韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  慰安婦財団の運営費 韓国政府が負担へ

慰安婦財団の運営費 韓国政府が負担へ

旧日本軍の慰安婦被害者を支援する財団「和解・癒やし財団」の運営費を韓国政府が負担することが1日、韓国女性家族部関係者の話で分かった。 同関係者は聯合ニュースの取材に対し、「日本政府が拠出する10億円全額を被害者の支援にのみ使えるよう財団の運営費は韓国政府が負担すべきだとする財団理事らの要求を受け入れた」と明らかにした。

その上で、「まだ予算がついていないため財源確保に向けた方策を企画財政部と協議しなければならない」と説明した。 政府の財団運営費負担の事実が正式に発表されれば、加害者である日本政府が負担すべき費用を韓国政府が出すことに疑問の声が上がる可能性がある。財団運営費は事務所の賃料や管理費など月330万ウォン(30万5000円)で、年間3960万ウォンに上るとみられる。これに加え、事務方の人件費もかかる。

一方、共同通信は先月31日に日本政府が10億円について「賠償金に当たらない」との認識を確認する方針を固めたと報じており、韓国の被害者支援団体などからの反発が予想される。10億円の用途については韓国政府と財団側が被害者への直接支援を優先する方針を明らかにしているが、日本政府関係者の間では賠償金を払ったとの印象を与えることを避け、「未来志向的な用途」に使われるべきだという主張が出ている。


スポンサードリンク


日本政府は今月中に開かれる予定の両国局長級協議でこの問題に具体的に言及するとみられる。 財団の定款には財団事業の具体的な計画を決める際は理事会の議決を経て女性家族部長官の承認を受け、女性家族部長官は外交部長官と協議して承認の可否を決定すると定められている。

このことは日本政府が外交部を通じ財団の事業に介入できる余地を残したのではないかという指摘が出ている。 これについて女性家族部関係者は「被害者を直接支援する事業の割合を最大限に増やし、被害者の意見を優先的に反映させる基本方針に変わりはない」と話した。
聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/01/2016080102485.html

【管理人コメント】
自国慰安婦は本来自国政府が対応すべきと言う暗黙の了解で今日まで進んできている。
世界の世代が戦争世代を超えて、朴槿恵は告げ口外交を実施し、新たな時代に余計な事を告げれば、日本は不利になるが、結局墓穴を掘って、世界から韓国は必要のない国とまで言われている。余計な事をすれば、するほどに世界から反発を買うのが今の韓国政府である。

朴槿恵が決めたことである。しっかりと対応し、慰安婦像を撤去し、今後の財団として、自国慰安婦をフォローする事である。慰安婦は年を取りすぎて何を言っても聞く事は無い。それだけに厄介なもの事実。しかし自国の問題を日本に責任転嫁するのは論外である。戦争時の出来事をずっと恨み続けているようでは、未来を見る事など出来ないのではないか…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月02日 11:26 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp