韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国の無名メーカー、世界テレビ市場3位に

中国の無名メーカー、世界テレビ市場3位に

中国の無名メーカーが今年、世界のテレビ市場で3位に急浮上し、韓国のサムスン電子、LG電子の新たな競争相手として浮上しそうだ。 市場調査会社のトレンドフォースによると、中国の新興ブランド「LeEco」が今年、液晶テレビ1457万台を販売し、サムスン電子、LG電子に次ぐ世界3位に浮上すると予想した。

LeEcoは昨年まで5位圏内にも入らなかったが、先月末に20億ドルで米ビジオを買収し、生産台数をお大きく増やした。LeEcoは今年、ハイセンス(海信)、TCLなど中国メーカーだけでなく、日本のソニーも抜き去る見通しだ。電子業界はLeEcoのビジオ買収が韓国勢に大きな脅威になるとみている。LeEcoが北米の中低価格テレビ市場で強力なビジオブランドを掲げ、これまでサムスンやLGの牙城だった北米市場を積極的に攻略するとみられるからだ。

テレビ市場では無名のLeEcoだが、中国では「中国版イーロン・マスク」と称される実業家、賈躍亭会長が設立した企業として有名だ。電子決済サービスのペイパルを創業して稼いだ資金で電気自動車メーカーのテスラ・モーターズを設立したイーロン・マスク氏のように賈会長はLeEcoで巨額の資産を築いた後、米国で電気自動車メーカーのファラデー・フューチャーを創業した。同社は今年初め最高時速320キロメートルという電気自動車のコンセプトモデルを発表し、テスラの有力な対抗馬へと浮上した。


スポンサードリンク


LeEcoは当初、動画配信事業でスタートし、最近はテレビ、スマートフォンなどに事業分野を拡大している。賈会長は今年初め、社名を「LeTV」からLeEcoに変更した。動画だけでなく、さまざまなIT機器を含む「エコシステム(生態系)」を築くという意味が込められている。賈会長は「産業間の境目をなくす革新的な製品を引き続き投入していく」と話す。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/02/2016080200638.html

【管理人 補足記事&コメント】
LeTV または LeEco(楽視)は、中国人起業家 Jia Yueting(賈躍亭)氏が2004年に北京で設立したインターネット企業。もともとは、インターネット・テレビ事業(セットトップボックスなどのハードウェア供給および番組供給の両方)を手がけていたため LeTV と名乗っていたが、最近では、テレビ以外のスマートガジェットやスマートカーなど多岐にわたる事業に進出し始めたため、LeEco (ecosystem に由来)とリブランドした。なお、リブランドしたのは英語名のみで、中国語表記は楽視のまま(楽視の「視」は、中国語で動画を意味する「視頻」に由来)。

2010年8月に深圳証券取引所に上場。持ち株会社の Le Holdings(楽視控股)傘下には、映画製作の Le Vision Pictures(楽視影業)、音楽ポータルの LeMusic(楽視音楽)、クラウドの LeCloud(楽視雲)、オンラインスポーツメディアの Le Sports(楽視体育)、モバイル端末を手がける Le Mobile(楽視移動)など各種事業会社が存在する。中国の三大インターネット企業 BAT(Baidu=百度、Alibaba=阿里巴巴、Tencent=騰訊)には含まれないが、取扱商品やビジネスモデルなどから、中国版 Apple の異名を持つ Xiaomi(小米)と比較して取り上げられることが多い。2015年8月には、Le Mobile のスマートフォン「Le Max」が、Apple iPhone の販売台数を超えたとされている。

すぐ価格暴落する付加価値の低い商品で戦うには、中国企業が力をつければ韓国企業は難しい、結局シェアを分け合るようになる。スマホのような特別商品をいかに継続するかがカギでだったわけで、本来技術限界点からが本当の勝負になるわけで、韓国企業をそれを避けては付加価値は得られない。TVのフレキシブル画面もさらに美しい液晶画面が開発されれば、そちらへ移行する。
時代の流れはあるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月02日 11:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp