韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  THAADで、朴大統領を脅す人民日報、専門家はどう見るか

THAADで、朴大統領を脅す人民日報、専門家はどう見るか

中国共産党機関紙の人民日報は3日まで4日連続で韓国にTHAAD放棄を促したり、圧力をかけたりする内容の社説な投稿を掲載した。特に3日付社説は朴大統領を直接批判しており、これまでよりも踏み込んだ内容となっている。

今年初めに北朝鮮が4回目の核実験を行って以降、韓中両国が北朝鮮に対する制裁の在り方やTHAAD配備問題で対立した際にも中国の官営メディアが朴大統領をこれほど直接批判したことは少なかった。朴大統領が昨年9月、中国の抗日戦争勝利70周年の軍事パレードに出席し、習近平国家主席と並んで天安門の望楼に立って以降、朴大統領への直接批判は一種のタブーだった。しかし、3日の社説はそのタブーを破った。

人民日報が朴大統領を名指しまでしてTHAAD配備中止を促してきたことに対し、韓国政府は戸惑いと不快感が交錯している。THAAD配備の発表前、韓国外交部(省に相当)内部では「THAAD反対は韓国よりも米国に対するもので、配備が決まっても韓中関係は傷つかない」との分析が大勢だった。しかし、中国はTHAAD配備発表以降、韓国に相次いで脅しをかけ、3日には朴大統領に「慎重になれ」と警告するなど「レッドライン」を越えてしまった状況だ。


スポンサードリンク


人民日報の社説はひとまず朴大統領の発言に対する反発と受け止められている。朴大統領は2日の国務会議(閣議)で「THAAD配備は国家と国民の安危がかかった問題であり、(配備決定を)変えることはできない」と述べた。官営メディアを総動員した中国の大規模はTHAAD反対攻勢を一蹴したものだ。中国としては国のメンツをかけても朴大統領の発言を見過ごすわけにはいかない状況だったとみられる。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/04/2016080400804.html

【管理人 補足記事&コメント】
人民日報は社説で「朴大統領はTHAADを韓国に配備しようとする米国の戦略的意図を知らないはずがなく、THAADの真のターゲットがどこなのかも既に知っているはずだ。小さい物を得るために大きな物を失い、自国が第1の攻撃対象になる最悪の状況に追い込まないように慎重にも慎重を期すべきだ」と主張した。また、「米国と中ロの衝突が起きた場合、韓国は最初の攻撃対象になる」とも書いた。

人民日報はさらに、「THAAD配備決定は韓国国民の心理的な一線に衝撃を与えた。1日に発表された世論調査の結果によると、朴槿恵大統領の支持率は低下を続けており、否定的評価が多い」と分析した。

中国の官営メディアが朴大統領の実名を挙げて攻撃したのは異例だ。これまで北朝鮮の核問題やTHAAD問題で両国が対立した際にも朴大統領を名指ししたことはなく、「韓国」または「韓国政府」という表現を使ってきたからだ。韓国大統領府(青瓦台)は「外国メディアの報道に個別には対応しない」とコメントした。

韓国は逃げ場がない。自国を守るために何を実施するのかは、朴槿恵の自国防衛はアメリカとしていたわけであるから、良いのではないか…。という事を今頃になって中国に話せるのかと言う問題がある。これも不思議な事だが、朴槿恵のご都合外交が招いた問題である。その火種は日本にも向けられる…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月04日 10:36 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp