』だけに、無党派層が動いてくれなければ、組織票でやられかねない」と不安を漏らす。

増田氏は29日夜、北区内の個人演説会で、「あと1日、あと一押し。必ず成果を出す。知事に押し上げてください。最後の1日です!」と声を張り上げた。約400席の会場は超満員で、立ち見が出るほどだった。小池氏を猛追しているのは間違いない。 ただ、安倍晋三首相、公明党の山口那津男代表の2トップによる街頭演説は最後まで行われず、陣営の士気に微妙な影響を与えているとの見方がある。

自民都連関係者によると、安倍首相は30日午後に銀座で行われる増田氏の街頭演説に駆けつける予定だったが、最終的に見送られたという。都連は安倍首相の応援を前提に数十台のバスを手配し、大動員をかけていた矢先だった。鳥越氏は、「高齢不安」「健康不安」に加えて、週刊文春などが報じた「女子大生淫行疑惑」の影響で、伸び悩む。

「機先を制した格好の小池氏が最後まで主導権を握った選挙戦だった。鳥越氏の『後出しジャンケン』で一時は勢いが削がれたが、それ以外は『小池劇場』だった観がある。自民党を抵抗勢力に見立てて、対立をアピールする小泉純一郎元首相の“戦法”を忠実に再現した。小池氏は選挙戦2日目に八丈島を訪問しているが、これは小沢一郎氏(現生活の党と山本太郎となかまたち代表)が得意とした、郡部から都市部に攻め上がる『川上作戦』だ。小池氏はかつて師事した2人の得意技を合体させた。組織票が強く出るとされる期日前投票の出口調査でも、小池氏が優勢のようだ」
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160731/plt1607310830002-n1.htm

【管理人コメント】
何だかんだと言っても注目を集めた都知事選ではある。
様々な事が露呈し、無党派層の動き次第になったのではないか。
投票率が上昇すれば、無党派層の行方次第となるだろう…。
やはり小池氏リードとなるか…。
都民の答えはもうすぐだ…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月31日 18:56 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
結果でましたね
まあ、鳥越にならなくてよかった、小池さんの圧勝なら桜井に入れるべきだった!
[ 2016/07/31 20:18 ] [ 編集 ]
今後の展開
出口調査で当確がでたようで、妥当、歓迎。

都政、国政両方について今後の展開が興味深い。
野党勢力の無策無力ぶりが際立った。
鳥越氏という選択ミスで野党連合はほとんど
空中分解。
小池氏と自民党は折り合いをつけるでしょうが、
土建産業の五輪期待をどう押さえ込むのか。
[ 2016/07/31 23:00 ] [ 編集 ]
20時過ぎたら
即「当確」、投票率が高かったのも幸いしたでしょうか。圧倒的でしたね。

約半分が小池氏に投票したようなもん。

インコー鳥は、それでも20%位は得票してます、もっと下位に沈んで欲しかった。

私としては、桜井氏や谷山氏の方がよほど真っ当な主張に聞こえました。

インコー鳥=武井候補 くらいのイメージ
でした。
[ 2016/07/31 23:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp