韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LG電子の戦略スマホ「V20」を9月7日に韓・米で公開

LG電子の戦略スマホ「V20」を9月7日に韓・米で公開

LG電子が、プレミアムスマートフォン「Vシリーズ」の2度目のモデルである「V20」を来月7日、ソウルと米サンフランシスコで公開する。LG電子は4日、グローバルメディア企業各社を対象に、このような内容を盛り込んだV20公開イベントの招待状を発送した。上半期(1〜6月)の戦略スマートフォン「G5」が興行に失敗し、低迷に陥っていたLG電子のモバイルコミュニケーション(MC)事業本部が、下半期(7〜12月)に戦略スマートフォン「V20」で、どれほど立ち直りの足掛かりを作れるかに注目が集まっている。

招待状に、本を繰り広げた時に立体的に絵画が飛び出すように仕組んだ絵本である「ポップアップブック」の姿が、その背景に盛り込まれている。国内招待状には、南山(ナムサン)タワーや南大門(ナムデムン)、63ビル、李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像など、ソウルを代表するイメージを形象化して盛り込んだ。グローバル招待状には、米サンフランシスコを象徴するゴールデン・ゲート・ブリッジやトラムなどが盛り込まれている。昨年10月にLG電子が発売したVシリーズの初モデルだったV10は、世界初に異形ディスプレイ技術を適用した「セカンドスクリーン」や「前面デュアルカメラ」を搭載して、複数の外国メディアから好評を得た。まだ、具体的な仕様は公開されていないが、モバイル業界ではV20も、マルチメディア機能が強調された製品だろうと見込んでいる。
東亜日報
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/705888/1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
米調査会社のストラテジー・アナリティクス(SA)によると、サムスンは4~6月期の北米市場におけるスマートフォン販売台数のシェアが32.7%を記録し、首位に返り咲いた。米アップルは24.5%で2位に転落、3位はLGで16.3%だった。

アップルのシェアが25%を下回ったのは2011年7~9月期(20.9%)以来。 サムスンがアップルのシェアを上回り北米市場で1位になったのは14年4~6月期以来2年ぶりとなった。 サムスンとLGの4~6月期のシェアを合わせると49.0%となり、過去最高水準を記録した。

業界関係者は「7~9月期にはサムスンの新型スマホ『ギャラクシーノート7』、LGのスマホ新製品『V20』、そして来月発売予定のアップルの『iPhone(アイフォーン)7』が激突することになる」としながら、韓国メーカーの好調が続くか注目していると話した。

一方で、hone Arenaは1日(現地時間)、韓国LGが今年9月中の発表を予告している「LG V20」について、新たにスペック情報がリークされたことを伝えている。LGは先日、“より改良されたマルチメディア機能を実装する高級スマートフォンの新たなスタンダードモデル” となるLG V20を来月中にも発表することを予告したが、現時点までにそのスペックや特徴などに関する具体的な情報はほとんどリークされていなかった。

現行モデル「LG V10」は、5.7インチのWQHD(2560×1440)液晶ディスプレイを搭載していましたが、その後継モデルにおいては、画面サイズおよび解像度のどちらも小さくなる模様。また、メインカメラは1600万画素から2000万画素へと高解像度化が果たされるほか、現行モデル比で1000mAh増となる4000mAhの大容量バッテリーを搭載。「LG G5」と同様に「Snapdragon 820」と「USB Type-C」ポートも実装される見込み。

一方で、今回の情報の中に、LG V10の大きな特徴であったデュアルフロントカメラやサブディスプレイに関する記述は確認出来なかった。なお、LG V20の具体的な発表時期については明らかにされていませんが、おそらくは9月2日より独ベルリンにて開幕を迎えるIFA 2016に合わせて発表されるうのではと予想する。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月05日 11:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp