韓国経済.com

韓国経済を中心に、アジアの政治と経済ニュースを提供致します。関連情報を含めてアジアの経済を解りやすく紹介します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  惨敗の鳥越氏 週刊誌報道にトンデモ発言…今後の活動に影響も

惨敗の鳥越氏 週刊誌報道にトンデモ発言…今後の活動に影響も


お勧め記事


東京都知事選で、民進党や共産党などに推薦されたジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は、当選した小池百合子元防衛相(64)にダブルスコア以上の大差をつけられて惨敗した。自民党分裂選挙のなか、「究極の後出しジャンケン」で一時は有利とみられたが、週刊誌に「女子大生淫行疑惑」を報じられたうえ、選挙戦では、数々の珍妙な発言を炸裂させた。晩節を汚し、自身の立ち位置も危うくなっている。

「基本的にはやはり私の力不足。力が及ばなかった」
鳥越氏は31日午後8時すぎ、青山の選挙事務所で、こう敗戦の弁を述べた。知名度で勝っていた増田氏にも逆転を許す完敗なのに、「基本的には」と付けたあたりに、情けなさが漂った。 選挙戦では、週刊文春や週刊新潮の「女性疑惑」に加え、ジャーナリストという肩書すら疑わしくなるトンデモ発言を繰り返した。

出馬会見で「昭和15(1940)年生まれで終戦時(45年)は20歳でした」と自身の経歴すら間違え、伊豆大島の遊説では「大島は消費税5%にする」と演説した。 橋下徹元大阪市長はツイッターで《こんな演説を許していたらもう選挙は成り立たない。言った者勝ちになる》とあきれ果てた。


スポンサードリンク


鳥越氏は今後、ジャーナリストや文化人として復活できるのか?
元MBS(毎日放送)プロデューサーで、同志社女子大教授(メディアエンターテインメント論)の影山貴彦氏は「(女性疑惑への対応で)『攻めには強いが、打たれ弱い』という面が露呈した。これまでのスタンスで発言しても、もう国民は誰もついてこないだろう。『いかに自分がジャーナリストとして甘かったか、無知だったか』を洗いざらい認めて、頭を下げれば(復活の)可能性もあるが、プライドの高さで足元をすくわれたのだから、それも難しい。結局、鳥越氏は尊敬する筑紫哲也さんにはなりきれなかった」と斬り捨てた。

文化人として、テレビ番組などに出演することはできそうか。
「なるほど!ザ・ワールド」などを手がけた放送作家の奥山氏は「(女性疑惑を)弁護士に丸投げして、説明責任を果たしていないという点で、発言に説得力を失った。もう視聴者の共感を得られない。バラエティー番組で『(自分は)下半身には人格がない』ぐらい言って、ネタにできるタイプでないと芸能界では生きていけない。でも、あの人はシャレにできないでしょう。『最後にひと花咲かせたい』という気持ちは分かるが、(今後、テレビ番組の)キャスティングは難しいだろう」と語った。
失ったものは、大きすぎたようだ。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160802/plt1608021140003-n1.htm

【管理人コメント】
鳥越氏も年齢から考えれば所詮無理な話である。
まして都政と政治と勘違いをしている。

ジャーナリストにしては能力が足りなかったとも言える。
仕事柄どうしてもそういう答弁になりがちなのだろう。

都民のために何を実施するのかというのは、安倍政権と比較すれば、より現場に近い位置なわけで。現実問題を理解し、何をどの様Iに実施するのかを語らなければ無理である。無駄を省くとかを語っても、道路の無駄では心もとないだろう。言動は都民は聞いているわけで、必ず無駄があると言っても、事業仕分けではない。

まして東京都の地下は老朽家だらけであるし、建造物は危険な状態にあるわけで、大地震で崩壊という事になる。
待機児童も重要だが、危険な事への対応に税金を振り分けて、資金の透明性を明確にしなければ説得性に欠けるだろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2016年08月02日 13:37 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp