韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本製の紙おむつは中国の母親を「飼い慣らした」、日本製が歓迎される理由

日本製の紙おむつは中国の母親を「飼い慣らした」、日本製が歓迎される理由

中国メディアのPCbabyはこのほど、日本製の紙おむつは乳幼児を抱える中国人の母親たちを「飼い慣らした」と主張し、中国産の紙おむつが日本製の紙おむつに追い付くにはどうしたら良いかという点について論じている。

記事は「ここ数年、日本製の紙おむつは中国国内で大変歓迎されている」と紹介し、おむつを販売する日本メーカーは中国市場において急速に成長したと説明。さらに「日本メーカーの中国市場における成長は日本製だからという理由だけでなく、製品が持つ極めて強力な差別化と競争力もかなり大きく関係している」と指摘、その品質の高さを絶賛した。

続いて「中国の紙おむつメーカーと日本メーカーにはどれだけのレベルの差があるだろうか」と問題を提起。ある日本の紙おむつメーカーの場合、100人以上の研究開発スタッフ1人1人が手作りで紙おむつのアイデアを形にして実験していると説明、「中国のどの企業がこれほど多くの人を投入するだろうか」と疑問を投げかけた。
 
記事はこうした日本企業の体制について「匠の精神」であるとしたうえで「非常に敬服に値する」と絶賛する一方、「中国企業が資源投入を惜しまず、消費者の需要をより深く理解すれば、いつか日本企業と争えるようになるはずだ」と主張した。


スポンサードリンク


記事が強調している点の1つは、良い製品を生み出すためには投資を惜しんではならないという原則だ。「100人以上の研究開発スタッフ」の事例がこの要点を見事に強調している。経営という観点から見れば、研究開発スタッフに対する人件費は膨大かもしれないが、良い製品を生み出すためには絶対に必要なことであり、それが企業の競争力へとつながるものだ。

さらに記事が日本企業の匠の精神を「非常に敬服に値する」と絶賛している点にも注目すべきだ。もし紙おむつで儲けることだけが企業の動機であるなら、成功するかどうかもわからない研究開発に惜しまず投資するというのは至難の業だ。しかし匠の精神に含まれる主要な動機は、良い製品を消費者に提供したいというものであり、また仕事そのものに対する敬意も含まれる。記事はこの点における日本企業と中国企業の決定的な違いをはっきり理解しているのだろう。
http://news.searchina.net/id/1615591?page=1

【管理人 補足記事&コメント】
2016年7月16日、中国メディアの参考消息網は、日本メディアの報道を引用し、日本製の紙おむつは中国では日本の2倍の値段にもかかわらず人気が高いと伝えた。 記事によると、中国では高級紙おむつのニーズが高く、日本製の紙おむつは中国ではおよそ2倍の価格で販売されているという。例えば、花王のメリーズは、中国では1枚当たり2.3元(約36円)するが、日本国内では1枚当たり20円で販売されている。

一方で花王が中国に新工場を建設し、その中国製おむつの販売の為に、日本製おむつの平衡輸出を抑えようとした。それまでは、問屋さんや大手の小売りさんが売り上げ確保の目的もあり、花王事態も国内営業の数字ノルマの関係である程度の範囲内で荷物を流していたが、それを基本不可にしたことで、在日中国人が主に、小売りの店頭で個人買いの形態でどんどん買い占めた。

「日本製はかぶれにくい」「漏れにくい」「吸収力がばつぐん」など、素材や使用感、赤ちゃんにとってのおしり環境=快適さ、が違う。日本の製品という点で考えてみると、すでに食や衣類、化粧品に電化製品など、色々な国でさまざまな「日本製」が熱い支持を受けており、消費者にとって大事な「安心感」を持って購入できるものとして人気がある。日本製メリーズの他国からのニーズ、その理由は、信頼して使える日本製品の「ブランド力」そして、こだわりの「品質」にある。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月03日 09:46 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp