韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  当選確実の小池百合子氏、事務所で喜びの声「どんどん人の輪が広がったことを痛感」

当選確実の小池百合子氏、事務所で喜びの声「どんどん人の輪が広がったことを痛感」

「政治とカネ」の問題で混乱した東京都の新しい知事に、有権者は変革を求めた。31日投開票の都知事選で当選を確実にした元防衛相の小池百合子氏(64)。政党支援がない逆境の中で「知事は政党ではなく都民が決める」と連帯感を醸成する戦略を取り、自公の支援を受け「都政の安定」を掲げる増田寛也氏(64)や、野党統一候補の鳥越俊太郎氏(76)らをねじ伏せた。東京の未来は、初の女性都知事に託されることになった。

池袋駅近くにある小池氏の選挙事務所。投票が締め切られた午後8時直後、テレビのニュース速報が小池氏の当選確実を伝えると、陣営のスタッフらは歓声を上げながら喜んだ。

事務所に姿を現した小池氏は「どんどん人の輪が広がったことを痛感した。これまでにない楽しい選挙をさせていただいた。新しい都知事としてしっかりと都政に邁進してまいりたい。これまで見たこともない都政を進めてまいりたい」などと語った。

自民都連と決裂して始まった選挙戦。都連が増田氏以外の候補者を応援した場合に除名などの処分対象になることを通達する中、自民の豊島区議と練馬区議の計7人や、若狭勝衆院議員を中心とした小所帯で挑んだ。頼みの綱の無党派層へ浸透するため、自民都連と戦う構図を描いてきた。


スポンサードリンク


自民が過去の選挙で支援した都知事が「政治とカネ」の問題で2代続けて辞職する異常な流れの背景には一握りの自民都議らが主導する都政運営があると主張し、増田氏擁立を「使い勝手がいいんだと思う」とばっさり。「都政の透明化が大きな将来への礎になる。都民が進める東京大改革の先頭に立ちたい」「分かりにくい都政を身近なものにしよう」と有権者に連帯を呼びかけた。

インターネットを使った情報発信も巧みだった。街頭演説で聴衆の参加意識や一体感を醸成するため、日程告知の際には「緑のものを1点身に着けて」と呼びかける「ワンポイントグリーン」作戦を展開した。

序盤こそ陣営スタッフの緑のシャツ、鉢巻きが目立っていたが、徐々に広がりをみせ、7月30日夜に池袋駅西口で行われた最後の街頭演説では、歩道にごった返す聴衆が無数の緑のペンライトやうちわ、タオルなどを振りながら選挙カーを出迎えていた。

公約として、安心・安全で元気な都市、女性や子供、高齢者らが生き生きと暮らせる都市、世界に開かれた環境・金融先進都市の「3つのシティ」の実現を提唱。環境相時代にクールビズを根付かせた実績を挙げながら「発想を変えムーブメントを起こせるかがリーダー。任せて」などと実行力をアピールしてきた。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160731/plt1607312148007-n1.htm

【管理人コメント】
妥当な形で決まりましたね~。
やはり改革路線という事か…。

今までの都知事にはない、良い知恵を実施に移してほしいものです。
あまり都議会をぶち壊すことに拘らないで、上手に利用する事のほうが重要です。
また今後の与党との関係も重要となる…。

彼女ならば、政治家としての知恵もあるわけで、上手に乗り切れるのではないかと期待したいしたいですね~…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月01日 09:29 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
今回の選挙は
今回の選挙は、マスゴミの偏向報道で主要3候補のみに投票が集中した。その中で桜井は5位で11万票程度。でもこれは十分健闘した。拍手を送りたい。小池に投票した中にはどうしても増田鳥越をさけるために、桜井支持派がやむなく小池に投票したというのが多々いる(私もそうだが)。よって、桜井は負けではない。
鳥越って奴は、島嶼地域に中国韓国からの移民?ふざけるなよ!鳥越は実は31日の新宿での最後の演説で涙をみせた。見ていた観衆は感謝されていると思っただろう。しかし、テレビ東京だか、テレビ朝日は涙のコメントを求めたところ、鳥越は「自分は逆境の中最後までよくがんばったと自分に感動して涙がでた」とぬかしやがった!!!
日本国民は今回の選挙で何をおもったであろうか。。。
[ 2016/08/01 17:06 ] [ 編集 ]
惨敗
これほどの情けない候補者を見たのは久しぶりで、選挙結果も当然のものでした。何でこんな候補者を擁立してしまったのか理解に苦しむ。知名度があれば何でも良かったと言わんばかりのあほな候補者と支援者を見るだけでこんどの結果は予想できた。

それにしても分裂選挙になった自民党の対応はひどかったが、それ以上に民進党の混乱は度が過ぎていた。これを機に党首選になるようだが、噂に上っている女性の元モデル議員では先が思いやられるし、元党首では新鮮味がない。当分低迷が続き社会党の二の舞になりかねない。

いずれは健全な野党が育ち、2大政党による政権交代が起こることを期待していたが、もう私が見ることは叶わないでしょう。本当に人材を育てることは企業でも社会でも容易なことではありません。野党に集まる人たちを見てつくづく思いました。
[ 2016/08/01 19:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp