韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  VW、「ディーゼルゲート」波紋にも世界販売量1位、トヨタは2位

VW、「ディーゼルゲート」波紋にも世界販売量1位、トヨタは2位

「ディーゼルゲート」波紋にもかかわらず、フォルクスワーゲン(VW)がことし上半期のグローバル自動車販売で1位を守った。現代・起亜車は5位を記録した。

31日、ことし上半期(1~6月)の販売実績によると、フォルクスワーゲンは511万6800台を売ってグローバル自動車業界1位を記録した。ディーゼル車のマーケティングで打撃を受けたものの販売が前年同期比1.5%増となった。欧州市場で3.8%、中国をはじめとするアジア太平洋地域で5.1%成長した。ただし、ディーゼルゲートが大きくなった米国では販売が7.2%、検察捜査が今も行われている韓国では22.8%それぞれ減った。

好調な販売のおかげで上半期の売り上げは0.8%、営業利益は7.5%それぞれ増えた。だが、ディーゼルゲートの賠償金など特別損失を反映すると営業利益は21.7%落ちた。フォルクスワーゲングループにはフォルクスワーゲンの他にもアウディ、ベントレー、ポルシェ、ブガッティ、ランボルギーニなどのブランドがある。

2位のトヨタは上半期499万2000台を販売した。昨年上半期の販売(502万2000台)よりは減ったが、熊本地震による影響にもかかわらず善戦したという分析が出ている。


スポンサードリンク


現代・起亜車は384万9800台を販売して5位を守った。韓国・米国・欧州市場では善戦したものの、最大市場である中国で販売が1%減った。現代車の場合、売り上げは7.5%増えたが営業利益が7%減少して収益性にも「赤信号」がついた。
中央日報
http://japanese.joins.com/article/904/218904.html?servcode=300§code=320

【管理人 補足記事&コメント】
スキャンダルなど気にすることはない──? 独フォルクスワーゲン(VW)は生産台数で今年5月、2位のトヨタ自動車との差を広げた。年末までには「世界最大の自動車メーカー」の名を手にすることができるかもしれない。現時点での世界最大手、トヨタは6月29日、5月の世界販売・生産台数を公表した。今年1~5月でみると、同社の生産台数はいわゆる”ディーゼルゲート”スキャンダルにゆれるVWを10万台近く下回っている。

VWは数週間前、「2018年に世界最大の自動車メーカーになる」としていた同社の目標を撤回する方針を明らかにしたところだ。だが、奇妙なことに、その目標は2年近く前倒しで実現することになる可能性が出てきたのだ。VWが年末までに生産台数でトヨタを負かすことができる確率は、高いといえる。巻き返しを見せている中国市場と欧州市場で、VWの業績が好調なことが理由だ。一方のトヨタは、これらの市場を苦手としている。ユーロ安も、VWの輸出を後押ししている要因だ。

米国では、VWグループの売上高は今年1~5月、前年同期比で6.2%減少した。しかし、同グループの世界全体での売上高に米国市場が占める割合はわずか5%と小さいことから、それほど大きな痛手にはなっていない。米国市場での業績悪化の原因は主に、ディーゼル車の販売を中止したことだ。これに関連してドイツ国内では、VWは当面、米市場でのガソリン車の販売も取りやめるのではないかとの見方が出ている。

ただし、トヨタはこうしたVWの”躍進”も意に介していないもようだ。それよりも同社が気にかけているのは、世界全体が景気循環の後退期に入る可能性など別のことだ。同社は何年も前から生産工場の増設に後ろ向きで、メキシコと中国で親切を計画している小規模な工場も、10年以内に稼働することはなさそうだ。現状トヨタは品質保証部門への改革が遅れている。大手企業は事業部制となり社長直下の品質保証部門を事業部に拡散させ、同時にISOが流行り、一時的に大半の大手企業は品質低下を招いた。

本来社長直下組織となる品質保証部門のノウハウは重要で、アブノーマル的な試験等々…、不可欠な部分が多いのだが、標準化に欠ける部分も多いのも事実。トヨタは組織改革で品質保証部門の強化を図るとしたのが、数年前であるにもかかわらず、いまだリコールが多く対応出来ていないのが実情だ。今後品質保証部門組織改革を成長戦略に取り入れて、確立する必要がある。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月01日 11:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
どっちもどっち
トヨタは関連工場の爆発事故で生産ロスを出しましたね。
VWの営業利益は為替差益だそうで、あまり喜べる決算
ではなさそうだ。ユーロ安でEU経済は良くなるのだろうか。

トヨタ関連の事故は、軽い「すべった、転んだ」ではない。
始業点検を怠ったということらしい。ひどい話です。
>愛知製鋼は加熱炉の点火前に炉内を換気する作業を実施しなかったなど
>人為的なミスが重なったことが事故原因と説明しており、
[ 2016/08/01 12:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp