韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本製と中国製の「力関係」、相手に依存しているのはどちらだ

日本製と中国製の「力関係」、相手に依存しているのはどちらだ

日本製と言えば、今なお高品質で高い評価を得ているが、家電分野における世界シェアでは中国や韓国の企業に逆転され、圧倒的にシェアを奪われているのが現実だ。中国製と言えば、今なお日本では「安かろう、悪かろう」と考える消費者が多いであろうが、近年は一部の中国製が品質を急速に高めている。

中国メディアの東方頭条はこのほど、「メード・イン・ジャパン」と「メード・イン・チャイナ」の力関係はひと昔前と違って逆転していると主張する記事を掲載。二十数年前の消費者は日本製のテレビを誉め称える一方で、中国製テレビをけなしたとしながらも、「現在、中国市場で日本製テレビを見かけることは稀だ」と伝えている。

記事は、テレビ市場のみならず、パソコン、携帯電話、洗濯機などの製品にも「日中製品の力関係の逆転」が見ることができると主張。こうした逆転関係は中国市場のみならず、世界中で起きていると論じた。

さらに「メード・イン・チャイナの技術進歩とコスト面での巨大なアドバンテージの前に、メード・イン・ジャパンは全面的に壊滅しつつある」と主張。そして「中国は日本製品がなくても国産製品や欧米製品を代替品にできるが、日本は中国製品がなければ生存できなくなる」と主張し、「未来は中国にある」と主張した。


スポンサードリンク


中国ではこのような主張を展開するメディアが存在する一方で、別のメディアは「中国製のスマートフォンに使用されている日本製の部品は非常に多い」、「日本製の部品がなければ率直に言って一歩も進めない」とも報じている。事実、中国の一部のハイエンドスマートフォンのうち、日本製の部品が占めるコストの総額はそのスマホ全体のコストの約50%に達するとの分析もある。

さらに、中国のスマートフォンメーカー「小米(シャオミ)」の雷軍CEOも「日本のパートナーとの協力関係は小米の非常に重要な戦略である」という見解を示している。従って「中国は日本製品がなくても国産製品や欧米製品を代替品にできる」という主張はかなり極端な見方であり、実際には日本製の競争力は衰えておらず、中国こそ日本製に依存しているとも言える。
http://news.searchina.net/id/1615787?page=1

【管理人コメント】
付加価値は日本にあると考えれば、韓国も中国も製品の中身は、日本なしでは製造できないのではないか…。
また韓国も同様だが、製造するマシンのメンテナンスも日本が握っているはずである。これは中国とて同じで、韓国ほどではないが困りごとだろう。製品だけではなく。製品にするためのラインシステムを考慮すれば、日本の技術だらけでは…。。。

とは言え中国は大きな市場であるから、力関係以前に大人の対応を考える事である。
共にさ栄えるためには、ともに協力する事である。

もっとも習近平に大人の対応力があればの話だが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月05日 19:09 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
軍事部品のサプライコントロール
テレビ、パソコン、携帯電話、洗濯機、
いずれも日本生産に優位性がないコモディティで、
このへんは海外メーカーにませればいい。

中国が日本に依存する典型例は、
小米のスマホが村田の電子部品を使う例。
さらに、
電子部品は防衛産業直結だから、日本製部品は
中国を含む世界中で使われている。

軍事緊張と製品供給のコントロールは
今後日本政府の課題でしょう。
[ 2016/08/05 20:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp