韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  排ガス不正で、VW、韓国市場で販売停止処分

排ガス不正で、VW、韓国市場で販売停止処分

韓国環境部(省に相当)は2日、韓国の輸入車市場でシェア首位のフォルクスワーゲン(VW)が販売している各車種に認証取り消し、販売停止の処分を下した。

今回の処分では、ティグアン、ゴルフ、アウディA4・A6、ベントレーなどVWグループが発売している32車種(80モデル)が認証取り消しまおよび販売停止の処分を受けた。既に販売済みの8万3000台については、欠陥確認検査などを行い、リコール(回収・無償修理)などの追加措置を取る。環境部は先月初め、VWが排気ガス・騒音試験のデータを偽造し、32車種で不正な認証を受けたとの検察の通報を受け、今回の措置を下した。

■27車種、最近まで販売
32車種のうち27車種は最近までVWが韓国市場で販売していた。しかし、今回の処分でこれら車種は韓国で販売できなくなった。韓国向けにドイツから輸入され、平沢港で待機中の車両も本国に送り返されるか港に無期限で留め置かれることになる。VWは韓国で正常な営業は事実上不可能になった格好だ。

VWは昨年11月にも排気ガス低減装置の不正操作が明らかになり、12万6000台が認証取り消しおよび販売停止の処分を受けた。今回摘発された8万3000台を合わせると累計で20万9000台になる。これはVWが韓国で本格的に販売を開始した2007年以来の販売台数(30万7000台)の68%に相当する規模だ。


スポンサードリンク


環境部によると、32車種のうち24車種は排気ガス試験のデータを偽造、9車種は騒音試験のデータを偽造していたことが判明した。1車種は排気ガスと騒音のいずれのデータも偽造していた。自動車のエンジン種別では、軽油車が18車種、ガソリン車が14車種だった。32車種のうちA6 3.0 TDIクワトロなど5車種(14モデル)は既に生産が中止されたが、ゴルフGTD BMTなど27車種(66モデル)は最近まで販売されてきたモデル。

VWは主に「すり替え」の手口でデータを偽造していた。環境部関係者はVWの手口について、「韓国に新車種を導入するには本社が試験データの報告書を提出する必要があるが、その期間を短縮し、発売を前倒しするため、既存車種の試験データを車種名だけ書き換えて提出していた」と説明した。

■課徴金178億ウォン
認証が取り消された32車種のうち24車種(47モデル)には課徴金178億ウォン(約16億2500万円)の処分も下された。残る8車種は騒音データの偽造だったが、環境部は「現行の騒音震動管理法には課徴金条項がないため、8車種には課徴金を適用できなかった」と説明した。7月28日に施行された改正大気環境保全法は、違反1車種当たりの課徴金の上限をこれまでの10億ウォンから100億ウォンに引き上げる内容だが、今回の処分には適用されなかった。 環境部関係者は「VWが改正法施行直前の25日に自主的に販売を中断した。法律の適用検討を行った結果、販売を中断した以上改正法を適用するのは難しいとの判断だった」と述べた。

環境部はVWに対し、アウディA5スポーツバック35 TDIクワトロなど1車種(3モデル)にはリコールを求めた。同車種は韓国で5800台が販売されているが、リコール対象は旧型の電子制御装置(ECU)ソフトウエアが搭載された車両。環境部は「旧型ソフトウエアでは窒素酸化物を低減するために取り付けられた選択的触媒還元装置(SCR)に問題が生じても警告灯が点灯しないなどの問題が認められた」とし、対象台数はVW側からリコール計画の提出を受けるまで分からないとしている。

■今後の手続き
VWは今回認証を取り消された車種の再認証を環境部に申請できる。通常自動車の認証手続きには2週間から3カ月を要する。しかし、VW車種の再認証にはそれよりも長期を要する見通しだ。環境部関係者は「VWが再認証を申請した場合、書類審査だけでなく、実地試験を含む厳格な審査を実施する計画だ。再認証手続きがどれだけかかるか明言はできない」と説明した。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/03/2016080300794.html

【管理人コメント】
トヨタも世界一の販売台数をVWに譲ったが、排ガス不正における損益分をまだ経理上、計上していない事から、今後大きく利益が減少するだろう。VWは販売促進したいところだが、中国市場では昨年同様で有れば、これから日本が追い上げを見せる事になる。

一方VWも世界一の販売台数とはいえ、排ガス不正における損失は莫大だ。次の下期には計上されるだろうから、今後彼らの行動が軟化し柔軟に対応するのか、強硬姿勢で対抗に転じるのかの判断は難しいが、世界規模で規制の動きが出るだろうから、韓国車も現状のままでは対応が遅れる事になるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月03日 10:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
報復
 現代自動車がヨーロッパで報復を受けるのではないか?何か不正が発覚すれば一挙にEUから報復を受ける気がする。
[ 2016/08/03 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp