韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国雇用部、来年の最低賃金を時給590円に決定

韓国雇用部、来年の最低賃金を時給590円に決定

雇用労働部が来年度の最低賃金を時給6470ウォン(590円)で最終決定し、5日に告示した。8時間基準の日当では5万1760ウォン(4726円)、週40時間基準の月給では135万2230ウォン(12万3491円)になる。

労働界が時給1万ウォン(約913円)、使用者側が据え置きを主張する激論のなか、先月16日に最低賃金委員会が今年より440ウォン(7.3%)上げた6470ウォンに決定した最低賃金は、先月21日から今月1日までの異議申し立て期間に小商工人連合会が異議提起をしたが、再審議要請は受け入れられなかった。労働界の最低賃金委員9人は、最低賃金決定後に全員辞任している。 今年12月の給料が来年の最低賃金に満たないと予想される労働者は約330万人と推計されるうえ、今年3月の統計庁の経済活動人口付加調査を基準に最低賃金さえ得れなかった労働者が264万人に達するなか、最低賃金の順守に対する努力も強調される。

雇用部は最低賃金を告示し、「最低賃金の順守率向上に向けた事業所の指導・監督と予防を並行して法・制度改善と認識拡散努力を強化する」と明らかにした。チョン・ジウォン労働基準政策官は「17年度適用の最低賃金は厳しい経済環境のなか低賃金労働者の格差解消のための合理的な水準で決定された」と述べ、「経済的に弱い立場にある労働者の雇用状況を綿密にモニタリングし、雇用支援・現場指導を積極的に推進する」と明らかにした。
韓国ハンギョレ新聞社
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24821.html


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
今年度(2016年度)の最低賃金が、平均時給に換算して24円引き上げられる見込みになった。全国平均にすると2015年度は時給798円だったところ822円が目安になる。最低賃金が時給で示されるようになった2002年度以降では、最大の引き上げ額という。最低賃金制度とは最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、使用者はその額以上の賃金を支払わなければならない。産業や職種にかかわりなく都道府県別に適用されている「地域別最低賃金」と特定の産業に設定されている「特定最低賃金」の2種類があり、両方が同時に適用される場合、使用者は高いほうの賃金を払わなければならない。

2015年度の地域別最低賃金を見ると最低は時給693円(鳥取、高知、宮崎、沖縄の4県)、最高は東京都の907円。各地の引き上げ額は以下のとおり。

・東京、大阪、愛知などAランク……25円
・埼玉や京都などのBランク……24円
・福岡や宮城などのCランク……22円
・高知や沖縄などDランク……21円

たとえば東京都の場合、見直し後の最低賃金は時給932円となる見通しだ。
最低賃金がニュースになると、パートやアルバイトで働く人が主にインタビューを受けて、「最低賃金をもっと上げてほしい」「まだまだ生活が苦しい」などとコメントすることが多いものの、社会保険労務士を務める私の肌感覚としては、少なくとも首都圏においては人手不足の観点から昨今は時給1000円前後の求人が目立ち、市場原理によってすでに今年度引き上げ後の最低賃金をクリアしている求人が少なくないと思われる。

月給制の人は最低賃金を意識していない人も少なくない
一方、正社員や契約社員といった月給制で働く労働者の中には、この最低賃金を意識していない人も少なくないかもしれない。もちろん時給で考えると月給者にも最低賃金法は適用される。もし、月給を月平均の所定労働時間で時給に換算した金額が、最低賃金を下回っていたら最低賃金法違反となる。

具体的には、以下の計算式に当てはめることとなる。

「月給÷((年間総労働日数÷12)×1日の所定労働時間)」

近年は、基本給の一部を残業代に組み込む「固定残業代」の制度を取り入れる企業が増えている。比較的多いのはサービス業だ。固定残業代を採り入れている企業では、支給される給与の額面が、表面上はある程度高く見えても、残業代に充当される部分を除いた純粋な基本給の部分が最低賃金の対象となるのは意外と盲点だ。しかも、有名企業であっても全国で最も高い東京都においては最低賃金ギリギリというケースがある。
詳細はこちら
http://toyokeizai.net/articles/-/130009?page=2

日本の最低賃金は県によって違う。
中小企業の製造などは日給月給を採用しているケースがいまだ多いのでチェックする必要があるかも~。
一方韓国は、日本の半分程度の時給しか支払われな事実が多く、現実取り決めても守るかどうかは不明だ。
しかし金額だけを考慮すれば、日本の半分の平均年収ならば十分な金額という事になるが…。。。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月06日 09:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp