韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本は今なお世界の強国!むしろ中国のほうが先進国になれるか微妙?

日本は今なお世界の強国!むしろ中国のほうが先進国になれるか微妙?

人口の減少やデフレ、低迷する経済成長率などを理由に、中国国内では日本経済を嘲るような論調があるのは事実だ。だが、中国メディアの外匯通はこのほど、「日本は今なお世界の強国だ」と指摘したうえで、むしろ中国のほうが先進国になるためのチャンスを掴めるかどうか微妙なところであることを伝えている。

記事は、世界各国は日本経済に対し、「もはや救いようがなく、死に体だと考えている」と主張し、日本経済は約30年にもわたって低迷を続けていると主張。だが、日本が高度に発達した国であることや、日本国民の豊かさについては誰も否定できない事実であると論じた。

続けて、日本は中東諸国のようにエネルギー資源によって豊かさを手にした国ではなく、「第2次産業や第3次産業によって莫大な国内総生産(GDP)を生み出している」と主張。世界第3位のGDPを誇り、日本国外にも莫大な資産を有していると論じた。

さらに、日本が本当に豊かな国かどうかは、日本人の平均寿命を見ればわかるとし、世界有数の長寿国であるには真の豊かさが必要であると主張。経済成長率の低迷から日本経済を見下すのは間違っていると指摘したうえで、「日本は今なお世界の強国であり、中国は日本を見くびってはならない」と論じた。


スポンサードリンク


中国のGDPが日本を抜いて世界2位となったのは誰もが知る事実だが、中国には13億人を超える人口と広大な国土がある。規模でみれば中国経済が世界2位であるのは間違いないが、質で見れば中国経済はまだ開発途上の段階と言えるだろう。中所得国となった後に経済成長が低迷することを「中所得国の罠」と呼ぶが、中国は現在、成長モデルの転換を迫られており、一部では中国は「中所得国の罠」に陥る可能性は高いとの見方もある。
http://news.searchina.net/id/1615443?page=1

【管理人コメント】
先進国とは、高度な工業化を達成し、技術水準ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家のこと。 後進国(現在では開発途上国、発展途上国の呼称が一般的)に対して、こう呼ばれることがある。

GDPで見れば、13億人もの人口である。普通に経済成長すれば当然のことだろう。
せめて一人当たりで比較願いたいが…。。。

先進国と言うのもあいまいな言語だが、国の構造を含め考えべきだと思う…。
中国の国の構造を考慮すれば、まだまだ後進国だろう。とても先進国にはなれる国ではない。

韓国が先進国と言うのは不思議だが、中国・韓国の旅行客が訪日しては、日本文化の記事を掲載し、訪日する旅行者が増えている事への説明を添える記事を毎日読めば、、中国・韓国はよほど日本がうらやましいのだろうと…、しか思えないが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月01日 13:30 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp