韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  なぜだ!日本はなぜ「他国の植民地」になったことがないのか

なぜだ!日本はなぜ「他国の植民地」になったことがないのか

日本は歴史上、他国の植民地になったことはない。そもそも植民地とは現地の人から見て「他国の支配下にある土地」を指すが、中国もアヘン戦争に敗れたことによって英国をはじめとする国の半植民地となった過去がある。 中国メディアの東方頭条はこのほど、「日本はなぜ他国の植民地になったことがないのか」と疑問を投げかけつつ、日本と中国が異なる運命を辿った理由について考察する記事を掲載した。

記事は、19世紀に清朝は「西洋諸国から交易を迫られ、危機に瀕した」と指摘する一方、日本も同時期に同様の危機に直面したと指摘。だが、「同じ危機に直面しながらも、日中がまったく異なる運命を辿った」と指摘し、清朝はアヘン戦争に敗れて半植民地化したのに対し、日本は世界の列強へと姿を変えたと論じた。

続けて、当時の日本と清朝の違いは日本の明治維新が中国の「戊戌の変法」より30年早く行われたことにあると主張。「戊戌の変法」とは1898年に明治維新にならって行われた政治改革運動だが、記事はこの30年の差が日本を列強へと変え、中国を弱小国へと変えたと主張し、さらに「戊戌の変法」の失敗が後の恥辱をもたらすことになったと論じた。


スポンサードリンク


さらに記事は、日本人は早くから西洋文明の優れた点を見抜き、それに学び、西洋諸国と同等の力を手に入れ、植民地化の危機を脱したとしながらも、清の時代の中国人は自国の文化に自惚れ、西洋文明を見下していたことを指摘。こうした態度の違いが日本と清朝の分かれ道となったとしたうえで、日本は積極的に西洋の先進的な文化を受け入れ、不平等条約を改正させることで西洋諸国の尊敬を勝ち取り、列強への道を進んでいったのだと伝えた。
http://news.searchina.net/id/1615867?page=1

【管理人コメント】
日本は天文、数学、測量でもヨーロッパの文献研究と予想以上に水準が高かった。アメリカと国土交渉する際もペリーが小笠原はアメリカ人住んでる、国際的に通じる文書で証明しない限りアメリカ国土だしたときに、フランス語版・林子平著三国通覧図説で、出版年からも日本領土だと証明している。

日本は他のアジアの国より運がよかったわけで、統一国家でまとまっていた事も有るだろうし、文化水準がヨーロッパと同程度だった事等も掲げられる。まして周りは海ですからね~。場所的にも程よい位置であった事も幸いしたでしょう。

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていたわけで、アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったが…。

様々な事が掲げられるが、一言でいえば地理的な事と運が良いと言えるのでは…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月06日 11:59 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
理由
私は日本人の教育水準の高さが日本の独立を保てたと思います。江戸時代に寺子屋が普及し庶民でも読み書き算盤が普通にできた。さらに武士道精神により鎖国してたとはいえ外国の情報に敏感で、清国の状況を知り危機感を抱き、個を捨て公に尽くす行動に出た。
幕末の時、列強諸国の圧力を敏感に感じ取れたのは知識階級だけでなかった。高杉晋作が奇兵隊を募れたのも、百姓町人も現状の問題点を理解していたからです。坂本龍馬の海援隊も支配階級でない下層武士たちが参集している。
江戸時代に備わった日本人の品格が明治維新につながり、素早く欧米からの文明を受け入れることができ、独立を守れた。

支那を侵略したイギリスは海から来た。結局陸続きでなくても侵略されたのではないでしょうか。支那人は儒教を奉じ形式礼儀ばかりを重んじ、合理的な判断ができず、欧米諸国の科学文明を見下し、受け入れられなかった。その結果、植民地になった。
支那の報道には儒教や兵法が多分に出てきて、合理的な精神が根付いてないのが分かる。南シナ海での威嚇行動を見ると孫子の教えそのものです。東南アジア諸国を武力を見せつければ屈服できると思っている。明治初めに、清国が軍艦を九州に差し向け脅した行動とまるで同じで、進歩が感じられない。
法律の下に平等。このことを支那人はいまだに理解できてない。儒教の悪しき伝統です。
[ 2016/08/06 14:03 ] [ 編集 ]
どたばたさんに同意
見事な洞察ですね

今後もコメントをお願いいたします。
[ 2016/08/10 10:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp