韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  米国には何も言えないので韓国叩きに熱を上げる中国

米国には何も言えないので韓国叩きに熱を上げる中国

中国外交部(省に相当)は4日、北朝鮮が日本の排他的経済水域(EEZ)に中距離弾道ミサイル「ノドン」を落下させたことを受け「全ての当事者はこの地域の緊張を高める行為や、互いに挑発する行動を自制すべきだ」とする声明を発表した。一方で中国外交部はこの日開催された国連安保理では、北朝鮮の挑発行為を批判する共同声明の採択に反対し「対話で解決すべきだ」とする従来の主張を繰り返した。そのため最終的に共同声明は採択されず、韓国、米国、日本の3カ国がそれぞれの会見で北朝鮮を批判するだけで終わった。

中国は過去20年以上にわたり、北朝鮮による核開発とミサイル開発を阻止するどころか、常に現状維持あるいは最低限の制裁しか行ってこなかった。今年1月に北朝鮮が4回目の核実験を強行し、2月に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した際には中国も北朝鮮を非難し、これまでで最も厳しいとされる国連の北朝鮮制裁決議案2270号に賛成したが、この時もいたずらに時間を引き延ばし、主要国が全て参加した後になってやむなく制裁に加わったとの印象を各国に与えた。その上今回のノドン発射に至っては批判さえしないため、現在の制裁履行も結局は中国の本心ではないと疑わざるを得ない。

中国中央テレビ(CCTV)や人民日報など中国の国営メディアはもっとひどい。これらのメディアは北朝鮮が今回のミサイル発射を強行した原因について「韓米両国が在韓米軍に米国の最新鋭地上配備型迎撃システム『高高度防衛ミサイル(THAAD)』を配備したため」などと的外れな主張を展開している。また人民日報の海外版は5日「韓国がTHAAD配備を強行すれば、中国は国連による北朝鮮制裁から離脱する可能性がある」とも報じた。


スポンサードリンク


中国は北朝鮮によるミサイル発射については何も批判しないどころが、逆に国連制裁からの離脱にまで言及しているわけだが、これは韓国のTHAAD配備に気分を害し、北朝鮮の核武装を放置するのと何ら変わりがない。北朝鮮が5回目の核実験を強行し、あるいは核弾頭を装着したICBMを発射したとしても、中国はおそらく「北朝鮮ではなく韓国の責任」などと主張するだろう。中国のこのような態度はまさに言語道断と言わざるを得ない。

現在、韓国と中国の間では文化交流や団体観光の中断、中国による韓国人へのビザ発給の遅延など様々な問題が表面化している。もちろん中国政府は認めていないが、中国によるこれら一連の措置は韓国におけるTHAAD配備の報復としか考えられない。中国外交部(省に相当)は今年7月12日、国際仲裁裁判所が南シナ海の島々に対する中国の領有権を否定する判決を下した直後「米国は国際海洋法条約に加盟もしていない」などと主張し、直後には一部地域で米国企業KFCに対する不買運動を始めた。しかし人民日報が社説で「不買運動は愚かな行為だ」と呼びかけると運動はたちまち収まった。

しかし中国国営メディア各社は韓国に対しては今なお露骨な批判を繰り返している。これはおそらく韓国国内での対立を煽ることで、THAAD配備反対の世論を刺激するのがねらいだろう。米国には何も言わないが、韓国に対してだけは「韓流の中断」「韓国企業への制裁」などを主張する中国の行動は、米国との全面対決はできないものの、韓国をいじめることでうっぷんを晴らそうとしているとしか考えられない。

中国は北朝鮮の核問題を東北アジアの安定を揺るがす行為とは考えておらず、その時と状況に応じて韓半島(朝鮮半島)情勢を思い通りにする政策の手段としかみなしていなかった。中国のこのような態度や考え方が根本的に改まらなければ、北朝鮮が今後数年後に核攻撃の能力を確保した瞬間、東北アジア情勢は中国が望まない方向に進むだろう。中国はTHAADが北朝鮮のミサイル防衛用であることを1日も早く認めるべきだ。
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/06/2016080600507.html

【管理人コメント】
朝鮮日報も視点がずれているのではないか…。
韓国を攻撃するのに北朝鮮は大気圏外まで弾道ミサイルを発射するだろうか?

単純な話である。隣の国の為に弾道ミサイルを大気圏外まで飛ばして再突入させて、ソウルを狙う程ではないだろう。
先日日本に向けて飛ばした弾道ミサイルは1000㎞飛んだわけで、ソウルをはるか通り越す距離である。

どんな防衛にせよ、数十発から数百発になるミサイルで、ソウルや大統領府を狙えば、撃ち落とせるミサイルは限られる。
THAADでなくても十分であるというか、韓国にとっては北朝鮮だけで見れば大きな効果とは言い難い。当然中国はそれを知っての意味であると同時に、日米韓のTHAAD防衛となるわけで、拠点は日本である。中国そしてロシアを視野に入れた包囲網に韓国が加担するわけで、中国が黙っているはずはないだろう。

ある意味では日本がアメリカとともに組んだ包囲網と言える。それに在韓米軍を活用する事にしたという事だ。韓国が主導しなければアメリカ主導で、中国包囲網が完成する。中国にとっては韓国にTHAADレーダー設置ほど厄介な事は無いわけで、大事なのである。日本は腕組みをしてみているだけで良い。日本政府はその間に、自国軍備防衛強化を促進するだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月06日 11:10 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
喧嘩がやかましい
中韓ともに感情的にいかってますね。お互い言い分はある。
中国にしてみれば、属国から引き上げてやったのに反中は許せない。
韓国にしてみれば、大きなことを言うだけで北をどうにもできないじゃないか。
[ 2016/08/06 11:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp