韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮ミサイル 秋田沖の排他的経済水域内に落下

北朝鮮ミサイル 秋田沖の排他的経済水域内に落下

中谷防衛大臣は、防衛省で記者団に対し、北朝鮮が、3日午前、中距離弾道ミサイル、ノドンとみられる1発を発射したもようで、秋田県の男鹿半島から西におよそ250キロの日本海上の日本の排他的経済水域内に落下したものと推定されると明らかにしました。

この中で、中谷防衛大臣は、北朝鮮が、3日午前7時53分ごろ、北朝鮮西岸のウンリュル付近から、1発の弾道ミサイルを東北東方向に発射したもようで、発射された弾道ミサイルは、およそ1000キロ飛しょうし、日本海上の日本の排他的経済水域内に落下したものと推定されると明らかにしました。

そのうえで、中谷大臣は、着水地点について、「秋田県の男鹿半島から西におよそ250キロの日本海上であると推定され、午前8時5分ごろ着水したとみられる。現時点で付近を航行する船舶、航空機への被害情報は確認されていない」と述べました。

また、中谷防衛大臣は「距離から勘案して、ノドンミサイルの可能性がある」と述べました。そして中谷大臣は、「排他的経済水域内に落下したと推定され、わが国に対する安全保障上の重大な脅威であり強く懸念する。安倍総理大臣の指示を踏まえて、引き続き、アメリカや韓国とも緊密に連携し、重大な関心を持って、情報の収集・分析に務め、わが国の平和と安全の確保に万全を期す」と述べました。


スポンサードリンク


防衛相「目的をしっかり分析」
中谷防衛大臣は、NSC=国家安全保障会議の4大臣会合のあと防衛省で記者団に対し、「現在、船舶や航空機の被害の情報は入っておらず、着水地点を中心に調査や捜索を行っている」と述べました。そのうえで中谷大臣は、発射された弾道ミサイルがおよそ1000キロ飛しょうしたとみられることに関連して、「方向を変えると、西日本がすっぽりおさまってしまう。ノドンミサイルであれば、射程が日本全体を覆うことも可能で、いかなる目的で発射したのかしっかり分析したい」と述べました。

ノドンは日本のほぼ全域射程に
「ノドン」は、北朝鮮が1990年代までに開発した中距離弾道ミサイルで、射程が1300キロと日本のほぼ全域が入るとみられています。北朝鮮は、ノドンをおよそ200基実戦配備しているとみられていて、2006年7月と2009年7月に、北朝鮮南東部のキッテリョン(旗対嶺)から日本海に向かってノドンとみられる弾道ミサイルを発射しました。また、2014年3月には、オランダ・ハーグでの核セキュリティーサミットに合わせて開かれた日米韓3か国の首脳会談のさなかに、ピョンヤンの北のスクチョン(粛川)からノドンとみられる弾道ミサイル2発を発射しました。

さらに、ノドンとみられる弾道ミサイルは、ことし3月と先月19日にも北朝鮮西部から日本海に向けて発射されており、防衛省は「北朝鮮がノドンの性能や信頼性に自信を深めている」と指摘しています。一方で防衛省はノドンの命中精度について、「特定の施設をピンポイントに攻撃できるような精度の高さではない」としています。

ミサイル弾頭部分がEEZに落下は初
防衛省によりますと、今回、北朝鮮が発射した弾道ミサイルは、弾頭部分が秋田県沖の日本海の排他的経済水域の中に落下したとみられるということです。北朝鮮の弾道ミサイルを巡っては1998年の発射の際、ミサイルの部品の一部が岩手県沖の太平洋の排他的経済水域に落下したことなどが確認されていますが、弾頭部分が日本の排他的経済水域に落下するのは今回が初めてということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160803/k10010619621000.html

【管理人コメント】
NHKのニュースで長いので一部省略してます。 ご了承ください。
それにしても北朝鮮は、ざっと見積もっても1000㎞の距離を飛ばした事になる。
大阪付近までの距離だ。確実に日本に飛んでくるという事だ。

THAAD設置に関する事或は安倍内閣の新人事など言われてはいるが、日本はもっと危機管理を持って対応しないと厄介ではないか…。。。今の金正恩は、戦争をゲーム感覚で捉えれいるだけに恐ろしい。僅か5年の間に40発に近いミサイルを発射しているわけで、異常値である。

北朝鮮は予想以上に厄介な行動へ進んでいるように感じるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月03日 19:02 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
稲田さんに任せよう!
ここは、新防衛大臣の稲田さんにまかせよう!
こういうふうに。。。
竹島:オランダのハーグ?に訴えて、竹島奪還し、そこに、韓国北朝鮮向けに防衛施設を建設。
尖閣諸島:新都知事の小池さんと新特別秘書の野田数が尖閣諸島に生態調査の研究所を作る。もちろん、海上自衛隊の寄港港を併設。研究者常駐。
沖ノ鳥島:新都知事の小池さんと新特別秘書の野田数が沖ノ鳥島に海洋温度差発電所を作る。さらに、珊瑚礁を増やす研究所を併設。研究者常駐。
これで決まりです。しいてあげれば、稲田さんの補佐を適切な人に頼みたい!
[ 2016/08/03 19:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp